1. ホーム
  2. こだわり条件
  3. ≫管理職経験を活かせる職場を見つけたい!

管理職経験を活かせる職場を見つけたい!

管理職としての経験を生かしたいという方必見カモ!
8a3b564165aee184ac62ed2e3bf056d3_s
「これまで管理職として働いていたけれど、結婚や出産を機に退職した。」
「管理職としての役職に就いたのに給料安すぎ。待遇面などに納得いかずに辞めてしまった。」

という方もいるかもしれませんね。

そうなると、次の職場を探す時もできれば、管理職としての地位が用意されているところで働きたいところ。

せっかく管理職としての経験があるのに、「また一から若い看護師さんと同じ立場なんて冗談じゃないわ!」なんて考えるのは当然ですね。

そうなると、ポイントとなるのが管理職としての募集です。

前職以上に良い職場を見つけるには、自分1人だけでは限界があるので、求人サイトを使うのが便利です。

求人サイトで管理職経験をアピール!

求人サイトには、ただ単に登録するだけでなく自己PRや職務経歴書の欄にしっかりと、「管理職としての経験」について仕事内容もプラスして記載した方が良いです。

ちょっとあざといぐらいに、「こんなこともやっていたんですよ!」とアピールしまくっちゃいましょう!

例えば、

「看護主任として他の看護師さんの勤務体系の管理や指示を行っていた」
「看護師長として病院の部門の統括をしていた」
「静脈血採血における知識・技術を学び、臨床看護実践能力を高めていた」
「指導や教育をして新人さんのスキルアップのため尽力していた」
「ヘパリン生食ロック・生食ロックが安全に実施できるよう作業を取りまとめ、知識を看護師全体で共有していた」



など管理職として頑張っていたということを最大限アピールしちゃいましょう。

病院の規模によっては看護主任、看護師長、看護部長など役職名が異なります。そういった複数の役職がある中で、どの地位で仕事をしていたかということも伝えると、より相手にイメージしやすいですね。

リーダーシップの能力があるという事が伝わるので、そういった人材は重宝されます。

謙虚さも忘れずに!

まずは、看護師に特化したサイトに登録していきましょう。

実際に登録してクライアントと顔を合わせるときは謙虚な気持ちを持って臨みましょう。管理職として働いていたからといって、大柄な接し方で自己PRなどをするのは良くありませんね。あくまでも自分の経験を伝えるということで、今後もその経験を生かしたいというような伝え方が大切です。

私は、「こんなこともできるんだ!すごいでしょ?」みたいな言い方は禁物ですね。しっかりとした人柄が伝われば、多くの案件を紹介してくれるはずです。

看護師専門サイトには、管理職としての経験を生かせる求人が多数紹介されているので、期待して大丈夫です!

看護師専門サイトのメリットとは

管理職経験があるからといって、給与面などは応募先に面接の段階で伝えるのは、やや抵抗がありますね。

自分で伝えるのではなく求人サイトを利用して、待遇面はコンサルタントに間接的に伝えてもらいましょう。仲介役として入ってくれることで、伝えづらい部分はすべて任せられるというメリットがあります。

また自分で直接、病院に応募すると面接の時に全てが判断されてしまいますが、求人サイトに登録してコンサルタントを経由することで、コンサルタントから病院へも応募者の人柄や魅力を伝えてくれるメリットがあります。

「応募者の○○さんは管理職として7年間も働いていた経験があります。とてもハキハキしていて、看護に対する意欲も強いので、魅力的な人材だと思います。」ということを伝えてくれるケースも!

こういったことを、コンサルタントの方から伝えてもらえるのはありがたいですね。バックアップの点を考慮しても、自分1人で就職活動するよりメリットがとても多いと言えます。