1. ホーム
  2. 看護師コラム
  3. ≫看護師にとって働きやすい職場の条件とは?

看護師にとって働きやすい職場の条件とは?

お給料が良い?残業がない?教育制度がある?あなたにとって譲れない条件は何ですか?
働きやすい職場
誰でも、どんな職業でも、就職するなら働きやすい職場が良いですよね。でも”働きやすい職場”とは、具体的にどんなところなのでしょうか?今回は働きやすいと思う職場について、看護師の目線で掘り下げてみたいと思います。

看護師にとって働きやすい職場ってどんなところ?


お給料が良いところ、通勤に便利なところ、人間関係が良いところ…などなど、働きやすい職場の条件を、看護師ならではの理由と共にまとめました。

自分を取り巻く状況に合った勤務形態である


看護師の勤務形態は、夜勤ありの交替制(2交替・3交替など)、日勤専従、夜勤専従、平日のみ勤務、パート、夜間の電話当直ありなど、働く場所によってさまざまです。家庭やプライベートと両立できるか、体力的には問題ないか、家族の同意があって協力が得られているかなど、自分を取り巻く環境と勤務形態が合っていないと働き続けることが大変です。

業務と給与が見合っている


単にお給料が高いかどうかでなく、業務と給与のバランスに自分が納得できているかどうかが重要です。いくらお給料が高くても、残業が多かったりハードすぎたりすると納得いかないこともあるでしょう。逆にお給料は控えめでも、自分にとって負担が少ない業務なら働きやすいと思うでしょう。

また看護師の業務は、業務開始前の準備や情報収集に時間がかかるため、お給料が発生する始業時間よりもかなり早く出勤するのが当たり前という職場も少なくありません。サービス残業が当たり前のところもあります。このようなことが多いと不満が湧いてきて、働きやすい職場とは言えなくなりますね。

研修や教育制度のようなサポートがある


新しい治療法・薬剤・医療機器など、医学や看護は日々進歩しているため、看護師が学ぶべきことは大量にあります。さらに看護師には、個々の経験年数やレベルに応じた教育が継続的に必要です。精神的に苦しくなることも多く、そちらの面でのサポートも重要です。教育面や精神面のサポートをしてくれる職場では、安心して働くことができます。

ただし、サポートが手厚いと言っても、研修やカンファレンスがサービス残業扱いだったり、休みの日でも出席しなくてはならない風潮があったりすると、マイナスですね。要注意です。

人間関係が良好


人間関係に問題がある職場で働くことは、本当に大変ですよね。これが原因で職場を辞めてしまう方も数知れず…。

一方で仕事内容やお給料に納得していなくても、人間関係が良いからその職場で働き続けるという方もいます。それほど重要な要素です。

通勤に便利


特に交替制勤務や夜勤がある場合、通勤の状況は働きやすさに密接に関係します。夜中の出勤や帰宅は不安ですし、公共交通の便も悪くなるかもしれません。夜勤あけのような睡眠不足の状態で、車などを運転することは危険です。安全面と体力的な負担を考えて、通勤しやすい職場を選びたいところです。

福利厚生が充実している


職員寮など住居関連の支援、子育て支援(託児所を含む)などが充実している職場は、働きやすいと言えるでしょう。特に看護師の場合は、女性が多い職場ということ・不規則な勤務が多いこともあってか、夜遅くまで子供を預けられたり、24時間保育が可能な院内施設がある職場が人気です。

短時間正職員制度がある


勤務時間や家庭との両立の必要性などの理由から、パートとして雇用されている看護師も少なくありません。しかしパートでの雇用だと、十分に福利厚生の恩恵を受けることができなかったり、ボーナスが受給できなかったり、昇給・昇格できない場合もあります。”短時間正職員制度”を導入している職場では、パートのような勤務形態であっても、正職員として雇用してもらうことができるかもしれません。

勤続年数の長い看護師が多い


看護師は転職率が高い職業だと言われています。育児や介護との両立が困難で離職するケースも少なくありませんし、職場内の人間関係のトラブルに巻き込まれたり、労働状況に納得できず転職する方も多いです。

勤続年数が長い看護師が多いというのは、辞めたくない・辞める必要がないということですから、きっと働きやすい職場なのでしょう。ある意味で最高のクチコミ評価とも言えます。

看護師にとって働きやすい条件、そこには看護師ならではの理由があります

看護師にとって働きやすい職場の条件は、一般的な働きやすい職場の条件と基本は同じだといえます。でも、ひとつひとつの条件に、看護師ならではの深い事情が絡んでいます。すべての理想を適えてくれる職場とはなかなか出会えないでしょうけれど、自分にとって譲れないところだけは、しっかりと押さえておきましょう。

著者:看護師ユミ
看護師として数年勤務後、結婚を機に引退。転職経験も数回あります。現在は海外を拠点に生活しています。