1. ホーム
  2. 介護の職場
  3. ≫病院で介護福祉士は必要なの?

病院で介護福祉士は必要なの?

病院では高齢者・障がい者・健常者と様々な患者に関わることができます

病院介護士

介護士の仕事場というと、高齢者や障がい者の介護施設が主な仕事場です。あまり一般的ではないのですが、大きな病院ですと「看護助手」として介護福祉士を募集している所もあります。

病院で看護師と違うエプロンをつけている人がいるカモ。病院の患者さんにも高齢者や障がい者はいるわけだから、そういった患者の日常生活の介護を行うのが仕事カモ

看護師は医者から指示された医療行為と日常生活介護も行いますが、大きい病院となると患者も多くなってしまい日常生活介護まで手が回らないことが多いです。その看護師の補助をするのが介護福祉士の仕事です。
病院ではどんな仕事があるのか、詳しく説明しましょう。

基本的な仕事は施設と一緒ですが、優先順位が違う

看護師が医療行為と介護を行えるのは冒頭でもお話ししましたが、では、介護福祉士は?というと、介護福祉士はもちろん介護しか行えません。オムツ交換・トイレ介助・食事介助・入浴介助など、施設と仕事は大きく変わりません。

では、何が違うのか。それは、患者がその場で受ける事柄の優先順位が違います。施設では生活を送ることを主としていますので、生活が優先されます。病院では患者は治療に来ていますので、医療が何より優先されます。ここが施設と病院の大きな差です。

たとえば、施設に入居している糖尿病の利用者が、「面会に来た孫が買ってきてくれたお菓子を一緒に食べたい」と言いました。折角お孫さんが持ってきてくれたお菓子だし、少しならいいですよ。という答えになることが施設では多いと思います。

では、病院はいかがでしょうか。糖尿病はあるけれど違う病気で入院しています。血糖値は安定しているけれど、食事は糖尿病食、お菓子の差し入れは殆どの場合はNGです。病院は治療する場なので、病院に入院して病気が悪化してはいけないからです。

ですので、このような場合に病院で務めている介護士が「ちょっとだけなら…」という判断は絶対に下せません。すべて看護師・医師に通して許可がなければいけません。長い病院生活でちょっと位いいのでは?とお思いの方は、病院勤めは難しいです。

介護士は、あくまで看護助手として動くので看護師に指示されていない事柄はほぼ行えません。介護士の判断で行って、何かあってからでは遅いからです。

利用者の気持ち・生活を優先する施設との大きな違いが、病院にあります。また、高齢者だけでなく、若い患者や障がい者を相手にすることもありますので、幅広い知識が必要です。

病院には治療にきている患者ばかりだから、施設のような自由な介護は出来ないカモ。でも患者の日常のお世話をするわけだから、患者の一番近くにいるのはやっぱり介護福祉士カモね

夜勤や勤務形態・お給料はどう違うの?

病院勤務なので、日勤の他に夜勤はあります。病院特有の勤務「準夜勤」という勤務もあります。
夜勤は大体ワンフロアーで介護職が1人の所が多いですが、他に看護師もいますので施設の1人夜勤に比べて休憩時間はしっかりと取れます。また、医療の専門職がいますので、気持ち的には安心ですね。
補足ですが給料は施設とほとんど変わらないです。月に4回夜勤があっても、15~16万円の所がほとんどです。

夜勤があったり、お給料の値段が一緒だったり、あんまり施設と待遇が変わらないかなと思うけど、休憩がしっかりとれるのは施設との大きな違いカモ。休憩がとれるかとれないかで仕事に対するモチベーションが変わってくるカモね

病院で介護士が働くメリットは?

前記の通り病院で出来る介護は限られており、自分の思うような介護が行えません。介護福祉士にとってのメリットが少ないように思われますが、メリットはあります。看護助手として働きながら、看護師を目指す人も少なくありません。施設では医療といっても高齢者のみな為知識は偏りがちですが、病院では老若男女の患者がおり、急性期・回復期・ターミナル期と様々な事例が見られます。傍には日々医療業務を行う医師や看護師も常にいます。働きながら学ぶのには最適な環境でしょう。

また、高齢者施設は高齢者がいなければ続けられませんが、病院には常に沢山の患者がいますので、将来の心配をする必要はありません。介護福祉士がいれば看護師も医師も医療に専念できますので、病院にとっては必要な職種でもあります。

10年後には高齢者が一気に増えるけれど、そのあとは減っていく一方カモ。その後のことを考えて他の資格を取っておくのもいいし、若いうちから施設と違う、病院っていう独特の環境に慣れておくのもいいカモね

介護福祉士はあくまで医療職の補助ですが、必要とされる仕事

病院で働く介護福祉士はまだあまりメジャーではありません。求人もポツポツとは出ていますが、介護福祉士というと介護施設の求人が多く、その中に埋もれてしまいがちです。また、医療現場という介護福祉士にはアウェーな場所での仕事ですから、嫌厭する人が多いです。
ですが、大きな病院で沢山の患者に対し、看護師が医療に専念するには補助として必要な人手です。介護方法にある程度制限はかかってしまいますが、その中でいかに患者と向き合い、小さな情報も見落とさない介護福祉士になれば医療職からも頼りにされる存在になることも出来ますね。

介護ランキング
紹介スピードに自信あり

メドフィット 介護求人.com

スピード:最短3日での入職を実現。エージェントが足で集めた貴重な情報も豊富
成功実績:転職成功者たちの成功レポートをプレゼント
ランク・無資格OK:仕事復帰のママさん介護士さんを応援。無資格でも安心のサポート体制も魅力

 

転職エージェントととしても有名なメドフィットの介護士転職専門エージェント。実績あるエージェントなので任せて安心。スピード対応なので早く転職したい人にはおすすめです。
詳細を見る公式サイトはこちら
日本最大級の看護師求人サイト!ディップの看護師転職支援!

スマイルSUPPORT

首都圏求人:全首都圏の求人は業界最大級。
コンサルタント:専任コンサルタントがしっかりサポート。スムーズな流れでの転職活動が可能
紹介予定派遣:派遣社員からスタートして正社員を目指す転職

 

首都圏の介護転職サポートにおすすめのスマイルSUPPORT。豊富な求人と的確なサポート力で人気です。もちろん全国にも対応。
詳細を見る公式サイトはこちら
介護資格が無料で取得できる

かいご畑

介護資格無料:キャリアアップ応援制度を利用して無料で介護資格が取得可能
未経験OK:資格無料なので介護業職未経験の方に人気
アフターフォロー:入職後も安心のサポート体制で未経験の方におすすめ

 

介護資格が無料で取得できるので未経験や無資格の方におすすめの介護士転職エージェント。
詳細を見る公式サイトはこちら

>>ランキングをもっと見る