1. ホーム
  2. 看護師コラム
  3. ≫美容系のクリニックで働いてみたい?お給料が良いって本当?

美容系のクリニックで働いてみたい?お給料が良いって本当?

気になる美容系クリニック勤務のメリット・デメリット。こんな人は向いている?!
美容系クリニック
何年か看護師として働いていると、一度は多くの方が美容系のクリニック、つまり美容形成外科(美容外科)や美容皮膚科などへの転職を考えたことがあるのではないでしょうか?お給料が良い、体力的にはハードではないという噂や、どこか華やかなイメージもありますよね。

そこで今回は、美容系のクリニックで働くことについて、メリットやデメリットをまとめていきたいと思います。

美容系のクリニックとは?


美容整形、ニキビ跡・シミ・そばかすなどの皮膚のお悩みの治療、ケロイドや傷跡を消す、ワキガ治療、医療脱毛などを行っています。皮膚科・アレルギー科・婦人科などに併設されている場合もあります。

医療保険が適応される疾患・トラブルもありますが、適応されないものも多いです。治療法や術式などによって、保険適応の可否がわかれるケースもあります。

美容系クリニックで働くメリット


お給料が良い


看護師の日勤のみ・夜勤なしの仕事は、夜勤ありの場合と比較して給与が少ない傾向があります。夜勤ありから夜勤なしの仕事に転職すると、しばしば収入のギャップに悩まされることもあります。

しかし美容系は、夜勤がなくてもお給料が高めのところが多いことが特徴です。夜勤ありの職場から転職したとしても、金銭的なダメージは少ないかもしれません。さらに、新規患者を紹介することによって、紹介手当がもらえるような制度を導入しているクリニックもあるようです。

急変・急患が少ない


基本は健康な人が患者さんとして来院します。一般病院と比較すると急変は少ないはずです。予約制のクリニックが多く、常に急患が飛び込んでくるわけでもないので、大掛かりな手術があるとき以外は残業も少ないでしょう。

しかしながら、美容整形の手術を受けた方が急変し、亡くなってしまったというニュースも聞かれます。絶対、急変がないというわけではありません。

立地が良く通勤に便利


美容系のクリニックは、集客を図るために公共交通機関の近くや、交通の便が良い場所に設置されやすいです。患者さんはもちろん、スタッフにとっても通いやすいということです。

美容系クリニックで働くデメリット


基礎看護技術や看護スキルが低下


特殊な診療科であるため、一般的な看護技術やアセスメントスキルなどが低下する可能性があります。

長く美容系クリニックで働いていると、一般の病院に戻りにくい


美容系クリニックに限ったことではありませんが、特殊な診療科で長く働いていると、他の一般的な診療科に移りにくくなるようです。ただし、美容系のスキルは向上していくでしょうから、ずっと美容業界で働いていくなら問題はないでしょう。

また、収入が少なくなってしまうことを恐れて、ずっと美容業界で働く方もいるそうです。

勧誘や営業も必要かもしれない


少し前述しましたが、新規患者の紹介をすると手当が出るクリニックがあります。職場によっては、勧誘のノルマがあるでしょう。勧誘や営業に抵抗がある方にとっては、働きにくい職場になるかもしれません。

こんな方は美容系クリニック向き!


メリットとデメリットを統合して、どんな方が美容系クリニックで働くことに向いているのか考えてみました。

とにかく美容に関心がある方


自分の興味がある分野で働くことができれば、多少辛いことがあってもめげずに頑張れるものです。美容に特別関心がある方は、その点で向いていると言えるでしょう。

接客や営業が得意


美容系のクリニックに来院されるのは、”患者さま”というよりは”お客さま”のイメージです。一般の病院やクリニック以上に、接遇が重視されます。
繰り返しになりますが、営業や勧誘をしなくてはいけないかもしれないので、そういったことをこなせる方が向いているでしょう。

以上、ちょっと気になる美容系クリニックについてでした!

著者:看護師ユミ
看護師として数年勤務後、結婚を機に引退。転職経験も数回あります。現在は海外を拠点に生活しています。