1. ホーム
  2. 看護師転職マニュアル
  3. ≫看護師六年目。五年という節目を越えた中堅看護師が仕事を辞めたくなる理由とは

看護師六年目。五年という節目を越えた中堅看護師が仕事を辞めたくなる理由とは

このまま仕事を続ける?新しい人生を歩んでみる?分岐の六年目
6年目の転職
勤続五年という大きな節目を越えた、看護師六年目。怖いものなしの中堅看護師とも思える六年目ですが、ここで看護師を辞める、もしくは転職を考える方もいるようです。今回は看護師六年目での辞めたくなる理由や転職について、まとめていきたいと思います。 

看護師六年目で辞めたくなる理由

 

すっかり頼りにされる存在に成長し、だいたいのことには落ち着いて対処できるようになる六年目では、現状を変えたいと思って転職・退職を考える傾向があるようです。詳しく理由をみていきましょう。 

スキルアップ・キャリアアップを目指したい

 

六年目ともなると、自分のやりたい看護や学びたいことがはっきりしてきます。看護師に加えてさらなる資格を取得するために、現在の職場を離れるケースがあります。具体的には助産師・保健師などさまざまな資格がありますが、ここでは専門看護師と認定看護師を例に挙げてみます。

専門看護師は”実務研修が通算5年以上あり、うち3年間以上は専門看護分野の実務研修であること”、認定看護師は”看護師免許取得後、実務研修が通算5年以上あること(うち3年以上は認定看護分野の実務研修)”が資格取得のための第一条件になっています。

さらに専門看護師では”看護系大学院修士課程修了者で日本看護系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の所定の単位(総計26単位または38単位)を取得していること”、認定看護師では”認定看護師教育機関(課程)修了(6か月・615時間以上)”が求められ、この条件を満たしてはじめて認定審査を受けることができます。


※参考:公益社団法人 日本看護協会


つまり、どちらの資格も”5年以上の実務経験”が必要とされているのです。看護学校を卒業後、大学院などに進学せずそのまま就職した場合、まさに看護師六年目から審査を受けることができるようになるわけです。いったん現役を退いて大学院に入ったり、実務経験を積むために病院・施設を変えたりすることを本気で考え始める時期にあたるといえます。 

結婚・妊娠・出産・育児


看護師六年目というと、30歳前後の方が多いですね。家庭に専念したいという気持ちから、看護師を辞めたいと思う方が出てきます。

特に近年は、保育所に入れず自分が子供の世話をするしかない、不妊治療をはじめたいのでハードで不規則な看護師を続けていくことが難しいという声も聞かれます。看護師を続けるとしても、身体の負担やスケジュールの拘束を減らすため、夜勤や土日の勤務がない職場、パートタイムで働ける職場に転職を考える方も多いようです。 

業務内容と待遇が見合わず、不満を感じている


六年目ともなると、任されない仕事なんてほとんど無いのでは?というくらい、いろいろな業務を任されます。それに応じて責任も重くなりますし、夜勤のようなスタッフ数が少ない時間帯では、自分が一番経験者なんてことも起こり得ます。

しかしながら、看護師の給与は上がりにくいと言われており、重責と給与が見合っていないと感じている方も少なくありません。貯蓄をしたい年齢になってきますし、より待遇の良い職場へ転職したいという気持ちが湧きおこっても不思議ではありません。 

我慢の限界


日常の業務をまんべんなくこなし、リーダー業務などでスタッフの上に立つ機会も増える六年目では、見通しがよくなったからこそ今までの不満が一気に噴出し、転職・退職したいと考える可能性があります。不満の原因になるのは先ほど挙げた待遇面や重すぎる責任から、職場内の人間関係、職場そのものの問題(看護方針や経営方針、設備など)まで多岐に渡ります。 

看護師六年目の転職事情は?


看護師歴は五年を突破しており、再就職に困ることはあまりないと考えられます。即戦力として多くの病院・施設に重宝されるでしょう。
出産や育児でブランクがあるとしても、丸五年の看護師経験はポイントアップになります。再就職時は自信をもって、自分をアピールしていきましょう。 

看護師六年目では、自分の中に「五年以上も続けてきた!」という固い自信ができてきます。その自信を持って働き続けるのも良し、キリの良いところで家庭に入ってみるも良し、思い切って新たな道に進んでみるもの良いですね。

著者:看護師ユミ
看護師として数年勤務後、結婚を機に引退。転職経験も数回あります。現在は海外を拠点に生活しています。