1. ホーム
  2. 年齢別転職
  3. ≫専門性?管理能力?35歳での転職成功のために求められるスキルを知っておこう!

専門性?管理能力?35歳での転職成功のために求められるスキルを知っておこう!


社会人経験も十分な35歳の転職を成功させるためのポイントを紹介!

35歳で転職成功

35歳というと社会人経験も10年を超えており、自分の業務をこなすだけでなく、チームをまとめたり、他部門との調整をおこなったりと、広い視野が求められている頃でしょう。

この視野は直近の業務以外にも広げなければいけません。10年も働けば、先輩や同僚だけでなく、後輩の仕事ぶりもしっかりと見る期間があるため、自分がどの程度仕事が出来るのか認識出来ているのではないでしょうか。このまま働き続けた場合に

  • どこまで出世することが出来るのか
  • やりがいのある仕事を続けていけるのか

といった将来像もイメージしてみましょう。

その結果、今のまま働くという人もいれば、転職をするという人もいるでしょう。なかには、本当に自分がやりたいことをするために起業という方法を取る人もいるかもしれません。

このように様々な選択肢があるのが35歳という年齢です。今回は、そんな35歳での転職に求められるスキル、転職を成功させるための準備などを紹介します。

35歳は転職のタイミングとしては早くはない

転職を考えるタイミングや原因は人それぞれですが、35歳という年齢での転職は一般的に多いのでしょうか。社会人として35歳はどのような年齢であるかも合わせてみてみましょう。

社会人経験は十分

学部卒、院卒など最終学歴に違いがあったとしても、入社から10年以上も経っていれば社会人としての経験に大きな差はありません。20代の頃であれば、「まだ経験が浅くて」というような言い訳をしていた人もいるかもしれませんが、もうそんな言い訳が通じる年齢ではありません。

過ぎてしまえばあっという間に感じる10年間ですが、入社したばかりの頃を思い出してください。10年以上も上の先輩がそんな言い訳をしていたら、とてもじゃないですが頼りに出来ませんよね。どれだけ仕事が出来るかは、どのように仕事と向き合って来たかによって大きく異なりますが、一般的には35歳という年齢は社会人経験が十分あると見られます。

また、冒頭に「起業という方法をとる人もいる」と書きましたが、35歳ともなれば幅広い役職や等級の人が存在します。まだまだ担当者という人もいれば、数人のメンバーをまとめるチームリーダーやチーフといった人も多いでしょう。さらに大人数をまとめる課長や部長といった役職に付いている人もいますし、社長として経営をおこなっている人も珍しくありません。

転職経験者も少なくない

転職を考える理由は様々です。結婚や出産、あるいは怪我や病気によって””現在の仕事を続けることが出来ない””ために転職せざるを得ないこともあります。それとは異なり、仕事の幅を広げたり、より専門的なスキルを身につけたりするためにキャリアアップとして転職をおこなう人もいるでしょう。

怪我や病気によって転職せざるを得ないケースは、社会人経験何年目のときが多いということは言えませんが、結婚や出産が理由となるケースでは20代後半から30代中盤が多いと言えます。

キャリアアップによる転職は、その起業でどんなスキルを習得し、どのように成長できるかをイメージすることが大切です。そして予定通りの成長ができれば、仕事の幅を広げることの出来る企業や、得たスキルをより高く活用することのできる企業へ転職が選択できるわけです。

資格であれば半年や1年程度ですぐに習得可能なものも多いですが、キャリアアップに繋がるような専門的なスキルとなると、習得するまでに3年から5年程度の期間が必要なものが多いでしょう。言い換えれば、「3年から5年程度すればスキルを習得して転職を考える人も少なくない」ということになります。

いずれの場合も、入社から10年以上が経っている35歳であれば、すでに1度や2度の転職経験があることは珍しくありません。35歳で初めて転職するというのは決して早くはないということを覚えておきましょう。

35歳以上に望まれるスキルとは?

社会人としての経験も十分と言える35歳は、コミニュケーション能力や業界に関する一般的な知識が必要になるのは言うまでもありません。それ以外に採用側が期待するスキルにはどのようなものがあるのでしょうか。

スペシャリストと呼べるだけの専門性

35歳という年齢に限らず、高い専門知識や専門スキルを有していることは転職において大きな武器になります。極端な話、「あなたにしか出来ない仕事」があれば、需要がそれほど多くない職種であっても転職先は見つかるでしょう。

転職のときにアピール出来る専門スキルかどうかを考える上で重要なのが、

  • どれくらいの需要があるスキルなのか
  • どれくらいの供給(その分野の業務をおこなえる人)があるのか
  • 専門スキルの高さ

などです。

当然ですが、需要が多いということはそれだけ必要な人材が多いということです。例えば、ソフトウェアの開発分野で言えば、iPhoneやAndroidアプリの開発の需要です。アプリ製作を請け負う企業も増えていますし、自社の商品やサービスと連携するスマホアプリを作るために開発部隊を社内に抱える企業も多くなっていおり、需要はかなり多いと言えます。

いくら需要が多くても、その全てが転職枠となるわけではありません。学校でも習得可能なスキルであれば新卒採用で確保することも出来てしまいますよね。また、社内の人員をコンバートすることによって人材を確保することもあるかもしれません。

そのため、需要に対してどの程度供給があるのかも重要です。例えば、最近AI(人工知能)という単語を聞く機会が増えていますが、この分野に関する知識やスキルを持っている人はまだまだ多くありません。社内で育てようとしたときに、教えることの出来る人材がいれば、育成も捗ります。しかし、そうでなければ独学で学ぶことになり、育つまでに時間がかかってしまうため、供給が増えにくい状況が続くことになります。

さらに、AIの分野の需要は増え方は急激です。このように供給が少ない上に、需要が多い専門スキルを有していれば、転職先が見つかるかどうかではなく、好条件で転職先を選ぶことが可能になるのではないでしょうか。

そしてどの分野であっても大切なのが度合いです。「私の専門は○○です」と言ったときに、どの程度深い知識、どの程度高いスキルを持っているかということです。

iPhoneやAndroidアプリの需要は多いと書きましたが、高校生や大学生でも個人でアプリを開発している人は大勢います。「iPhoneアプリの開発が出来ます」と言うだけでは、本当に使える人材かどうか伝わりませんよね。

  • クロスプラットフォームでの開発が出来るか
  • サーバー側のプログラミングが出来るか
  • クライアントから要望を聞いて、プロジェクトをコントロール出来るか

のように、どこまで期待していいのかが分からないのです。的確に説明しないことで、「趣味でiPhoneアプリを作ったことがあります」という学生と同じに思われてしまうのは困りますよね。そうならないように、自分の専門スキルの高さはしっかりと説明出来るようにしておきましょう。

部下の管理能力

大手企業であれば、35歳はまだまだ中堅として扱われることが多いかもしれませんが、規模の小さな企業であれば、すでに管理職となることも少なくありません。

ベンチャー企業のように事業を始めて間もない企業の場合、営業担当は1人2人ということもあり、事業の成長とともに人数を増やしていくことになります。数人程度であれば社長が直接管理することも可能ですが、それ以上に増えてくると難しくなってしまいますよね。社長がもともと営業職であればまだいいかもしれませんが、そうでないなら組織的な営業戦略を立てて管理することが出来る人材が必要になります。

特に急激に事業が拡大した場合には、管理出来るほどの人材が育っていないため、どうしても外部から人材を確保することになります。ベンチャー企業は平均年齢も低いことが多いため、そこにいきなり50歳の営業部長経験者が入っても、お互いに戸惑ってしまいますよね。そこで、営業部長とまではいかないまでも、大手企業で営業チームのリーダー経験のある人などを、課長職や部長職として採用することがあるため、比較的年齢が近く管理が出来る人材は重宝されるはずです。

反対に「ベンチャー企業でチームリーダーをしている人が大手企業の部長職として転職」というケースは少ないため、役職としては昇進しますが企業の規模としては、同じ程度か規模の小さな企業への転職となることが多いでしょう。

高い専門スキルと幅広い周辺知識

35歳での転職を成功させている人で一番多いのがこのパターンです。35歳は社会人経験も10年を超えているため、スペシャリストと呼べないまでも、それなりの専門知識やスキルを持っていますよね。さらに同じ部署にいたとしても全く同じ仕事だけを10年以上続けることはそれほど多くないため、関連する知識やスキルを学ぶ機会もあったはずです。

また、管理職ではないにしても、担当者として1つの仕事だけをすればいいということにはなりません。関係する部門との打ち合わせや、同僚への仕事の受け渡しなど、自分の担当する仕事以外の知識も持ち合わせていないとうまく回りませんよね。

スペシャリストや管理能力と言うと、特別仕事が出来る人というイメージが強く、本人自身もある程度は自覚していることが多いでしょう。そのため、自分が転職に成功した理由も理解しているはずです。

しかし、「高い専門スキルと幅広い周辺知識」については、同僚と比べて優れているかは分かっても、社外ではどの程度通じるのかを知る機会がありません。そのため、本人が自覚していないことも多く、「35歳でも転職は簡単だったよ」と言う転職経験者が意外と多いのもこのためです。

専門スキルと周辺知識は誰でも持っているため、それがあるだけで転職が成功するほど甘くはありません。

  • 専門スキルの高さはどの程度か
  • 周辺知識の広さや深さはどの程度か

が求められることは言うまでもありませんが、それ以上に大きな決め手となるのは、転職先とのマッチングです。

例えば、これまでiPhoneやAndroidなどのスマートフォン単独で動作するアプリを作っていたメーカーがあったとします。より使いやすくするために、「PCからも利用可能でアプリとデータを共有できるようにしたい」と考えているタイミングであれば、スマートフォンアプリだけでなく、PCアプリの開発や、サーバー側のプログラミングスキルのある開発者は心強い存在になりますよね。

また、これまでは電話や飛び込みで営業活動をおこなっていた企業が、新規顧客の獲得のためにWEBサイトの開設を考えたとします。サイトの作成自体は外注するとしても、運用していくためには社内にも多少はWEBに詳しい人材が必要になりますよね。

営業とWEBというと、それほど関連は強くない気がしますよね。このように、周辺知識といっても必ずしも関連の高いものが決め手となるわけではありません。もちろん、関連の高いものほど活きる場合が多いとは思いますが、転職先となる企業の求めるタイミング次第と言える部分も大きいのです。

35歳の転職を成功させるための準備とは?

35歳に求められらスキルの特徴を挙げてみましたが、転職を成功させるために今から取るべき行動はあるのでしょうか。すぐにでも転職をしたいという場合と、少し先に転職を考えている場合とで出来ることを紹介します。

周辺知識や関連スキルを含めた棚卸し

35歳ともなれば、即戦力としての採用になります。将来性を期待しないわけではありませんが、すぐに足りない戦力を補ってくれることを期待するほうが強くなります。

さすがに、「やる気だけはあります!」で採用されると思っている人はいないと思いますので、「自分の専門分野が何で、それがどのように活かせるのか」については、きちんと説明できる状態で面接に挑むでしょう。しかし、周辺知識や関連スキルについての棚卸しは出来ていない人も少なくはありません。

転職の募集は、新卒採用で使われる技術系のように広いものではなく、具体的な職種や業務内容に当てはまる人を対象としておこなわれます。スペシャリストと呼ばれるほどの実績や、管理職としての経験があるのであればともかく、そうでなければ似たような経歴の応募者の中で比較されることになります。

もちろん、似たような経歴であってもスキルの高さに差はあります。ただ、面接という短い時間だけでその差を正しく図れるかと言われると難しいのが分かりますよね。面接では程度の差はあれ、多少大げさに話しますよね。そのため、面接をしてみて明らかな差が見出せないと感じた場合は、周辺知識や関連のスキルを持っていることが決め手となることも想像出来るのではないでしょうか。

アピールするスキルの取捨選択

棚卸しによって自分の持っているスキルや知識が整理出来たとしても、アピールするものは選ぶ必要があります。面接の場で持っている全てのスキルを話す時間はありませんし、ずらずらと並べて話したところで「本当に全部得意なの?」という印象を持たれてしまう可能性もあります。

  • 必須スキル:○○
  • 歓迎するスキル:△△、□□

のように、募集の段階で分かるように書いている企業もありますが全てがそうではありません。違う見方をすれば、公開されていないからこそ、企業が欲しているスキルを有していることをアピール出来れば、内定が近づくと考えることも出来るのではないでしょうか。

「欲しているなら募集の条件に書くべき」という意見ももっともですが、

  • 必須ではなく歓迎スキルとして書いたとしても、ハードルを上げてしまうのではないか
  • 欲しているスキルは多岐に渡るため列挙しづらい

などの理由が企業側にもあるのかもしれません。

アピールすべきスキルの取捨選択といっても簡単な作業ではありません。自分がアピールしたいスキルを選ぶのではなく、企業が求めているスキルを選ぶ必要があるからです。そこで、棚卸しが終わってからの取捨選択には転職エージェントの力を借りるのがおすすめです。

転職エージェントには、面接のように短い時間で伝える必要は無いため、棚卸しした全てのスキルや知識を共有することも出来るはずです。転職エージェントは、転職が成功しないことには報酬が発生しないため、少しでも転職成功率を上げるために企業を研究しますし、採用担当者から話を聞くこともあります。少なくとも、自分一人で取捨選択するよりも効果の高いアピールを可能となる期待が持てますよね。

転職を有利にする目的でのスキル習得

実際に転職をおこなうタイミングが少し先であるなら、転職を有利に進めるための””スキル習得””を試みるのもいいかもしれません。スキルの向上は業務を進めていく上でも必要ですよね。しかし、日々の業務が忙しいと、目の前の仕事を片付けるので精一杯ということもあるのではないでしょうか。

日頃から業務の中で、社内や社外の研修などで勉強する時間が取れている場合はそれで事足りるかもしれませんが、そうでなければ勤務後の時間を使って自己啓発をすることになります。

新しいスキルを習得するにしても、何か資格を取るにしても、今の業務に役立つという目線でおこなうことが多いと思いますが、

  • 転職の幅を広げる
  • 転職を有利にする

という目線を加えてみるのも面白いのではないでしょうか。

新しくスキルを習得するとなると簡単ではありません。ただし、何か1つのスキルでスペシャリストを目指すことに比べれば時間はかからないはずです。(もちろん、転職しても活かせる専門スキルがある前提です。)

まとめ:しっかりした準備をおこない今後につながる転職をしよう

今回は35歳の転職について紹介しました。35歳というと社会人経験も長くなり、中堅からベテランへと繋がる大切なタイミングです。20代の頃のように若ければ、失敗を恐れずに挑戦的な転職をするのもいいでしょう。しかし、35歳ともなれば転職先がいくらでもある状況ではないため、どうしても失敗のリスクを考えてしまいますよね。

リスクをゼロにすることは難しいですが、今回紹介したように準備をすることでリスクを減らすことは出来ます。さらに、準備をしっかりすることは転職の成功に繋がるだけではありません。転職をせずに現在の企業で働き続けることを選んだ場合でも、自分の持っている知識やスキルを棚卸しすることは、これから成長していくためにも役に立つはずです。少しでも転職を意識したのであれば、転職先の候補選びよりも前に、まずは準備から始めてみてはいかがでしょうか。