1. ホーム
  2. 介護の職場
  3. ≫病院と施設では介護士として違いはある?

病院と施設では介護士として違いはある?

介護士として働くには、様々場所で働くことが可能です。例えば介護と言えば、介護施設となりますが、介護施設以外にも病院でも介護士として働くことが可能です。では病院で働く介護士の待遇や働き方はどういったものになるのでしょうか。

病院と施設の違い

病院と介護施設での介護職の違いについて

病院と介護施設の違いには、まず、施設の目的の違いがあります。病院は「治療の場」であり、介護施設は「生活の場」である所が違います。ですから、介護士として働くことでも違いがあります。

病院は治療の場となる為、医療スタッフが主に従事してその補佐的な役割となります。一方、介護施設については生活の場となる為、介護士が主体により良く日常を過ごす為に介助や介護支援を行うことになります。

病院での介護士は看護助手といったものになり、あくまで、看護師の指示に従って仕事を行います。病院によって仕事の内容に違いがありますが、基本的な排泄、入浴介護、食事介護でとなります。医療の現場ですので医療職が中心となります。

介護は治療行為が行えませんのであくまでも患者の方の動作などのサポートと看護師の補助的な仕事を担うことになる為、看護師との意思疎通が大切となります。介護施設での介護士の役割についですが、入居型と通所型で違いはありますが、あくまで生活の一部としての介護ですので、より良い日常を送る為といった考え方になります。

職場でも介護士の割合が多く介護士が中心として業務が行われます。しかし医療職としての看護師との連携も大切で体調急変などの場合は看護師と協力して対処する必要性があります。

病院は「治療」介護士施設は「生活の場」といった基本的な考え方の違いが介護士の役割などに違いといったところに反映するのカモ。

ツクイPR

病院と介護施設の待遇の違いについて

病院について介護職は看護助手といった扱いの所と独立した介護士として扱われるとことなど様々です。病院に独自の福利厚生の制度を利用できる場合もあります。病院での介護士としては、介護士としての実務経験に入らない場合があるので注意が必要となります。

病院で勤務の場合は医療職でない為将来的なキャリアアップがない場合があり、現状の現場職になってしまうことがあります。しかし、介護の現場ではない医療現場で経験が体現できる部分もあるかもしれません。

介護施設については、勤務内容、施設によって待遇が違ってきます。正社員やパートタイム、嘱託などがあります。基本的に忙しく、給与が安いといったイメージが多いのですが、経験次第でユニット長や施設長といった役職となれる可能性があり、キャリアアップが可能です。またケアマネージャーといった仕事にもキャリア転換できる可能性もあります。

病院独自の福利厚生が利用できることなどを考えて介護施設よりも待遇がいい面もありますが将来性を考えるとどちらが良いかは自分次第の所があるのカモ。

あなたはどちら?病院介護それとも施設介護?

介護士として働く仕事は様々あり、在宅、施設、病院などがあります。どれでは、病院での介護士がどんなタイプの人がいいのでしょうか。病院ではあくまで「治療の場」であるため、医療職の看護師の指示に従って動くことが必要とされます。

その為、正確に指示を受け取り確認して迅速に対応するといったことが必要とされます。ですから、看護師とのコミュニケーションが大切な職場と言えるでしょう。介護施設と比較すると、介護のみに特化しる部分も多い為仕事的に単調になる部分もあります。

また介護以外に看護師の補佐的な作業もありますのでそういった部分であくまでも、看護師の補佐の役割が強くなります。介護施設での介護士の場合は「生活の場」としての介護といった所で介護士が主体で日常の業務が運営されるため、介助や介護以外に日常の生活で楽しめる行事やレクリエーションなども行われます。

また一緒に配膳などもある場合もあり、介護以外の仕事もあり、自主的動く部分も必要とされます。介護士同士のコミュニケーションが必要とされます。自分でレクレーションを考える必要があるのが楽しめる人は向いているかもしれません。

病院では看護師とのコミュニケーションが大切で施設では介護士同士のコミュニケーションが大切なのカモ。

病院と施設の介護士の待遇の違いのまとめ

病院での介護士として働く場合病院独自の福利厚生が利用できる部分がある場合や施設と比較して給与的に待遇がいい場合もあります。しかしあくまで病院は医療の場ですので介護士は医療職ではない為将来的な昇進といった部分で不安があるかもしれません。

一方施設についての介護士については、病院と比較して給与的に少ない部分もありますが、将来的なキャリアアップができる部分が大きいかもしれません。例えば施設によっては、入所型の施設や訪問型の施設があり色々な環境で介護経験ができる可能性もあります。

病院と施設のどちらがいいかは考え方によりますので、病院で指示に従ってて介護を行う方が良いか自分で自主的に動く方が良いのかといった所を考えて勤務すると良いのではないでしょうか。

病院には施設で経験できない医療現場の様々な医療職の交流があるのカモ。

現場レポート

実際に病院で働く介護士の状況はどうでしょうか、知り合いに聞いた話

私の知り合いは病院で清掃の仕事をしているのですが、清掃の仕事は看護助手の方の指示を直接受けるようで、かなり厳しい口調が多いとのことです。理由としては、看護助手の人は仕事の指示を看護師から受けるのですが、看護師と仲といったものに問題があるようです。

やはり上の立場である看護師が偉くなってるので看護助手の人に対しては厳しい口調での対応となるようで、よく看護助手の人が愚痴を言っているようです。もちろんすべての病院でそういったことがあるとは思いませんし、全ての人がそうだとも思いませがそういた傾向がより強くあるのは医療現場である以上仕方がない部分でもあります。

ですから逆に介護施設で看護師が働く場合のギャップにつながってくるようにも思えます。もちろん個人の考え方の大きくありますので一概に言えませんが。病院ではそういった立場の差が明確になっているのは明らかなのかもしれません。

カモ病院での介護の仕事に興味のある方はコチラ

ツクイPR