1. ホーム
  2. 看護師の悩み・相談
  3. ≫看護師のダブルワーク・副業って何がおすすめ?

看護師のダブルワーク・副業って何がおすすめ?

看護師の副業はなし?口コミもあるカモ!
Wワーク

看護師は副業禁止?  副業して許される病院と許されない病院について

公務員看護師は法律で禁止されていますので、副業を行うことはできません。違反すると処分を受けることになります。では公務員以外の看護師は副業が可能なのでしょうか?

民間病院の場合は、病院の方針によって副業が可能であるかどうかが分かれるようです。勤務先の病院が「副業禁止」と就業規則に掲げてあるのであれば、副業は禁止です。特に記載されていない場合は、副業が可能であると考えられます。

もし副業が禁止されている民間病院で、隠れて副業していることが明るみに出れば、処分を受ける場合もあります。厳重注意程度で済んだとしても、心象が悪くなるのは避けられないため、職場での居心地が悪くなる可能性があります。どうしても副業がしたいなら、内密に行うのではなく、病院に相談して許可を得てから行うようにしましょう。

そもそも副業できる時間はある? 看護師の仕事へ影響させないために大切な事とは?


副業を開始する前に「副業できる時間はあるのか」「本業である看護師の仕事に影響はないか」を、よく考えて決断するのが望ましいですね。以下のような点について考えてみましょう。
  • 体力的に過度の負担とならないか
  • 休養時間は十分確保できるか
  • 家事やプライベートの時間を捻出できるか
  • 移動時間は考慮されているか
  • 準備や勉強の時間は確保できるか

  • 看護師の仕事はミスが許されない仕事です。疲労や眠気で集中力を欠いて、重大な医療事故を起こしてしまえば、取り返しのつかないことになります。看護師の仕事に悪影響を与えないよう、自分で自分の体調をしっかりと管理しなくてはなりません。

    副業を開始してからも、スケジュールに無理がないか常に確認することが大切です。場合によっては修正も必要でしょう。いきなりスケジュールを詰め込むのではなく、最初は短い時間から開始して様子をみながら時間を増やしていくなどの対策も有効かもしれません。

    おすすめの看護師の副業は?


    看護師は一般的に給料が高額であるため、他の職種の副業では給料に満足できないという声がよく聞かれます。副業でも看護師として働くことを選択する人が多いのは、このためです。具体的な仕事内容を挙げてみましょう。

    クリニックや介護施設などでのパート勤務

    自分の都合のよい時間や曜日を指定できる、これまでの経験を活かせるなどのメリットがあります。いくつかの施設を掛け持ちする人もいるようです。

    検診センター

    採血や計測が主な仕事となります。施設によっては、高度な採血の技術とスピードが要求される場合もあるようです。

    イベントナース、ツアーナース

    どちらも体調が悪くなったり、ケガをしたりした人のケアを行う仕事です。イベントナースはイベント会場、ツアーナースは修学旅行や研修旅行の旅行先が勤務場所になります。イベントの雰囲気が楽しめる、他の人との交流が楽しいなどの他にはないメリットがある人気の副業です。

    夜勤専従看護師

    体力的に大変なイメージがありますが、眼科クリニックの夜勤などを選べば、一定の時間まで仕事をすれば、後は朝まで仮眠を取れるという職場もあるようです。「日勤に比べて給料がいい」「日勤ほど仕事内容が複雑でない」という点に魅力を感じる人も多いようですね。
    さまざまな仕事が体験できることや、組織に縛られることなく自由な働き方ができることなどは、大きなメリットです。一方で、コミュニケーション能力や、新しい環境にすぐに適応できる能力などが要求されるケースが多く、向き不向きがあるという一面もあります。自分が副業に向いているタイプなのかどうかをよく考えて、行動に移した方がよいでしょう。

    看護師以外の副業としては、以下のようなものがあります。

    スナックなどでの接客業

    看護師のコミュニケーション能力を生かせることや、時給が高いことなどが魅力であるようです。普段接する機会のない一般企業の男性やOLさんとの接点を持つことができるのが新鮮で刺激的だという意見もありました。お酒を飲んで楽しく会話することで、ストレス発散になると感じる人もいるようですよ。

    看護師の記事専門のライター

    看護師の経験が生かせる上、自宅で自分のペースで仕事ができるという点が最大の魅力です。文章を書くのが得意な人、自分のスケジュール管理がきちんと行える人、まめな人に向いている仕事だと言えるでしょう。

    看護師の記事専門ライターは、私自身の副業でもありますが、自分の考えを文章にまとめることで、自分の言動を客観的に見つめなおしたり、深く考えたりする機会が増えたカモ。この点は、本業にも良い影響を与えていると感じているカモ。



    確定申告などの手続きはどうなる?看護師が副業する上で知っておくべきことと注意点


    副業による1年間の収入が20万円を超える場合は確定申告が必要になります。厳密には、実際の収入から必要経費を差し引いた金額が20万円を超える場合です。2月16日から3月15日の間に前年の所得や税額を申告し、3月15日までに納税する必要があります。振替納税を選択すれば、納期限は4月になります。

    ただし、住民税に関しては収入の額にかかわらず申告が必要です。本業の給料から住民税が天引きされている場合、住民税の増額により職場に副業を行っていることがバレてしまうというケースも多いようですね。住民税の徴収方法を「普通徴収(自分で納付すること)」に変更すれば本業の職場に通知が行くことはありませんが、100%回避できるという保証はありません。やはり職場に内緒で副業することは、難しいようです。

    副業を行うことが禁止されていない病院なら副業するのは個人の自由です。しかし副業に対してよいイメージを持っていない人が存在するのも、また事実。実際に副業する人たちが、残業をしないことに対して非難されたり、職場で孤立したりする様子を目の当たりにしたことがあります。

    そのような事態を招かないために、以下のような点に注意しましょう。
    • 本業の仕事をきちんと行う
    • 副業できる環境を与えてくれる他のスタッフへの感謝の気持ちを忘れない
    • 感謝の気持ちを言葉や態度にして表現する
    • 残業ができないことなどについて説明を求められた場合は誠実に対応する
    • 副業することを快く思わない人も中には存在することを念頭に置いておく
    お互いが気持ちよく仕事できるよう、社会人として最低限の気遣いは忘れないようにしましょう。「本業をおろそかにしている」と受け取られかねない言動は控えたほうがいいですね。

    副業を「本業に良い影響を与えるもの」にするために


    良い副業をすることで、収入がアップする以外にも「本業の役に立つ」「ストレス解消になる」「刺激を得られる」などの良い影響が得られることがわかります。一方で誤った副業を選べば、ペースを乱したり、体を壊したり、ミスを誘発したりして、本業にも悪影響を与える場合があるようです。

    せっかく「副業」という新しいチャレンジを行うのですから、幸せで実りあるものにしたいですよね。そのためには自分自身をよく知り、自分に合った働き方を見つけることが重要です。本業である病院やスタッフとの関係にも気を配って、副業に適した環境を整えることも忘れてはいけません。

    いずれにせよ、甘い考えや軽い気持ちで、看護師の仕事と副業を両立させるのは難しいようです。それなりの覚悟と計画性をもって取り組みましょう。そうすれば、必ず良い方向に道は開けるはずです。

    看護師のダブルワークに関する口コミ


    看護師でおすすめのダブルワークがあれば教えてください!リアルな看護師の声を聞いてみたカモ!



    投稿者:ひろ

    正直に言うと水商売系がおすすめです。なぜなら看護師の仕事は激務なので、あまり長い時間の副業って難しいですね。その点水商売は短時間で働くことも可能です。

    また普段の看護師の給料がいいので、あまりに時給の安い副業は、ちょっとやる気にはなりません。しかし水商売は短時間で稼ぐことも可能なので、看護師にはうってつけなのです。

    あとは看護師は飲むことが好きな人が多いということも向いている点の1つ。あとは看護師も接客業のようなもので、相手に合わせて話を進めるということはお手のものですよね。

    それを考えると、しゃべることが好き、お酒が好き、時給がいいという点で看護師には向いていると思います。こういうのは口コミで広がるバイト先が多いので、誰か信用できる人に聞いてみてもいいかも。

    投稿者:ぽん

    時給換算で言うとやはり看護師のアルバイトがコストパフォーマンスがいいと思います。近所のクリニックにアルバイトも可能ですが、病院によっては副業禁止もあり近場だとバレやすいと思います。

    そこでお勧めなのは看護師の派遣です。派遣場所は少し遠い所が多いので患者さんや知り合いにあうリスクはかなり減ります。しかも、勤務が曜日単位で休みのない看護師にとって自分の都合で働きたい時に働くという派遣のスタイルは生活リズムにも合っていると思います。

    少し遠方まで行かないといけないというデメリットはありますが、時給は通常のクリニックのアルバイトよりも高めに設定されています。色んな経験が出来るので看護師としての経験値も上がるのでお勧めです。

    投稿者:ベテラン看護師です

    本来なら看護師はダブルワークは禁止されていると思いますが、パートならいいのかな?独身で自分の自由な時間があるのなら、お水の仕事がいいと思います。私の友達で夜の仕事を掛け持ちしている子がいますが、かなりの収入がありますよ。既婚者だとそれは難しいと思うので、在宅ワークなんかどうでしょうか?

    原稿を書いて月に5万くらいは入ってくる仕事もあります。また、フリマや転売をして収入を得ている人もいます。私がダブルワークしたいと思っているのは、パン屋さんやケーキ屋さんです。学生時代にやってみたかったけど、できなかったことなので。

    自分がやりたい事をやってみるのもいいかもしれませんね。まぁ、看護師だけで精一杯だと思いますが。

    投稿者:小春

    私は一つの病院で長く勤めるのではなく、色々な経験をしたかったために看護師のバイトをいくつかしてきました。
    一時期していたダブルワークはクリニックと夜勤専門看護師です。クリニックは週に3日で夜勤専門は週に1回程度行っていました。クリニックも夜勤専門もバイトだったので病院からはバイト許可をもらっていました。

    もう一つは、夜勤専門看護師と検診でのバイトを掛け持ちでしていた事があります。この時は夜勤を2から3日と検診バイトを週に1回程度していました。

    夜勤専門看護師だと結構、高時給でバイトが見つかります。看護師をもっていると看護師でダブルワークができるのでバイトはボーナスはありませんが、東京に住んでいて多く貰っている時期で手取りが30万近くありました。看護師のバイトでダブルワークでも生活には全く困りませんでした。

    投稿者:ひまわり

    副業するなら、やっぱり資格を活かした看護師が一番良いですね。大学病院で働いていながら、美容クリニックなんかで入れる時だけバイトしている子は意外と多いです。

    クリニックの方も本業があるのを知った上での採用もあるので、その辺は融通させてくれます。本業にバレたらまずいので。でも、バレて処分されてる子なんてみたことないです。

    他の業種での副業は、やっぱり時給が低いです。自分が看護師しているとお金をある程度もらえるのが当たり前な感覚になってきちゃいますから。なので、普通の業種はあまりおススメできません。

    ただ、副業するにも夜勤明けや休みの日を利用するのでかなりの体力は必要なので体調を崩さないようにだけ、気を付けて下さいね。