1. ホーム
  2. 年齢別転職
  3. ≫【40代の転職全知識】おすすめの転職エージェントとその根拠とは?40代でもまだまだ良い条件での転職先はある!

【40代の転職全知識】おすすめの転職エージェントとその根拠とは?40代でもまだまだ良い条件での転職先はある!

厳しいとされる40代の転職を乗り越えるために必要なこと

40代におすすめの転職エージェント

転職35歳限界説」を耳にしたことがある人もいらっしゃるでしょう。そのため40代の転職は厳しいと考える人も多いはずです。実際に転職サイトを見てみると、40代をターゲットにした求人情報は少なく感じます。

何かとネガティブな印象を受けがちな40代の転職ですが、十分な職歴と経験、実績、スキルを持っていればキャリアアップ転職が可能です。もちろん年収アップを目指していくこともできます。

そこで今回は踏み切るのにちょっと勇気がいるかもしれない、40代の転職について紹介していきます。

昔と違い人生100年時代と言われるようになり、40代でもどんどん良い職場に転職する動きも出てきているよ。20代・30代には負けない経験と知識を武器に転職活動を始めよう!

40代におすすめの転職エージェント

40代の転職をしっかりサポート

上記したように、転職エージェントの活用は今や必須と言えるでしょう。また40代の転職理由の項で書いたように、今の職場に不満があるなどネガティブな理由から転職を希望する方が多いため、極力仕事のミスマッチを避ける転職を実現させなくてはなりません。そのためには転職のプロフェッショナルであるエージェントの力を借りるのが必要不可欠。

40代となると自分1人だけで理想的な転職を行うのは難しい部分もあります。ですが転職エージェントを活用すれば道が開ける可能性が高まります。

基本的に大手を選ぶのがおすすめ。ですが、中には特定の分野、職業に特化したエージェントもあります。進みたい道、将来のビジョンを踏まえた上で、どのサービスを利用するかを検討しましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

総合評価 4.5
求人件数・質 4.8
提案力 4.4
サポート体制 4.2
利用者満足度 4.7
年代 20~40代
対応エリア 全国
公式サイト https://www.r-agent.com/

同じく業界最大手であるリクルートが提供している転職エージェントです。求人数の多さはもちろん、各分野に特化した部署を設けることで、誰が利用しても満足のいく転職活動に繋げられると評判です。

業界最大級規模の非公開求人
エージェントの質が高評価

↓リクルートエージェントに興味のある方はこちら↓

 

JAC Recruitment

JAC Recruitment

総合評価 4.2
求人件数・質 4.5
提案力 4.1
サポート体制 4.3
利用者満足度 4.4
年代 20~40代
対応エリア 全国
公式サイト http://www.jac-recruitment.jp/

外資系や海外進出企業への転職に強いエージェントサービスです。これまでのキャリアを活かし、より幅広いフィールド、ワールドワイドな活躍を希望する方におすすめ。

全体の60%が非公開求人と独占求人。外資系や海外進出企業に特化した転職エージェントサービスの中でトップクラスの数値を誇っています。普通の転職活動ではまず出会うことができない、良い待遇、良い仕事への転職チャンスが広がります。

40代の魅力を最大限に活かす転職サポート

↓JAC Recruitmentに興味のある方はこちら↓

 

リクナビNEXT

リクナビNEXT

総合評価 4.0
求人件数・質 4.3
提案力 3.5
サポート体制 3.5
利用者満足度 3.7
年代 20~40代
対応エリア 全国
公式サイト https://next.rikunabi.com/

業界最大手のリクルートが提供している転職情報サイト。求人や転職に関する情報を数多く掲載しており、対応する職種はほぼ全てを網羅。そのためどの地域に住んでいる方でも、40代の求人案内が必ず見つかります。

リクルートエージェントと差別化
スカウト機能でオファーが受けられる

↓リクナビNEXTに興味のある方はこちら↓

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント

総合評価 4.7
求人件数・質 4.6
提案力 4.7
サポート体制 4.8
利用者満足度 4.7
年代 20~30代
対応エリア 全国
公式サイト https://mynavi-agent.jp/

業界最大手であるマイナビグループが提供している転職エージェントサービスです。圧倒的な求人数が魅力で、取り扱うジャンルの広さ、そして充実のサポート体制が特に高く評価されています。

求人数が多い=40代の転職にも強い、と判断して良いでしょう。どのエージェントを選ぶか悩んでいる方は第一候補として覚えておいて欲しいサービスです。

80%非公開求人
エージェントのサポートが充実

↓マイナビエージェントに興味のある方はこちら↓

 

DODA

DODA(デューダ)

総合評価 4.4
求人件数・質 4.7
提案力 4.3
サポート体制 4.1
利用者満足度 4.3
年代 20~40代
対応エリア 全国
公式サイト https://doda.jp/

↓DODAに興味のある方はこちら↓

 

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

総合評価 4.1
求人件数・質 4.3
提案力 3.8
サポート体制 4.2
利用者満足度 3.9
年代 20~30代
対応エリア 全国
公式サイト http://www.springjapan.com/

↓Spring転職エージェントに興味のある方はこちら↓

 

エンエージェント

エンエージェント

総合評価 4.3
求人件数・質 4.1
提案力 3.9
サポート体制 4.5
利用者満足度 4.1
年代 20~40代
対応エリア 全国(首都圏中心)
公式サイト https://shoukai.type.jp/

 

Indeed

Indeed

総合評価 3.9
求人件数・質 4.4
提案力 3.7
サポート体制 3.5
利用者満足度 3.7
年代 20~40代
対応エリア 全国
公式サイト https://jp.indeed.com/

 

条件別おすすめ転職サイト&転職エージェント/希望の求人への近道

求人数の豊富さ:リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

未経験・営業職への転職:ワークポート

ワークポート

 

転職サポート実績:DODA

DODA(デューダ)

 

40代のキャリアアップ:ビズリーチ

ビズリーチ

 

ヘッドハント型転職サイト:CAREER CARVER(キャリアカーバー)

CAREER CARVER(キャリアカーバー)

↓ヘッドハンターにおまかせのCAREER CARVER(キャリアカーバー)↓

 

40代全般の仕事事情を知る

まずは40代の仕事事情について詳しくチェックしていきましょう。まずは正社員と正社員以外の比率。こちらは総務省統計局が発表している『労働力調査(平成29年7月)』を参考にしてみます。

性別 年齢 正社員 正社員以外
男女計 35~44 70.8 29.2
45~54 67.2 32.8
35~44 89.8 10.2
45~54 91.4 8.6
35~44 47.2 52.8
45~54 40.4 59.6

※参照:統計局ホームページ/労働力調査(基本集計) 平成29年(2017年)7月分結果

データを見ると、男性の90%は正社員として活躍しています。これはほとんどの方がイメージするとおりかもしれません。しかし一方で女性の正社員率は40%台と半分を切っています。

例えば育児や家族の介護といった理由から時間に都合付けづらく、非正規社員として働かざるを得ない人が多いためにこのような顕著な差が出ていることが予想されます。

40代全般の給料や待遇は?

次に40代の給料や待遇について見てみましょう。転職する以上、給料は絶対条件のひとつです。

平成28年9月に発表された『民間給与実態統計調査』のなかにある『年間階層別の平均給与』が参考になります。

年齢 性別 平均給与
40~44歳 男女計 461万円
男性 567万円
女性 294万円
45~49歳 男女計 486万円
男性 626万円
女性 292万円

これはあくまでも平均値で一部の裕福層が一気に高めているので参考程度として考えるのが良いと思います。職種も関係してきますし。このデータを元に転職を考えるなら、男性は550万~600万円くらいが1つの目安に、女性は300万円くらいの年収を目安にするのが良さそうです。

40代全般の転職状況を考えてみる

40代の転職事情

冒頭で紹介したように、転職市場を見ると40代全般の求人は激減し始めます。30代まではまだまだ探せば満足がいく求人を見つけられたかもしれません。

しかし40代になると、極端にハードルが高いか、あるいは誰でもできそうな安くて簡単な仕事しか見つからないか…の二極化しがちです。

企業から求められるのは「即戦力」となりうること

まだまだ日本の企業は「年功序列」が強い風土にあります。つまり40代の中途採用となると、それなりに高い年収を支払う必要が出てきて、企業側としては失敗できない状況に。

即戦力として活躍できる人材なのは当然大前提。ここからさらに、これまでの職歴でマネジメントやプロジェクトのリーダーといった管理職としての実績にも着目されます。

ここまでハードルが高くなると、当然求人数が少なく、さらに競争も激化して当然と言えます。

転職を考えているけれど、周りの人たちから「やめておいた方が良いんじゃないの?」と引き留められるのもこういった事情があるからに他なりません。

下手に転職するよりも、多少我慢して今の会社で働き続けたほうが良いのかもしれない、と誰よりも自分たちが1番肌身に感じていることではないでしょうか。

30代の転職とは何が違うのか?40代転職の厳しさ

転職の限界期とも言われている30代の転職と40代の転職は何が違うのでしょうか。求められるものはどちらも「即戦力であること」に違いはありません。

もちろん体力的な面に関しては若い30代の方が有利だと考えられるのが普通です。これは仕方のないことです。30代のほうがまだ企業からのニーズが高いのが事実。

30代におすすめの転職エージェントはここ!転職未経験でも成功できる8つのエージェント

しかし30代には無い40代ならではの経験とスキルを活かすことができればもっと活躍できるはずなのに!と思うのも当然です。

では企業側の視点で考えてみましょう。もちろん仕事ができて当たり前の人材ですが、これに加えて「会社に上手く馴染めるのか」もかなり注目されます。

前職の経験や知識があるため、なかなか会社に馴染むことができず、即戦力としての実力は認められても扱いづらい人と見られてしまうことも。

しかし見方によっては「即戦力として活躍できる40代」は企業にとって魅力的でもあります。

例えば新規プロジェクトを絶対に成功させたい中小企業や社歴の浅い企業にとって「百戦錬磨の40代」は心強い存在であることに間違いありませんよね。

実際に管理部門を強化するために、経験豊富な40代を積極的に採用している企業も少なくありません。ですが30代の転職と比べると絶対数が少ないので、激しい競争の中から1つ抜きん出る必要があります。

30代以前もスキル、経験、実績が転職に大きく関わってきましたが、40代になるとそれがより強く出ると理解しましょう。

転職にかかる期間は3~6か月が目安

希望条件ややり方によって差がありますが、転職活動にかかる目安は3か月~6か月くらいだと言われています。段階としては次のようになります。

  1. 転職先探しなど転職準備
  2. 応募書類の作成
  3. 求人へのエントリー
  4. 面接
  5. 内定、退社、入社

特に働きながら転職活動を行うとなるとスケジュールの都合が付けづらく、より長く期間が必要になってしまう可能性も考えられます。

職歴に穴が開くのが嫌で働いたまま転職する方も多いでしょうが、中には金銭面の焦りから、十分に吟味できないまま転職先を選んでしまい、仕事のミスマッチが生じることも。

そうならないためにもじっくりと腰をすえて進めて行く必要があります。

もし自力で転職活動を薦めるのが難しいと感じたときは、転職エージェントサービスを検討するのも1つの手です。こちらの希望条件を伝えておけば、それにマッチした仕事を紹介してくれますし、面接日の調整なども行ってくれます。

40代全般の転職Q&A

40代の転職あるあるQ&A

ここでは40代全般が不安に思うこと、疑問に思うことをQ&A形式で紹介していきます。

40代で未経験業種への転職は厳しいのか

不可能なわけではありませんが、40代の転職はこれまでの職種や職務内容が重視されることがほとんど。つまり即戦力であることが大前提です。そのため簡単ではありませんが、非常に厳しいというわけでもありません。

確かに同じ業界への転職は理にかなっているように感じられます。ですが企業によっては「どうしてわざわざ同じ業界に転職する必要があったのか?」と疑問を持つことも。

ただし、未経験業種への転職は基本的に給料は下がるものだと考えた方が良さそう。元の職種・企業にもよりますが、即戦力として期待できない人材に関してはシビアな待遇になることも十分考えられます。

40代で未経験職種に転職!事務室で決まった仕事をこなすのが嫌で金融アドバイザーに(49歳・女性)

前職は事務室内に一日中ずっと座って来店するお客さんを応対する仕事だったので、数年もすると仕事もマンネリ化してきました。

しかし、収入は非常に安定していたことから一般的には転職するのは無謀とまわりから反対されました。

ただ、前職で従事していた期間に金融や保険関係の資格を取得していたことから、その知識をフルに活用してお客様である法人や個人資産の積極的な運用を提案する仕事で人の役に立とうと考えて転職を決意しました。

未経験職種への転職について

転職する時は正直言って全く自信はありませんでした。そのため、本屋で関係書籍を読みあさり、インターネットで同じような仕事内容で独立した方の成功談、失敗談をほとんどチェックしました。 また、起業セミナーなどにも積極的に参加して企業時の苦労を教わりました。

人脈の開拓のためいろんな会合にも積極的に参加したところ、何人かのお得意様ができて、その方から資産運用を任されました。

命の次に大事な資産の運用を任されるので、正直、緊張の連続でしたが、うまく資産運用ができて、お得意様から「ありがとう」と言ってもらえるまでになりました。

しっかりと事前準備をしていたことが、思い切った未経験職種への転職を成功させた一番の秘訣だと思っています。

40代、年齢はハンデ?有利・不利どっちに働く?

何かと年齢がハンデになるとネガティブな意見が多いですが、40代だからこそ需要があるのも事実です。

実務経験の豊富さ、これまでのキャリアやスキル、マネジメント経験、そして何より社会人としてのマナー。これらを総合的に判断すると、40代はひとつの武器となりうるものです。

有利なポイント

  • 豊富な経験がある
  • 即戦力として活躍できる
  • マネジメント能力、経験がある
  • 社会人として適切な行動が取れる

不利なポイント

  • 求人自体があまり多くない
  • 柔軟に新しい職場に馴染めないと思われることがある
  • 体力的な面に不安がある

確かに体力や柔軟性に関して言えば若い人のほうが有利に感じられるかもしれません。ただそれ以上に即戦力として、あるいは期待以上の働きができる人材であれば、企業としては「中途採用して良かった」となります。

いかにアピールしていくのか、内定を取れたとき、どのように仕事に打ち込むのかが大事。

40代からでも公務員に転職できる?

国家公務員は年齢制限があるので無理ですが、地方公務員なら「社会人採用枠」で公務員になれる可能性があります。

条件は民間企業で職務経験が5年以上あること。思っているよりハードルは低めに感じられます。ただし公務員試験を受けなくてはならず、相応の勉強は必要です。

また即戦力となるビジネスパーソンは当たり前で、仕事を辞めることなく、粘り強く働き続けてくれる人材を求めています。なので筆記試験以上に面接が厳しいとも言われます。

倍率は高めですが、公務員への転職は不可能ではありません。まずは各地方公務員の採用ホームページをチェックしてみましょう。

40代から正社員を目指せる?

結論からいえばもちろん可能です。ただし、これまでにどのような仕事をしてきたのか、どういった実績や経験があるのかが大きく左右してきます。

特に大企業は「20代、30代を教育しながら人材を育成したい」という志向が強いのですが、一方で「必要な人材はその都度採用すれば良い」という考え方も。

40代から正社員を目指すなら、後者を狙っていく必要があるでしょう。正社員未経験でいきなり40代から目指すのはハードルが高くなるので、紹介派遣などで会社に入り、実力を認めてもらって正社員になるという形のほうがよいでしょう。

→Q&Aで問題解決したら次は転職エージェント探し

40代の転職理由は?

転職支援サービスでおなじみの『DODA』に掲載されている「2015年上半期 転職理由ランキング」を参考にしてみましょう。これによると…

  • 1位:会社の将来性が不安:14.8%
  • 2位:ほかにやりたい仕事がある:7.5%
  • 3位:倒産/リストラ/契約期間満了:4.9%
  • 4位:業界の先行きが不安:4.1%
  • 5位:専門知識・技術力を習得したい:2.8%

※参照:2015年上半期 転職理由ランキング 年代別

となっています。全体的に見て、不安ゆえに転職活動に踏み切る、というケースが大半を占めていることが良く分かります。

2位の「ほかにやりたい仕事がある」と5位の「専門知識・技術力を習得したい」はポジティブな転職理由と言えますが、それ以外は全てネガティブな理由です。

転職理由は人それぞれだと思いますが、将来のことを真剣に考える40代だからこそ、より良い働き方を求めて転職したい!と踏み切る人が多いことに気づかされます。

ミドルエイジ・クライシスが転職のきっかけになるケースも多い

40代はいわゆる中年の入口。人生の折り返し地点として捉えられることも多いですよね。この時期になると、肉体的な変化も相まって、人生の後半戦についてどのように生きていくのか、これまでの人生を振り返って、何を成し遂げたのか…を強く考えるようになる傾向があります。

中年になると、仕事や家庭などの人間関係、さらには自分自身の人生への不満などから過大なストレスを感じやすくなってきます。

生理学的にみても体力が衰え始めたり、脳の機能が低下し始めることで感情のコントロールが上手くいかなくなったり、といったことも。「自分はまだまだ若いはず!」と思っていても、体や心がついていかなくなってきます。

ストレスが積もりに積もって、鬱になったり、仕事をしたく無くなったり、何もかも捨てたくなったり…と爆発しちゃうなんてこともありそう…。

それ、本当にあるんです。これがミドルエイジ・クライシスです。他にも中年危機、バーンアウト症候群と言ったりもします。

ミドルエイジ・クライシスを乗り越えるためには、人生の後半戦についてしっかりと考え、自分自身と向き合う必要があります。

時にはカウンセリングなどの必要になってくるでしょう。それでも私たちは仕事をして、お金を稼いで生きていかなくてはなりません。

そこでひとつのきっかけとして「転職」を考える人が増えます。最近流行の言葉で言えば「セミリタイア」も早い人の40代から取りかかっていることもありますよね。

10年先の自分、20年先の自分を想い描き、具体的なビジョンを明確にすることが大切です。時には年収が下がってでも心身に優しい転職を決断しなくてはならないかもしれません。

転職したい!けれど転職できない…40代の転職が進まない原因は?

働きたくもない会社で働き続けなくてはならない。お金のため、生活のためとはいえツライ話です。定年退職が60歳、65歳だとすると、後20年ほど働き続けなくてはなりません。

それは分かっているのだけど、なかなか転職に踏み切れない方もたくさんいます。果たしてその原因は一体何なのでしょうか。

年齢を理由に無理だと思い込んでいる

一番多い理由だと思います。冒頭でも紹介した「35歳限界説」が巷で言われているのが良い証拠。年齢を気にするあまり「転職しようとしてもどうせダメなんでしょう?」と先入観を持っているかもしれません。

40代には40代の魅力があります。それを見極めないと、こういったネガティブな思考に陥ってしまいがち。本当はニーズがあるのに、それを自分から捨てているようなものです。

過去の経歴や実績にとらわれている

「大企業で働いていたのに中小企業に転職するのは嫌だ」「大勢の部下を従えていた経験がある」といったニュアンスが採用担当者に伝わってしまい、これが原因でなかなか内定が取れないことは案外多いです。

確かに実績は大事。ですがそれがプライドとなり、転職が上手くいかないのなら捨ててしまった方がまだマシかもしれません。

40代とはいえ、転職先では新人として働くくらいの気持ちが大事。いち早く環境に馴染み、自分の力を存分に振るうことを第一に考えてみましょう。

年収が下がるのが怖い

誰だって同じことですが、40代ともなると、転職がかえって収入ダウンとなる可能性は大いにありえます。『平成28年 上半期雇用動向調査結果の概況』にある『表6 転職入職者の賃金変動状況』を見てみましょう。

40~44歳 45~49歳
増加 36.8 37.9
1割以上の増加 21.8 27.5
1割未満の増加 15 10.4
変わらない 29 29.6
減少 33.6 30.8
1割未満の減少 9.7 6.2
1割以上の減少 23.9 24.5

37%~38%くらいの人は年収アップとなっていますが、年収が変わらない人は30%ほど、そして減少した人が30%くらいいます。

例えば「年収が下がってもゆったりとした仕事を選びたかったから転職した」という人もいらっしゃるでしょうが、必ずしも年収が上がるとは限らない…のは間違いありません。

今までの年収は、その会社で頑張ってきた実績を元に支払われていたもの。転職先企業ではまだ何も実績がないことを考えると、多少は年収ダウンも覚悟しなくてはなりません。

もちろん転職先で実績を残せば、今まで以上の年収アップも望めます。

40代の転職、未経験職業にチャレンジ!

40代から新しい分野、職業にチャレンジするのは難しいと言われています。ですが未経験者を歓迎している職業がたくさんあるのもまた事実です。例えば次の職業が挙げられます。

  • 農業
  • 職人
  • ドライバー(トラック・タクシー・バスなど)
  • 介護
  • 起業

農業

セミリタイアからの農家を目指す40代が増加中。実際、地方に目を向けると、少子高齢化が進んで、これまで農業を営んでいた人たちが思うように働けなくなっています。つまりまだまだ体力に余裕があり、長く働き続けられる40代は農業で大人気。

ただし、募集している農家を探すとなると少々ハードルは高め。例えば知り合いに農家がいて、紹介してもらう、といった方法が取れるのならそちらのほうがスムーズに進められるかもしれません。

最近では各地方自治体が新しく農業を始めたい人を募集しているケースもあるので、そちらを上手く活用することも検討してみましょう。

職人

農業とほぼ同じ理由で比較的若い働き手を募集しているのが職人業です。ジャンルは多彩ですが、いずれも修業期間中はほとんどまともな給料が得られず、ある程度実力が身に付くまで時間がかかるのがネックでしょうか。

また転職先を探すのもちょっと難しい部分があります。コネやパイプがあるならそちらに当たるのが吉。

ドライバー

ドライバーの需要は大変高く、40代の転職先の代名詞とも言えるかもしれません。企業によっては内定してから大型免許など各種免許取得をサポートしてくれるところも。

年齢や経験の制限はほとんど無いものの、体力が必須の職業なだけに、体作りが欠かせない点を意識しておいた方が良いかもしれませんね。

介護職

少子高齢化社会が進んでいる現在、40代の介護職への転職が大変にぎわっています。ありがたいことに、経験よりも人柄やコミュニケーション能力を重視することが多いため、未経験の人でも大歓迎。

介護業界未経験の人が知っておくべき転職の心得とは!

また働きながら資格取得が可能なので、先々のキャリアプランを立てやすいのもメリットと言えます。

起業する!

もしも働きたい仕事が見つからない場合は思い切って起業することも視野に入れてみましょう。今はインターネットが普及しているので比較的簡単に起業できます。

これまでに培ってきたスキルや経験、人脈をフルに活用していきましょう。45歳以上の方なら助成金を受け取りつつ起業ができたりするので国の制度を用いるのも手です。

45歳以上で起業すれば、助成金最大500万円受け取れる国の制度知っていた?

40代の転職を成功させるための履歴書や面接のポイント

40代の転職を成功させるためには、次の3つのポイントを考慮した履歴書づくりや面接の進め方を意識することが求められます。

何ができるのかを明確に

40代の転職は即戦力として活躍できることが期待されます。つまり、これまでの経験やキャリアから自分ができることを分かりやすく、かつ魅力的に伝えていかなくてはなりません。得意とする職務能力はもちろん、今後どのようなことにチャレンジしていきたいのか、どういった勉強をしているのか、も併せてアピールできるとなお良し。

プラスアルファを考えてみる

40代の豊富な経験の中から、ただ単純に仕事に役立つだけのスキル以外にも、何かアピールできることがないか、プラスアルファになるものがないかを考えてみましょう。例えばIT業務に携わってきたけれど、実はTOEIC600点台、などなど。

人間性をアピール

仕事ができることとは別に、自分がどんな人間なのかもアピールしていきましょう。40代は「固定観念が出来上がっていて扱いづらい」と捉えられてしまうことも。そうならないためにも、素直な気持ちで、謙虚な姿勢で面接に臨みます。

またストレス耐性についてもアピールできるならやった方が絶対に良いです。

まだまだ需要はある40代の転職口コミ

ほとんど同じ仕事ですが、派遣から在宅ワークへ切り替えました。
(46歳・女性)

派遣社員として働いていたところ(コールセンター)が閉所となったことが、今の仕事をはじめたきっかけになりました。仕事を失った派遣社員であった私たちは、仕事を探す必要が出てきました。

ありがたいことに、派遣会社の人たちは、様々な仕事を紹介してくれましたが、以前同僚たちから聞いた在宅での仕事をやりたい気持ちが強かったので、在宅ワークに切り替えることになりました。ほぼ同じ業務内容で、通勤もないことが、当時の私にとって大きな魅力でした。

収入は下がりますがその分プラスも大きい在宅ワーク
■Before
会社:IT系コールセンター
職種:テレフォンオペレーター
■After
会社:IT系コールセンター(在宅)
職種:テレフォンオペレーター
IT業界から異業種へ転職を成功(47歳・男性)

IT関連の職に従事していましたが、長時間労働・激務が多く、家族との時間が取れる状況にありませんでした。 実母の急病による看護のため、思い切って異業種への転職を決意しました。

幼い頃に父親が他界してしまい、女手ひとつで育ててくれた母親を独りでおいておく訳にいかない状況になった状況を熟慮した上の 決断。

長年続けてきた仕事を辞め、40代半ばで他にできる仕事があるのか不安しかありませんでしたが、大した親孝行もせずにいた自分を反省し、家族と過す時間が多く取れるように現職に就くことにしました。

親孝行のためプライベート優先の転職活動
■Before
会社:IT系企業
職種:システムエンジニア
■After
会社:警備保障会社
職種:警備員
40代前半で販売職から事務職への転職(41歳・女性)

前職は販売業ですので土日はまず休めず、お客様の都合で急に出勤になったり、出勤時間が早まったりして、かなり不規則、不安定な勤務体制でした。

夫は日祝日が休みでしたたので、休みがまったく合わないことが理由です。結婚後家庭と仕事の両立が難しいと感じました。

また、家具の組み立てや、倉庫からの出し入れなど、ただでさえ立ち仕事できついのに、かなり体力を使わなければいけなかったので、この先定年まで働くことがまったく想像出来なかったのが理由です。

未経験職種でも前職の経験が生きる場合もある!
■Before
会社:インテリアショップ
職種:販売
■After
会社:物流メーカー
職種:事務職

40代の転職活動をスムーズに進めるためのポイント

40代ともなると、極力職歴に穴を空けたくないもの。仕事をしながら転職活動を行うつもりの方もたくさんいらっしゃるでしょう。では40代の転職活動をスムーズに進めるためにはどのようなポイントに注意すれば良いでしょうか。

転職エージェントを検討してみる

転職はどれだけ多くの求人と出会えるかが1つの鍵になります。しかしここまで何度も紹介してきたとおり、40代の転職となると思うように求人が見つからないこともしばしば。

実は全く求人がないわけではなく、多くが非公開求人として取り扱われているんです。管理職候補やリーダーの求人は他の企業にはあまり知られたくない情報ですし、会社側としても求める人材でない人からエントリーされるのは時間と労力の無駄でしかありません。

そこでぜひ活用したいのが転職エージェントです。企業と利用者の双方から希望を聞き、条件がマッチする人に求人情報を紹介する、という流れになっています。もちろんこの中には非公開求人も含まれていて、転職エージェントを利用しないと絶対に出会うことができないものも。

また転職エージェントは書類添削や面接対策も積極的に行っており、さらに面倒な日程の調整や条件の交渉も代行。早い話が、希望条件だけ伝えてあとは丸投げでもOKです。

紹介された仕事が納得できなければその都度断っても大丈夫ですし、担当者と合わないと感じたら他の人に代わってもらうこともできます。さらに完全無料で利用できるため、転職希望者にとってメリットしかありません。活用しない手はないですね。

自分の市場価値を把握する

転職市場における一人ひとりの価値は常に変化しているものだと理解しましょう。今までは上手くいっていたと思っても、現在も同様の市場価値があるとは限りません。

これを見極めるためには、できるだけ多くの求人情報をチェックするのが有効です。自分がエントリーできる求人をチェックし、どれくらいの年収が期待できるのかを集めれば、自然と市場価値が見えてきます。

すると自分が持つキャリアや経験、スキルの中で市場価値が高い要素が分かります。例えばマネジメント経験があることがプラスに働く、など。

自分自身で把握するのが難しい方も、やはり転職エージェントを活用すると簡単です。必ず最初にキャリアカウンセリングを行うのですが、転職のプロフェッショナルであるエージェントが細かく分析して伝えてくれます。

もしも「自分には価値がない」「良い転職は望めそうに無い」と感じているなら、一度気軽に相談してみると良いかもしれません。自分では気づかなかった部分を明確にしてくれるのも転職エージェントの役目です。

ここが辛いよ、40代の転職後の悩み

40代での転職を無事終えて一安心。早速、新しい会社での生活が始まりますが、まさかの転職活動に負けず劣らずの苦労が!40代の転職後に多い悩みについて解説していきます。

年下上司の付き合い方3つのポイント

40代で転職をすると、転職先で上司が年下になる、ということも可能性としては高いです。年功序列の制度が崩れてきている今、企業では年齢に関係なく能力があればマネジメントをさせる、という傾向が強くなってきています。

今までの職場では基本的に上司は年上であるという環境にいた人は、転職によって「年下上司」とどう付き合っていいか面食らう人も多いはず。ここでは、そんな年下上司とうまく付き合うための接し方、考え方のポイントを3つお伝えします。

敬語を使う

年下=ため口でいい、なんて思っていませんか。敬語は、年上のために使うものではなく、敬うために使う言葉です。仮に上司が年下だとしても、あくまで上司として敬意をもって接することが重要です。

年齢が下だからと言って、上から話をするのではなく、自分よりもその会社のことやマネジメントをよく理解している相手として接するためにも、敬語を使うようにしましょう。

年下上司にとって、年上の部下からため口で上から話をされるより、敬語のほうが接しやすくなるため、コミュニケーションがとりやすくなります。

「上司」は役割であると考える

今まで後輩や部下として接していた年齢が、転職した先では自分よりも上の立場で活躍しているとなると、人によってはプライドが傷つくということもあるかもしれません。

しかし、ここは冷静になりましょう。あくまで「上司」というのは、自分よりもすごいからなるのではなく、「現状の環境下でマネジメントに適している人材である」から上司になっているのです。

人によっては、マネジメントよりも、実務で能力を発揮する人もいます。もしくは、別のメンバーや環境であれば、他の人がマネジメントする立場になっている可能性もあります。

「上司」とは、その時と場合と状況によって、適した人がその役割を担うものであると考えましょう。そうすることで、自分のプライドなどを気にする必要はないと思えるようになります。

積極的にコミュニケーションをとる

上司が年上でも年下でもいえることですが、こまめにコミュニケーションをとるようにしましょう。もしかしたら、相手も気を使っている可能性もあります。

お互いに遠慮していると、コミュニケーションミスが増え、信頼感が構築されません。ここは、年齢的に大人なほうから、お互い理解しあえるように、積極的に相談をするなどしてコミュニケーションをとるようにしましょう。

お互いの考えがわかってくると、対立したり、不信感をもったりというようなことが起こりづらくなります。

まだまだポイントはありますが、まずは以上のことを意識して、年下上司とのいい関係を構築してくださいね。

収入減の悲劇/転職で収入が減った時の対応策

40代で転職をする場合、中小企業から大手への転職や、役員クラスへの転職などでない限り収入が大幅にあがるということはあまり期待できません。

むしろ、仕事の環境や内容はよくなっても、収入が大きく下がる、なんてこともあり得ます。そんな時の対策について考えてみます。

実力で昇給アップを図る

転職したての時は、一時期収入がさがってしまうことはあっても、いつまでも収入があがらないということはなく、努力次第であがる可能性は多分にあります。

せっかく転職をし、心機一転というところもありますので、息切れしない程度に頑張ってみてはどうでしょう。給与があがるまでは節約が必要になるかもしれませんが、新しい職場でいい結果を残し、早く昇給できるようにチャレンジしてみましょう。

副業で収入アップを図る

会社によっては、副業が許されているところも最近は少なくありません。ネットを利用したブログ、オークションといった副業や、週末や隙間時間に趣味や特技を活かした副業などを行い、別の形でお金を稼ぐという方法もあります。

人によっては、本業よりも稼いでしまう…なんてことも。副業についての可否は、会社の就業規則に書かれていますので、問題ないかを確認しておきましょう。もう一つ収入源を持つということは将来のリスクヘッジにもつながります。

減ったものは仕方がない!節約をする

シンプルに、収入が下がるのならば、使わない努力をするというのも一つの方法です。次のようなコストについて見なおしてみましょう。

  • 家賃、水道、電気、ガス代
  • 携帯やインターネットの料金プラン
  • 習い事や趣味
  • 洋服や美容
  • 子供にかかる費用
  • 保険やローン

ただし、なんでもかんでも節約するといより、「ここはゆずれない」「これなら削っていい」という点をはっきりとさせると、苦しくない節約ができます。

こういったコストの見直しを考えるのが苦手な人は、プロのファイナンシャルプランナーに相談してみてもいいかもしれません。

転職によって収入が下がっても、工夫次第で対策はできるものです。

新しい会社に馴染めない辛さ

転職の際に、若手のほうが有利と言われる理由の一つに、「柔軟性」があげられることがあります。仕事の進め方やその企業の風土など、新しい環境になじむのには若い人のほうが早いと言われます。

40代でかつての職場の経験が長ければ長いほど、古いやり方に慣れ親しんでいて、新しい環境にはなじみづらいかもしれません。

新しい職場の人間関係にもうまく入りきれず疎外感を感じてしまうようなこともあり得ます。そんなときは次のようなことを意識してみて下さい。

自分から挨拶したり質問したりするなどしてコミュニケーションをとる

挨拶が自分からできない人、意外に多いものです。特に、年齢が上に行くほど、プライドがあるのか「相手から挨拶されないと自分からはしない」という人がいます。

せめて同じフロアですれ違う相手には、朝は「おはようございます」、帰りは「お疲れ様です」くらいの一言を自分から言うようにしましょう。自分の職場でも同様、席に座るときには周りにいる人に自分から挨拶をしましょう。

意外にこういった挨拶がきっかけで、同じ職場や、違う職場の人と会話が生まれる可能性があります。

また、慣れていない職場だと誰かに何かを聞きたいと思うこともあるはずです。そのような時も、様子を見つつ、正直に周りにいる人に質問しましょう。

話しかけられるのを待つのではなく、自分から話しかけることがポイントです。特に40代ともなると周りが年下という可能性も高くなり、遠慮されている可能性もあります。自発的に積極的なコミュニケーションをとるようにしましょう。

自分はその職場では新人であるという意識を持つ

40代ともなると一般的にはベテラン社員です。人によっては、マネジメント経験もあり、それなりに過去の仕事の実績に自負心を持っているということもあるでしょう。

そういった自信はもっていて悪いものではないですが、新しい環境に入った時にはいったん心の中に納め、「自分はこの組織では新人である」という意識を持ちましょう。

プライドを持ったまま新しい職場に入ると、どうしても態度に出てしまいがちになります。そうなると、新しい職場の人たちは気分がいいものではありませんよね。謙虚な姿勢でいることが大切です。

職場は仕事をする場所であると割り切る

新しい職場では内輪ができていてなかなか入れず、お昼も一人…というような環境で寂しい思いをするということがあるかもしれません。

もしそういった状況になったとしても、不安に思わずやるべき仕事をこなしましょう。あくまで職場は仕事をする場所ですので、無理に出来上がった輪に入ろうとせず、フラットに周りの人と接してください。

逆に、自分から変に壁を作るということもしないように気を付けましょう。最低限の節度を持ったコミュニケーションを周りととるように心がけておけば、自然と雑談などができる相手ができるかもしれませんし、できなくても仕事に支障がなければOKと割り切りましょう。

職場でのいじめのような形で距離を置かれているのであれば問題ですが、そうでなければもしかしたら内輪に入ったほうが気を遣うことも多く、面倒なことも多いかもしれません。

個別に話ができる気の合う人がそのうちできればいいか、くらいのスタンスで、仕事に向かいましょう。

社風は意外と重要!馴染めない会社は辛い(40歳・男性)

県内で割と知名度があり、着工数も10位以内にランク入りするくらいの地元企業では安定した企業への転職でした。ショールームも完備され、大きく多様な建材のサンプルを取り揃えていて、営業がしやすいことが決め手でしたね。

また、前職は通勤時間が1時間以上もかかっていましたが、今の会社は通勤時間が短い。移動の負担が少ないのが一番です。社員旅行や売り上げ手当もあって、頑張った分だけ認めてくれる会社です。

そんないいイメージで転職した会社だったのですが…、入社後は社訓や会社方針などの10か条を暗記しなければならず、暗唱できた後は1分以内に読み上げられるようにしなければならないです。

それができて入社1か月後には全社員が集まる会議で一人暗唱させられ、一員として認められるという儀式があります。

暗唱するのに毎日仕事後に車通りが多い大きな道路に向かって大声で練習させられ、それは車に乗っている人に見られるのはもちろん慣れることが前提のようですが、モラハラではないかと本当に嫌でした。

このことは、面接時には知りませんでしたし、まさかこんな軍隊のようなことをやらされるとは思いませんでした。

また、研修会で1日中ラジオ体操をさせられ、指先までピッと力を入れキビキビしていない、全員の動きと合っていないといつまでもやり直しさせられるという過酷な研修会もやったことがあります。こんな社風があることを事前に知っていたら、もちろん入社しませんでした。

このままこの会社に馴染めるか不安でいっぱいです。

■Before
会社:住宅系会社
職種:営業
■After
会社:住宅系会社
職種:営業

転職後の事もしっかり考えて

40代での転職は、若いころよりも転職後の悩みが多いかもしれません。しかし、若手と違って経験豊富な40代だからこそ、そういった悩みもちょっとした工夫で乗り切れるものです。

せっかく希望のところに転職できたのであれば、悩みに気を取られることなく、充実した転職後の生活を送りたいですよね。もし悩んだときは、ここの記事を参考にしてみてください。

40代でおすすめの転職エージェントまとめ

「これがラストチャンス」と思っている方もたくさんいらっしゃるでしょう。それだけ40代の転職は体力・気力ともに必要なことですし、ここで失敗してしまうと若い頃のように簡単に修正することはできません。

新しい環境に身を投じるのは怖いことかもしれません。上手くいかない可能性だってあります。それでも、心身ともに疲弊しながら今のまま働き続けるのか、心機一転、新天地で活躍するのか。

絶対に失敗したくない、希望どおりの転職を実現したいと誰もが思うのは当然。だからこそ転職のプロがマンツーマンでサポートしてくれる転職エージェントをおすすめします。

完全無料で利用できますし、利用したからといって絶対に転職しなくてはならない、というわけではありません。嫌なら断っても良いんです。

まずは気軽にエージェントに相談してみて、自分のことを知る、どんな転職先があるのかを知るところから始めてみてはいかがでしょうか。

→40代の転職をしっかりサポートしてくれるエージェントは?