1. ホーム
  2. 介護の職場
  3. ≫デイサービスに通う目的とは

デイサービスに通う目的とは

日々の生活援助だけではない、利用者の「楽しみ」を作る現場

デイサービス

「○○のおばあちゃんがデイサービスに行き始めたみたい」なんて言葉を、親や近所の人から耳にしたり、高齢者同士の会話にも「デイサービス」という言葉がよく出るようになってきました。

高齢者福祉サービスの中でも一般的になってきた「デイサービス」ですが、どんなサービスが提供されているのか、ご存じでしょうか?

デイサービスは、高齢者がお昼間の時間だけ施設に通って、食事やお風呂などのサービスを受ける所カモ。でもそれだけでは高齢者は通う楽しみがないから、高齢者をいかに楽しませるかが重要カモ

デイサービスって…?

デイサービス概要

デイサービスの概念

利用者が自宅から施設に通い、レクリエーションを受けながら、食事や入浴などの生活援助を受ける事のできるサービス

デイサービスは、体が不自由になってきて自宅に引きこもりがちな高齢者に「通う楽しみ」を提供して、外出する機会、体を動かす機会、社会と繋がる機会を作ります。

利用者は軽度から重度と様々で、ほぼ自立している利用者もいれば認知症がある利用者、寝たきりの利用者もいます。食事にしても自分で食べられる方、介助が必要な方。入浴にしても自分で入浴される方、リフト浴を使って入浴される方と、様々な対応が求められます。

また身体介護だけでなく、「通う楽しみ」である、レクリエーションの工夫も大事です。

利用者本人が希望してデイサービスに通う方はほんのわずかです。大体が介護者の休息や仕事のため、という理由で通われています。なので、デイサービスに通い始めた時は「どうして私がこんな所にこなきゃいけないの」「家にいたい」という方も多くみえます。

そんな利用者に、嫌々ではなく「デイサービスに通いたい」「デイサービスに行くのが楽しみ」と思ってもらえるような環境作りも介護職の仕事の一つカモ!

デイサービスの利用開始までの流れについて

デイサービス利用の目的

デイサービスご利用の目的については1人1人違ってきますが、大抵の場合は、自立した生活を送る為です。家の中でじっと過ごすことで、あまり動くことがない生活をしてしまうケースが多くあります。デイサービスを利用する事は、大きく分けて下記2つのメリットに繋がります。

  • 生活リズムを作る
  • 他の人と接することで刺激を与える

デイサービスは、介護保険などを利用して、ケアマネージャーのケアプランによって、利用することになるカモ。利用開始までの流れについて少し説明するね!

利用開始までの流れ

  1. 利用目的など、家族の方やご本人を交えて話し合う
  2. ケアマネージャーがプランを立てる
  3. 個人の目標や希望、好みを考慮し、実際に見学をしてもらう
  4. 体験利用をし、デイサービスとはどういった所かを知ってもらう
  5. 本利用(一般的利用の開始)

※利用開始後、目的あっているか等を確認して、利用の時間や日数を調整していく事も重要です。

デイサービスについては、最近色々な種類があり、短時間利用可能な身体回復メインのデイや良く催し物があるディ等、施設によって特徴があるカモ。

デイサービス、1日の流れは?

デイサービスといっても、短時間の利用可能なデイケアなどもあり、各施設特徴がありますが、一般的なデイサービスに1日のおおまかな流れについてご説明しましょう。

利用されるデイサービスによっても違いがありますが、主に、5~7時間の利用と、7~9時間の利用があります。
また、入浴(希望者のみ)、昼食、レクリエーション(製作物作成とゲーム)等をして、おやつを食べて、帰るといった流れになってきます。

タイムスケジュール(あくまで目安です)

時間 流れ
10:00~ 来所
11:00~ 体操(午前入浴)
12:00~ 昼食
13:00~ 休憩:読書:自由時間
13:30~ レクリエーション(みんなで取り組むもの:製作物:ゲーム)
入浴
15:00~ おやつ
15:30~ お帰り前体操
16:00~ 送迎

 

デイサービスはほとんど1日をその施設の中で、入浴や食事そして体操とレクリエーションといったものをして過ごす場所と考えれば基本的にはあっているのカモ。ただ、施設によって、特色があるので、実際Mに確認するのがいいのカモ。

デイサービスについては、曜日によって外部からボランティアが来て、手芸や音楽療法、健康体操といったものがプログラムされている場合もあります。また、季節の催事や、ドライブ等が年間のイベントとして組み込まれている場合もあります。

利用される施設によって利用者の数も違いますので、それに対応する職員の人数も違いがあります。
入浴につても、大きな施設であれば、一度に複数の利用者を入浴させる事が出来る為、午前と午後に分けて入浴を行っていきます。また機械を使用しての入浴もある為、歩行の悪い方や車いす利用の方でも入浴が無理なくできます。(小さくて家庭的な施設の場合は難しい時があります。)

様々な工夫が大切!利用者を楽しませるレクリエーション

レクリエーション

利用者のデイサービスでの楽しみというと「レクリエーション」が主です。では、どんなレクリエーションがあるのか、デイサービスによって違うサービスはあるのかを説明しましょう。

デイサービスによっては、全体レクリエーションだけではなく、利用者が自分で選んで参加する「クラブ活動」を実施している所もあります。外出支援を目的としたレクリエーションを行う所もあります。喫茶店が併設されていたり、売店が併設されていたり、季節ごとの行事に力を入れているデイサービスもあります。

今はデイサービスも多く、いかに利用者を増やしていくかを切磋琢磨していますので、介護だけではなくレクリエーションを企画していくのが好きな方にはおすすめな仕事ですね。

毎日ご飯を食べてお風呂に入るだけのサービスに行くのはつまらないカモ。誰だって、外に行く楽しみは欲しいカモ。


家族も嫌々デイサービスに行かれるよりは「今日も楽しみ」と行ってもらう方が、「預けている」罪悪感が減るカモ。利用者のためだけのサービスじゃなくて、介護者のためのサービスでもあるカモ。

近日、喜んでもらえたクリエーションについて口コミ追加予定!

カモどんな種類がある?レクリエーションに関する記事はコチラ

デイサービスってお昼のお仕事だけ?

昼間の仕事

デイサービスと聞くと、やはり昼間施設に通って夕方帰るイメージが強いと思います。実際昼間だけのデイサービスは多く、仕事も昼間だけという利点で子供がいる主婦でも働けます。

カモ夜勤がない介護の職場についてはコチラの記事も…

ですが、今「お泊りデイサービス」というサービスも出てきています。

お泊りデイサービスとは…

通いなれたデイサービスセンターで宿泊をするというサービスなので、環境が変わらずいつもの職員で対応してもらえるので利用者の混乱もなく、落ち着いて宿泊出来るメリットがあります。

このサービスがある通所施設に勤務すると、もちろん夜勤はつきものになってきてしまいます。

ですが、こちらの「お泊り」は介護報酬が出ず、施設ごとの自主サービスです。デイサービスの求人を「昼間だけだから」と探す方は、この「お泊りサービス」を導入しているかどうかをきちんと調べておく必要があります。

今は小規模多機能っていう「通い」「泊まり」「訪問」をワンセットにしているサービスもあるし、このお泊りデイサービスがどこまで普及していくかわからないカモ。今はまだ少ないみたいだけど、今後は増えていくかもしれないからデイサービスで日勤だけを探す人は注意が必要カモ

カモ他にもこんなデイサービスも…「ナイトデイサービス」

デイサービスと一言でいっても種類は様々!

一言にデイサービスといっても、一日50名以上が通う大規模型、20~40名の中規模、10名以下の民家型、リハビリに力を入れているリハビリ型、認知症の方限定の認知症対応型と、沢山の種類があります。

大規模~中規模型デイサービス

たくさんの利用者と関わって自分のスキルを上げたい人におすすめ

民家型デイサービス

ゆっくりと利用者と関わっていきたい人におすすめ

リハビリ型デイサービス

利用者が元気になっていくお手伝いをしたい人におすすめ

認知症対応型デイサービス

認知症を学んでいきたい人におすすめ

自分の目指す形に沿った働く施設を選べるのは、種類が多いデイサービスならではでカモ!

しかし、規模が小さいからといって利用者が絶対に少ないわけではありません。例えば10名規模のデイサービスだからといって、利用者が必ずしも10名というわけではありません。例えば30名いる利用者が、月曜日と木曜日に10名、火曜日と金曜日に10名、水曜日と土曜日に10名と日々入れ替わっていく状況ですので、実際はかなりの人数を対象にするので、入れ替わりが激しい所は向いてないと思う方には、難しい現場かもしれません。

中には週1日しか通わない利用者もいるカモ。規模=利用者の総数ではないから、覚えることは一杯カモ。利用者が少ないから大丈夫かな、と思っている人には要注意カモね

沢山の要望に応える「対応力」が試されます

デイサービス対応力

サービスをあれこれと企画して、利用者がこんな所なら通いたいと思えるようなサービスを作っていく事も、デイサービスの介護職としての務めです。

利用者とコミュニケーションをとるのが好き、レクリエーションを考えるのが好き、何より利用者が楽しいと思う現場を作りたいという方は、一度デイサービスを経験してみるのはいかがでしょうか。

ランキングへ

カモデイ以外にどんな職場があるの?と思う方はコチラ

介護士も知っておきたい!デイサービスを利用するメリット・デメリット

デイサービスを利用するメリット

  • 在宅で過ごす上で社交の場ができ、活動の幅が広がる
  • 在宅では難しい入浴をすることができる
  • 規則正しい生活で、日常のリズムができる
  • 家族の負担軽減効果がある
  • 客観的に健康管理ができる

デイサービスを利用するデメリット

  • 介護保険利用しているが費用がかかる
  • 介護保険を利用することで、他のサービスとの調整が必要になることがある

デメリットとして、費用面と介護保険の限度枠で利用した際は、他サービスとの調整について考えなければならないといった点があげられます。でも、それ以上のメリットがあるカモ。

やはり、一番のメリットは、利用者の方の自立した生活を維持できる事です。

デイサーサービスを利用する事で、日常的な生活リズムが出来てきます。在宅で動かないでじっとしているといった事がなく、身体機能の維持といった効果にも大きく働きかけます。

また、他の人とあって話たり楽しみを持つ事で、精神的な充足感を味わう事ができます。コレによって、不安な気持ちが安定するといった事も多くあります。

さらに、利用される本人以外にも、家族の方の負担軽減効果といった大きい役割があります。24時間、一緒に暮らす事によるストレス等が家族の方にもある為、こういったデイサースに行っている時間が、家族の方の休息の時間になる事になります。またこの時間を、同じような環境で介護をしている家族との交流にも利用できます。

デイサービスは利用者の方の生活向上の目的以外に、家族の方にとっても必要なものなのカモ。

デイサービスについてのまとめ

高齢者の方が自分の住み慣れた所で自分らしく暮らしていく為の目的や社交の場としてのデイサービスですが、心のゆとり以外にも身体機能の維持、そして、精神的な不安の解消といった役割も大きくあります。

デイサービスに通う事で、血圧や体温などのバイタルチェックを行いますので、体調について本人が分からない事は忙しい家族の方で気が付かない事でもデイサービスを利用する事で早期発見することができます。

また、家族の方にとっても大切なものです。家族とずっと24時間過ごす事でお互いにストレスを感じてしまい、関係性が悪化する事から、病気などが進む事があります。こういった家族の方のストレスを減らす意味でもデイサービスの利用はあります。

高齢者の方がデイサービスに通っている間に、必要とされる所に出かけることができます。それからその時間の一部で休息をとったりすることができます。

高齢者の方の健康維持と精神的安定と社会との窓口といった役割と、家族の方に対しての相談や休息といった意味でデイサービスはひとつの理由だけではなくいくつかの理由で利用されています。

またこういった公的サービスを利用する事で、ちょっとした介護などについての相談も気軽にできるといったことがあるでしょう。
デーサービと言えば高齢者の社交の場所といった感じと思われがちですが、それ以外の事についても気軽に職員などに質問することで、知らないサービスを知る事ができ、ケアマネージャーの方にも報告があるので、積極的に取り入れることで高齢者の方の生活の質の向上以外の効果といったものがあるのではないでしょうか。

デイサービスも色々あるので利用の際は見学や体験を行って自分にあったデイサービスを利用すると良いカモ。また、デイサービスも1か所以外の複数の利用も可能ですので相談してみると良いカモ。

現場レポート

デイサービスに勤務していて利用の仕方や思う事について紹介しましょう。

デイサービスといっても施設によっても希望も違うし、その施設の考え方によってプログラム的なものについても違いがあります。

専門の音楽療法士の方が来られて行われる音楽療法は楽しいのですので、無理なく、唄を通して、顔の体操や空間認識、他の方との社会性や協調性を保つ事などといった様子が数多く含まれています。

難しいことを行うことではなく、楽しさや懐かしを感じながら1時間くらいのプログラムとなりますので、こういたものがあるので、外に出かけるといったお出かけのきっかけになるといった意味もあります。

その他、不定期にコンサートや利用者の方以外に地域の方を含んだイベントといったものがあるので、まずはこういった不定期なイベントの時に様子を見てみることでも良いかもしれません。

デイサービスを利用される方多くの方が利用されているサーボスでは入浴があります。

自宅でお風呂があっても、健康上や気分的に入りたくないといった人が多いからです。こういったデイサービスを利用する事で家では難しい入浴などをする事ができます。入浴することで衛生保持ができる面と共にその時に皮膚や体の様子を見る為、怪我や病気の早期発見につながることがあります。女性であれば、ガンなど(しこり)から発見することもあります。(高齢者の方ですので、ガンであってもその年齢や体力によって処置の方法が違ってくると思いますが)

特に入浴拒否ではお風呂に長い間は入っていない人などにとっては貴重な場所となっているようです。

それから、高齢者の1人暮らしの方の健康維持と確認の場所としての機能があります。1人暮らしになると、食事や水分などの摂取の問題が出る場合があるからです。

それから、1人暮らしの方で自分以外他の人と接することがなく社会性に欠けるといった場合も、まずは、訪問介護で、ヘルパーの方と受け答えに慣れてもらって、次の段階としてのデイサースといった事になるようです。社会性を改善させる事でその他の公共サービスの提供をしやすい状態にする事につなげる重要な役割があります。高齢者の自立した生活には必要な公共サービスの提供があるからです。

そして、1人での暮らしに不安がある場合については入所に向けて社会性を築くといった意味もあります。認知症の高齢者の1人暮らしの方などで、共同生活を送る上での架け橋の場所としてのデイサービスの役割があります。

補足ですがデイサービスでも、お泊りができる所もありますが、1日の滞在時間が夕方までですので、それ以上の場合の延長については施設によっての対応になってくるかもしれません。
デイサービスでも時間帯やショートステイなど事があれば小規模多機能の施設を利用されることがありますが、こういった事についても自分の担当のケアマネージャーとの相談となり、高齢者とその家族の方にどういったサービスを利用するのが一番かといった視点でその時の状況と考え方によって常に変化するものですので難しい所かもしれませんね。