1. ホーム
  2. 看護師コラム
  3. ≫健康診断に関わる職場で働く

健康診断に関わる職場で働く

健康診断に関わる職場で働く看護師について
業務内容、メリット・デメリットをまとめました
健康診断
病棟、外来、クリニック、介護施設など、看護師が活躍できる職場はさまざまです。しかしながら、このどれもが合わないという方もいらっしゃると思います。

それでも看護師を続けたい!そんな方に候補の一つとして考えて頂きたいのが、健康診断(健康診査)や検診に関わるお仕事です。

健康診断に関わる職場とは?

具体的にはこんなところです。
  • 健康診断専門の施設(健康管理センター、健康増進センターなど名称は施設によって異なる)
  • 病院の健康診断部門 ※病院から独立している場合と、外来の一部とされている場合があります

健康診断に関わる職場での看護師の業務内容

ここからは、看護師の業務内容をまとめていきます。

診察・検査などの介助

一般の外来やクリニックのように、診察や検査の介助を行います。具体的には身体測定、血圧測定、採血、受診者が事前記入した問診用紙を元にした問診、医師の診察介助などです。病院・施設によっては、心電図や視力測定、聴力測定なども看護師の業務に入っていることもあるようです。

事務作業

意外にも多いのが事務作業です。受診者の個人情報、結果などのデータを入力をします。健康診断では結果が郵送されることが多いため、郵便物の準備などにも関わります。

こういった業務を事務職と協力して処理する病院・施設もあれば、看護師が大半をこなしているところもあります。

受診される方への対応全般

受診当日の案内、検査前後の説明、気分が悪くなったときの対応などをします。
健康診断に来られる方の中には、通院や検査に慣れていない方も多く含まれます。おおまかな検査の流れを把握しておき、質問があれば適切に回答し、受診者の不安を緩和できるようにします。
 
また、団体での健康診断などで混み合うこともよくあるため、診察や検査がスムーズに行われるような配慮が欠かせません。

受診者は(少なくとも健診時点では)健康な方がほとんどで、元気があります。「受けなくてはいけないから、仕方なく仕事を休んできたのに…」「これから予定があるのに…」と長い待ち時間にいら立ち、苦情を言われることもあります。非常に接遇が重要になってきます。

健康診断に関わる職場で働くメリット・デメリット

メリットデメリット

メリット

●夜勤がなく、残業も少なめ

日勤のみ、平日のみの勤務である職場が多いです。急患が入ってくることもないので、残業も少なめと言えるでしょう。

●体力面での負担が少ない

夜勤がなく、力仕事も少なく、ナースコール対応などで走り回ることもありません。デスクワークの割合が多く、病棟勤務と比べたら座っている時間が多いです。

●生死に直接関わるような業務が少ない

主に健康な方が受診されるので、急変があることは稀です。

●受診者と深い関わりをもつことが必須でない

健康診断を受けに来られる方とは、多くても年に一回くらいのお付き合いになるでしょう。そのため、一人一人と十分にコミュニケーションをとり、深く関わっていくことはありません。
患者さんや利用者さんとコミュニケーシをとり、関係を作っていくのが苦手な方にとっては、少し気が楽になる職場かもしれません

デメリット

●接遇が厳しい

メリットの項目でも述べましたが、健康診断を受診する方と看護師との関わりは淡泊で、一回勝負のようなところがあります。一般企業やサービス業と同様で、一度悪い印象を持たれてしまったら挽回する余地がない可能性が高いです。
そういう意味では、病棟や外来以上に接遇が重要になります。入院・通院患者さんからは「親しみやすい」と思われる態度でも、健診受診者からは「馴れ馴れしい」と思われてクレームに繋がる…なんてこともありますからね。

●やりがいがないと感じることがある

患者さんが回復するところも見られませんし、感謝されることも少なく、単調な業務が多いため、やりがいを感じないという意見もあります。走り回るくらい忙しい職場が好きな方、変化の多い職場を求める方、事務作業が嫌いな方には合わないかもしれませんね。

●給与額は控えめ

夜勤がなく、残業手当も期待できないので、夜勤ありの病棟勤務などの看護師と比べると、どうしても給与は少なくなってしまいます。

まとめ

健康診断に関わる職場は、一般病院や介護施設などと一味違う業務でした。

業務内容や勤務形態が原因で、どうにも看護師が合わないとお悩みの方。ここなら自分に合った働き方ができるかもしれません。

著者:看護師ユミ
看護師として数年勤務後、結婚を機に引退。転職経験も数回あります。現在は海外を拠点に生活しています。