1. ホーム
  2. 看護師転職マニュアル
  3. ≫転職活動は自力で進める?それとも転職サポートサービスを利用する?

転職活動は自力で進める?それとも転職サポートサービスを利用する?

両者のメリット・デメリットをまとめました。
自力か転職サポートか
転職活動をするとき、どんな方法を選びますか?すべて自力でやっていくことも出来ますが、転職サイトや転職エージェントのようなサポートサービスもあります。

今回は自力で動いて転職活動することと、転職サポートサービスを利用することを比較し、メリットやデメリットをまとめてみたいと思います。

自力で転職活動をするメリット


自分と転職希望先側の二方向だけで話を進めていくので、とにかく話が早く、自分の好きなようにできるということが最大のメリットです。

また、転職サポートサービスを利用して雇用契約が成立した場合、転職先の病院などがサービス会社に、仲介料や手数料を払わなくてはならないことがあります。転職先も余分な出費は抑えたいので、自力での直接応募は大歓迎のようです。

このような理由から、能力が拮抗している自力での直接応募者と転職サービスを利用した応募者のうち、どちらか一人を採用しなくてはいけない事態になったとき、手数料がいらない自力応募者が選ばれる可能性もあります。

自力で転職活動をするデメリット


自由に好きなようにやれる分、責任や判断もすべて自分一人に圧し掛かります。判断に迷ったとき、客観的にアドバイスしてくれる存在が欲しくなっても頼るところがないということがデメリットのひとつです。また、転職サポートサービスが提供している、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などが受けられません。

ふたつ目の問題は、自力で集められる情報には限界があるということです。求人誌や求人サイト、ハローワーク、転職先のウェブサイト、クチコミ、現地に出向いて見学するなどはできそうですが、働いてみないと知ることが出来ない情報や感じられない雰囲気もあるはずです。

転職サポートサービスでは、求人募集を出している病院や施設などに直接出向いて情報収集をしたり、過去のサービス利用者からフィードバックをもらったりしているので、公開されていないような情報を持っていることがあります。自力では得られない情報がもらえるというのは、ちょっと羨ましいですよね。

転職サポートサービスを利用するメリット


求人サイトに載っていない非公開求人を紹介してもらえることがあります。実際にはサイトで公開されている求人数よりも、非公開求人数の方が多いという話もあります。選択肢は多い方が良いですし、人気のある職場は非公開求人に掲載されている可能性が高いです。

求人情報だけでなく、前述したようにサポート担当者は、一般公開されていないような情報をもっていることがあります。そういった情報を参考にして、転職先を選ぶことが出来たらありがたいですよね。

また、転職サポートサービスでは、自分の出している条件に合致した職場を探してくれたり、転職活動のスケジュール管理、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策といったサービスも提供しています。

転職サポートサービスを利用するデメリット


サポート担当者の能力や情報量に大きく左右される可能性がある点が、サポートサービスの落とし穴です。優秀な担当者にあたれば良いですが、残念ながら合わない・満足いくサービスをしてもらえない担当者にあたることもあるでしょう。第三者に頼るということは、多少のリスクがあるのです。

転職サポートサービスが役に立つかどうかは、転職希望地域にも左右されます。都市部は求人・情報共にカバーされていることが多いようですが、地方には対応できていない場合もあります。

また、無料でサポートサービスを利用できるところも多いようですが、完全に無料というわけではないかもしれません。就職できた場合に仲介料が発生したり、一部のサービスは有料であるということもあります。確認が必要です。

自力での転職活動にも、転職サポートサービスを利用する場合でも、どうしてもメリットとデメリットが隣り合わせになるようです。どちらが良いとは言えませんが、自分にあった方法を選択してくださいね。

著者:看護師ユミ
看護師として数年勤務後、結婚を機に引退。転職経験も数回あります。現在は海外を拠点に生活しています。