1. ホーム
  2. アパレル業界
  3. ≫アパレル職の中でも求人は少ないが憧れのバイヤーへの転職

アパレル職の中でも求人は少ないが憧れのバイヤーへの転職

アパレルバイヤーはやりがいのある人気の高い仕事カモ!

buyer02
バイヤーの仕事をしている人はどの業界にも存在するけど、アパレル業界ではバイヤーの数がとても少ないのが特徴なんだよ。ただし最近は以前よりもバイヤーの数が増えている傾向があるから、デザイナーやパタンナーなどに比べれば転職に成功する可能性はちょっとだけ高いカモしれないね。

実際にバイヤーへの転職を希望する場合には、自分の希望する条件や将来のキャリアデザインなどをしっかりと考えて、転職サイトなどを利用して業界の情報を収集することが役立つよ。

アパレルのバイヤーはどんな仕事をするのカモ?

アパレルバイヤーの仕事については、最近特にECサイトでの仕事が増えているみたいだね。ECサイトで掲載されている洋服の買い付けを行ったり、指定されたブランドの品物を探したりといった仕事内容になるよ。

バイヤーはとてもやりがいのある仕事なんだけど実際の求人で採用されている人については、以前にショップスタッフの経験があったりあるいは自分でアパレル店舗を経営した経験があったりする場合が多いみたいだから、未経験の人の場合にはアパレル業界の中の他の職種への転職を目指すところから始めたほうがいいカモしれないね。

アパレルバイヤーへ転職するためには何が必要?

実際にアパレルバイヤーへの転職に成功して仕事を行っていくためには、とにかくアパレル業界についての広い知識が必要になるよ。商品の買い付けや仕入れ以外にもバイヤーが行う仕事は数多くあるから、求人に応募する場合には履歴書や職務経歴書には自分の持っているスキルや資格などをしっかりと書いておくといいカモしれないね。実際の選考では何が決め手になるかわからないからね。

アパレルバイヤーへの転職の場合でもやっぱり経験があれば有利になるよね。これはどの業種でもそうかもしれないけど、企業は実務経験のある即戦力の人が欲しいって考えている場合が多いんだよ。だから例えばショップスタッフしか経験がないって人の場合にはバイヤーとして採用されるのは難しいカモしれないけど、プレゼン次第では道が開ける場合もあるから諦めずに積極的に頑張ってみてね。

いきなりバイヤーは難しいカモ

アパレル業界は、平均年収が少ないにも関わらず、常に希望者が絶えない人気業界なんだよね。男女関わらず、おしゃれに興味がある人は多いから、それを仕事にしたい気持ちも分かるね。もちろん、人気業界のアパレル業界の中でも、バイヤーの仕事は更に人気がある役職になるから就職するのはかなり狭き門だと思うよ。

店舗で働いている人の中にも、将来はバイヤーとして、アパレル商品の開発や仕入れを担当したいと考えて、今は販売員として頑張っている人も多いはず。そうなると、転職していきなりバイヤーというのは難しいカモ知れないね。

最初は、バイヤーが仕入れた商品を販売する販売員として経験を積んで、アパレル業界の基礎を覚えてからバイヤーへ転身するというのが一番の近道だと思うんだ。バイヤーになりたいのであれば、まずは販売員として働ける会社へ転職してから、キャリアアップを狙うのが良いカモね。

バイヤーの平均年収はどれ位

freee151117071495_TP_V

あこがれの職業であるバイヤーになりたいとは言っても、気持ちだけでは生活していくのは難しいよね。中々求人にも掲載されないバイヤーは、平均年収はどのくらいなのか、気になるよね。実は、アパレルバイヤーの平均年収は20代で約350万、30代で600万程度って言われているんだよ。

アパレル業界の販売員の平均年収が約400万って言われているから、バイヤーになるのが難しい事も考えて、高めとなっているみたいだね。もちろん、この年収は平均だから、大手のアパレルメーカーになれば、1000万だって夢じゃないカモ知れない。

そう考えると、バイヤーになれるのであれば、数年間は販売員として勉強するのも全然アリだよね。バイヤーになれれば、生活も安定するだろうから、アパレル業界へ転職して、興味があるなら是非目指してみよう。

バイヤーには語学力が必須になるカモ

ファッションは世界中で愛されている文化だから、スキルと経験があれば、どの国でも仕事が出来るのカモ知れないね。それは販売員やデザイナーだけじゃなくて、当然バイヤーにも当てはまるんだよ。世界で流行しているファッションをいち早くキャッチして日本に持ち込む事が出来れば、大きな利益を生むことが出来るので、バイヤーの仕事は世界が相手と言っても過言では無いカモ知れないね。

そんな時に必要になるのが、IT業界や金融業界など、様々な業界で叫ばれている語学力なんじゃないかな。英語はもちろん必要だろうけど、フランス語やイタリア語など、ファッションの本場とも言える国から情報を仕入れる事もアパレル業界では必要なはずだから、理解すべき言語は多いはず。

そうなると、転職してバイヤーとして活躍するためには、アパレルに関する勉強も必要だし、語学についても勉強しておく必要があるよね。今やグローバル社会となった日本では、アパレルの経験とスキルだけでは、バイヤーとして就職するのは難しいのカモ知れないね。

アパレルの求人情報が豊富なエージェント

アパレル専門の転職エージェント!

クリーデンス

クリーデンス
クリーデンスの特徴

 

詳細を見る公式サイトはこちら