1. ホーム
  2. 看護師のお仕事
  3. ≫産婦人科で働きたい!業務内容やメリット・デメリット、転職時のポイントもご紹介します!

産婦人科で働きたい!業務内容やメリット・デメリット、転職時のポイントもご紹介します!

日勤だけの職場もあるの?助産師との業務の違いは?
産婦人科で働きたい!
就職先として人気がある診療科のひとつに、しばしば産婦人科が挙げられます。女性や生命の誕生にかかわる、ちょっと神秘的な診療科ですよね。
今回は産婦人科で働く看護師について、いろいろとお話していきたいと思います。

産婦人科で働く看護師の業務内容は?


婦人科外来全般、不妊治療外来全般、妊婦健診や分娩の際の医師・助産師の補助、帝王切開や中絶手術時のオペ介助、新生児の看護、褥婦の看護(悪露交換・創傷処置・授乳や沐浴など子育てについての教育など)等を行います。 

産婦人科で働くメリット

産婦人科看護に携わるメリットをご紹介します。

生命の誕生に携わり、幸せな気持ちになれる

病気や怪我、人の死など、どこか重苦しくネガティブなイメージがある職場の中で、産婦人科ほど明るくポジティブなイメージがある診療科はないですね。

妊娠・出産の知識がプライベートでも役に立つ

自分自身、パートナー、知人友人のために、職場での知識を活かせることがあります。

日勤のみの職場もある

分娩を取り扱っていない診療所やクリニックでは、夜勤がなく、休診日は基本的にお休みになります。ライフワークバランスを大切にしたい方におすすめです。

産婦人科で働くデメリット

メリットがあれば、デメリットもあるものです。

他の診療科とは違った配慮が必要

産婦人科にやってくる患者さんは、幸せな妊産婦さんだけではありません。不妊に悩んでいたり、婦人科の疾患を持っていたり、望まない妊娠で中絶を考えていたり…。

流産・死産や人工妊娠中絶に立ち合わなければいけない可能性もあります。女性看護師さんの場合、女性ゆえに共感してしまって余計に辛くなるかもしれません。

一般的な看護技術が低下

産婦人科の患者層、行われる処置が限定的であるため、実施する看護技術も限られてきます。ちょっと極端な例ですが、産婦人科で男性の導尿をすることは、まずありません(ゼロではないかもしれませんが)。

看護師と助産師の業務内容の差

看護師免許だけでは”助産行為”を行うことができません。助産師免許を持っていると、正常な出産であれば単独で(医師がその場にいなくても)助産行為ができますし、助産院を開業することも可能です。

看護師は、妊婦・産婦・褥婦や新生児の看護などはできますが、赤ちゃんを取り上げることはできないわけです。このことから産婦人科内の看護師と助産師の業務に差が出るため、出来ないことへの葛藤があったり、雑用ばかり担当することになったり、人間関係のトラブルに巻き込まれたりする可能性があります。

産婦人科に転職したい!チェックポイントは?


ここまで業務内容やメリット・デメリットについてお話してきました。興味が湧いてきた方もいらっしゃるかもしれませんね?次は本格的に産婦人科への転職を考えるなら、見逃せないチェックポイントをまとめていきます。転職時の参考にしてください。

施設の規模・種類

一口に産婦人科と言っても、総合病院の産婦人科から、分娩は取り扱わないクリニックまでさまざまです。例を挙げると、入院施設があって分娩を取り扱う病院は「夜勤ありの交代制勤務」、分娩のないクリニックなら「日勤のみの平日勤務がメイン」となることが多いでしょう。※職場によって大きく異なります。

自分の望む勤務体系であるかどうかを確認しましょう。

診療内容

診療内容によって業務内容も大きく変わります。具体的には、分娩の取り扱いの有無・帝王切開に対応可能かどうか・不妊治療・人工妊娠中絶・NICUなど小児科分野が併設されているかどうかなどをチェックしておきたいですね。

教育制度

産婦人科は専門性が高い分野のひとつです。転職するとなれば、新しく覚えなくてはいけないことが山積みになるでしょう。そんなときサポートしてくれる教育制度や研修があるかどうかを確認しておきましょう。

病院・クリニックの経営方針

産婦人科は他の診療科と異なり、身体そのものは健康な方は多くやってきます。また、正常なお産は健康保険の適応外です。

そこで産婦人科は他の診療科に比べて、サービスや接遇に力を入れている病院やクリニックが多いです。入院施設や食事を売りにしているところもありますよね?就職先の経営方針が自分に合っているかどうかも、念のためチェックしておきましょう。

産婦人科で働く看護師におすすめの資格


最後に、産婦人科の看護師のスキルアップにつながる資格をふたつご紹介して、この記事を締めくくりたいと思います。

皮膚・排泄ケア認定看護師(WOCナース)

創傷を含む皮膚トラブルや排泄ケアの認定資格ですが、産婦人科でもその知識が役に立つ場面は多いのです。例えば、出産後の陰部の創傷や排尿痛、帝王切開の術創、授乳時の乳頭の傷、新生児の皮膚トラブルにWOCナースの力が活きます。

もちろん産婦人科以外でも、幅広い診療科・医療や介護の現場で活躍できます。

不妊症看護認定看護師

近年、10組のカップルに1組は不妊症だと言われています。高齢出産も、今や珍しいことではありません。このような状況から、不妊治療をするカップルは今後も増加することが考えられます。

不妊治療は身体的にも精神的にも経済的にも負担が大きいですが、絶対に妊娠できるとも限りません。こういったカップルをサポートするための認定資格です。不妊治療専門クリニックはもちろん、不妊治療を行っている産婦人科でも重宝される資格でしょう。

いかがでしたか?以上、産婦人科についてでした!

著者:看護師ユミ
看護師として数年勤務後、結婚を機に引退。転職経験も数回あります。現在は海外を拠点に生活しています。