1. ホーム
  2. 介護の職場
  3. ≫訪問介護は、利用者の自宅が仕事場です。

訪問介護は、利用者の自宅が仕事場です。

職員に求められるのは対応力・柔軟性・介護スキル

訪問介護

訪問介護といえば名前の通り「自宅に職員が訪問し、利用者へ介護を提供する」事業所です。
この訪問介護を利用する高齢者にはどんな方がいるでしょうか。
「施設に入所するまではいかないけれど、少しだけ生活するのにお手伝いが必要な独居高齢者・高齢者夫婦。家族が自宅での介護を望んでいるけれど、仕事で日中あけてしまうから様子を見に来てほしい、そんな人カモ」
1日の生活の一部を手伝ってもらいながら自宅での生活を続けたい高齢者が、この訪問介護事業所を利用しています。では、訪問介護では利用者にどんな介護を提供するのか、どんな事ができるのか、どう働くのかを説明いたします。

仕事内容は大きく分けて「身体介護」「生活支援」の二つ

訪問した職員は、利用者や家族の希望された介護を行いますが、介護にも身体介護と生活支援があります。身体介護と生活支援の内容を詳しく説明します。

身体介護

食事介助・排泄介助・入浴介助など利用者の体に関わることが中心になります。施設で働いたことがある人であれば、行ったことある人ばかりだと思いますが、施設で行う介護と自宅で行う介護には大きな違いがあります。
家の中を移動するにあたっても手すりをつけている家は少なく必要最低限です。狭い自宅では車いすを使っての移動が難しい家が多く、少しの移動も大変です。お風呂やトイレも同様です。また、おむつ交換・清拭・ベッド上での洗面など重度の介護を必要とする利用者もいます。この場合施設と違い必要物品は必ずしも揃ってはいません。自宅にあるものを上手に利用し、手早く行わなければいけませんので介護のスキルが求められます。
手すりがなければ箪笥や椅子・机を上手に使って誘導しますし、排泄時に体が汚れてしまえば自宅のタオルを使って清拭を行ったり、バケツなどを利用し部分浴を行います。このような判断を、その場その場で臨機応変に対応していきますので、対応の柔軟性も求められます。

生活支援

利用者の生活上に必要な支援なので食事を作ったり、掃除をしたり、買い物へ行ったりと家事を中心に行います。利用者と一緒に行うこともあれば、職員一人で行うこともあります。これは利用者の身体状況や家族の希望によって異なります。
生活支援は基本的に利用者本人に関わることのみに限られています。利用者の買い物・衣類整理・居室の掃除・洗濯は出来ますが、家族との共用部分の掃除・家族の分を含めた食事の買い物・家族の洗濯物などはNGです。あくまで職員は利用者の支援を行いに訪問するわけですから、家族のことは行えません。
また、利用者に関わることでも、ペットの世話や庭の草むしり、窓の掃除などは行えないことになっています。支援の内容に制限があるので、働く場合は必ず行っていけないことを確認しておく必要があります。
また、自宅がとても綺麗であっても希望されれば掃除を行わなければいけませんし、足の踏み場がなくても利用者が落ち着くと言われれば掃除は出来ません。あくまで他人の自宅に上がって行う支援なので、何をするにしても利用者や家族の了承がいります。

訪問介護で働くメリットは、1対1で利用者の希望を聞き応えることが出来る、利用者の好みが把握しやすい、臨機応変な対応方法が身につくことです。
その反対にデメリットもあります。利用者に関わる時間が限られていることや、常に個人で動くので介護スキルの上達がなかなか難しいこと。また、家族や利用者と折り合いが悪くても訪問しなければいけない、家庭内部の事情を嫌でも目にしなければいけないこともあります。
しかし、このメリット・デメリットは職員個人の考え方で変わってくることですので、決して一概には言えません。

生活支援の行ってはいけないことっていうのは、訪問介護で働いていないとよくわからないことだから、初めて訪問介護で働く場合には、きちんと仕事内容を確認しておいたほうがいいカモ

時間を有効活用できる勤務形態もあります

正社員ですと、勤務時間は日勤で縛りがありますが、パートになってくると様々な時間で働くことが出来ます。事業所の方針によっても異なりますが、利用者宅へ直行・直帰が許される事業所もあります。
また、現在は夜間対応型訪問介護という種類もあります。訪問介護が必ずしも日勤だけというわけではないということを頭に入れておく必要があります。

時間の縛りがあるけど、逆に言えばパートで数時間指定でも働きやすいってことカモ。家庭がある人で2~3時間なら働ける。でも施設でその短時間のパートは難しい所が多いはずだから、訪問介護なら時間を有効活用できるカモね

1対1の寄り添う介護がしたいという人にお勧め

施設などでバタバタした空間が嫌になってしまい、ゆっくりと寄り添った介護がしたい、職員間の関係が嫌になってしまって他の職員と関わらない所で働きたいと思っている人もいると思います。訪問介護は利用者の自宅が仕事場ですので、他の利用者もいなければ、他の職員もいません。ゆっくりとした介護が提供できますから、自身の理念に基づいた介護もしやすいですね。
しかし、時間の縛りもありますので、時間にルーズな人や、これだけはやらないと気がすまない、という几帳面な人には難しい仕事場かもしれません。

他の職員や利用者がいない分利用者一人に集中できる仕事だから、大勢を相手にするのが苦手な人にはいいカモ。でも、一人で1日受け持つ仕事が多いと時間も圧迫されていくから、1日の訪問数がどれ位なのかはしっかりと確認しておいたほうがいいカモ

入所施設と同じ位の需要がある訪問介護

介護が必要になる高齢者が10年後、一気に増えていきます。その中で施設が足らず自宅で入所待機をする場合に利用するのは訪問介護です。家族が送迎する必要もなく、自宅で待っていれば来てくれるサービスなので、使いやすく利用者はどんどん増えていきます。
訪問介護に必要な柔軟性・対応力は実践で身に着けるのが一番早いです。現在施設で働いている人で、介護スキルがある程度身についてきた人は次のステップとして訪問介護にチャレンジしてみるのもいいでしょう。