1. ホーム
  2. 看護師コラム
  3. ≫眼科で働く看護師について

眼科で働く看護師について

眼科で働く看護師について
業務内容やメリット・デメリットをご紹介します。
眼科の看護師
慌ただしい病院や施設での勤務に心身ともに疲れてしまった、夜勤がない職場で働きたいなどの理由で、眼科で働く看護師に興味を持っている方は少なくないと聞きます。

今回のテーマは眼科看護師の業務内容、働くメリット・デメリットについてです。

眼科看護師の業務内容


眼科と言っても、眼科専門クリニックから総合病院の眼科(外来・入院)、手術施設の有無などによって、業務内容は異なります。ここでは主に眼科外来業務についてまとめていきます。

視力検査、眼圧測定など

眼科看護師の重要な業務の一つです。看護師だけで視力検査などの一部の検査を行います。
眼鏡やコンタクトを使用していて、しばしば眼科に行かれる方はイメージしやすいですね。

医師の介助

他の診療科の外来と同様、医師について診察や処置の介助を行います。
眼科では特殊な器具を使用したり、他の診療科ではないような処置を行うので、専門的な知識が必要となります。

処置や視力矯正器具などの説明

点眼薬や眼軟膏の使用方法、眼鏡・コンタクトレンズといった視力矯正器具の購入方法や使用上の注意の説明などを行います。初めてコンタクトレンズを装着する患者さんの目に、レンズを入れてあげるなんてこともありますね。

手術に関する業務

手術施設がある眼科では、看護師が手術にも関わります。
手術前後の患者さんへの説明、術前処置、術中の医師の介助、術後の観察、手術器具の洗浄や後片づけなど、手術に関する業務全般を担います。

眼科看護師として働くメリット・デメリット

メリットデメリット
眼科看護師の仕事に興味を持たれた方もいらっしゃると思いますので、次は眼科看護師として働くメリット・デメリットについて考えていきましょう。

メリット

◆夜勤がない職場が多い

入院施設がない眼科では、夜勤・当直がないところが多いです。眼科領域は日帰り手術も多いです。
規則的な生活を送れて身体への負担が少なく、子育てもしやすい職場というのは大きな利点ですね。

◆生死に関わることが少ない

看護師は人の命に関わる仕事ですが、眼科は生死に関わるようなことは少ないです。

◆力仕事が少ない

入院施設がある眼科以外は、患者さんに対して日常生活援助を行うことは滅多にありません。一般病棟などの業務で身体を痛めてしまった方でも、眼科外来やクリニックなら、身体を労わりながら看護師として働けるかもしれません。

デメリット

◆専門的なことを覚えなくてはいけない

眼科は専門性が高い分野であるため、眼科勤務経験がない方は眼科看護について一から勉強しなくてはいけないでしょう。最初が大変です。

◆刺激が少ない

最初は大変ですが、慣れてしまえば同じ業務の繰り返しになると思われます。それでも良いなら問題ありませんが、刺激の少ない業務にやりがいを失ってしまう方もいるそうです。

◆一般的な看護技術を使う機会が少ない

眼科の診療は特殊なので、今まで勉強してきた、経験を積んできた看護技術を使う機会が少なくなります。将来的に違う病院や診療科に転職するとき、技術の衰えやブランクを感じるかもしれません。

◆次々患者さんに対応しなくてはいけない

診療科の中でも眼科は特に混雑している印象がありませんか?ひたすら視力検査をこなすだけの日なんてときも、あるかもしれません。

眼科看護師として働く?その前に確認したいこと


眼科で看護師として働く場合、看護師以外の資格は必要ありません。

しかし、ここまで何度もお話していますが、眼科は特に専門性の高い診療科の一つです。メリットもたくさんありますが、自分に合っている業務なのか、長く続けられそうかなど、くれぐれもよく考えてから決めましょう!

著者:看護師ユミ
看護師として数年勤務後、結婚を機に引退。転職経験も数回あります。現在は海外を拠点に生活しています。