1. ホーム
  2. 介護の職場
  3. ≫デイサービスに通う目的とは

デイサービスに通う目的とは

日々の生活援助だけではない、利用者の「楽しみ」を作る現場

デイサービス

「○○のおばあちゃんがデイサービスに行き始めたみたい」なんて言葉を、親や近所の人から耳にしたり、高齢者同士の会話にも「デイサービス」という言葉がよく出るようになってきました。高齢者福祉サービスの中でも一般的になってきたデイサービスですが、内容はわかりますか。

デイサービスは、高齢者がお昼間の時間だけ施設に通って、食事やお風呂などのサービスを受ける所カモ。でもそれだけでは高齢者は通う楽しみがないから、高齢者をいかに楽しませるかが重要カモ

利用者のデイサービスでの楽しみというとレクリエーション主です。では、どんなレクリエーションがあるのか、デイサービスによって違うサービスはあるのかを説明しましょう。

通うことに意義があるデイサービスに、楽しみをプラスする仕事です

デイサービスの概念は「自宅から施設に通い、レクリエーションを受けながら食事や入浴などの生活援助を受けるサービス」です。体が不自由になってきて自宅にひきこもりがちな高齢者に「通う楽しみ」を提供して、外出する機会、体を動かす機会、社会と繋がる機会を作ります。

利用者は軽度から重度と様々で、ほぼ自立している利用者もいれば認知症がある利用者、寝たきりの利用者もいます。食事にしても自分で食べられる方、介助が必要な方。入浴にしても自分で入浴される方、リフト浴を使って入浴される方と、様々な対応が求められます。

また身体介護だけでなく、「通う楽しみ」である、レクリエーションの工夫も大事です。利用者本人が希望してデイサービスに通う方はほんのわずかです。大体が介護者の休息や仕事のため、という理由で通われています。なので、デイサービスに通い始めた時は「どうして私がこんな所にこなきゃいけないの」「家にいたい」という方も多くみえます。

そんな利用者に、嫌々ではなく「デイサービスに通いたい」「デイサービスに行くのが楽しみ」と思ってもらえるような環境作りも介護職の仕事の一つです。

また、レクリエーションにも様々な工夫があります。デイサービスによっては、全体レクリエーションだけではなく、利用者が自分で選んで参加する「クラブ活動」を実施している所もあります。外出支援を行うレクリエーションを行う所もあります。喫茶店が併設されていたり、売店が併設されていたり、季節ごとの行事に力を入れているデイサービスもあります。

今はデイサービスも多く、いかに利用者を増やしていくかを切磋琢磨していますので、介護だけではなくレクリエーションを企画していくのが好きな方にはおすすめな仕事ですね。

毎日ご飯を食べてお風呂に入るだけのサービスに行くのはつまらないカモ。誰だって、外に行く楽しみは欲しいカモね。家族も嫌々デイサービスに行かれるよりは「今日も楽しみ」と行ってもらう方が、「預けている」罪悪感が減るカモ。利用者のためだけのサービスじゃなくて、介護者のためのサービスでもあるカモね

デイサービスってお昼のお仕事だけ?

デイサービスと聞くと、やはり昼間施設に通って夕方帰るイメージが強いと思います。実際昼間だけのデイサービスは多く、仕事も昼間だけという利点で子供がいる主婦でも働けます。

ですが、今「お泊りデイサービス」というサービスも出てきています。これは、通いなれたデイサービスで宿泊をするというサービスなので、環境が変わらずいつもの職員で対応してもらえるので利用者の混乱もなく、落ち着いて宿泊出来るメリットがあります。このサービスがあるデイサービスに行くと、もちろん夜勤はつきものになってきてしまいます。

ですが、こちらの「お泊り」は介護報酬が出ず、施設ごとの自主サービスです。デイサービスを昼間だけだから、と探す方はこの「お泊り」サービスを導入しているかどうかをきちんと調べておく必要がありますね。

今は小規模多機能っていう「通い」「泊まり」「訪問」をワンセットにしているサービスもあるし、このお泊りデイサービスがどこまで普及していくかわからないカモ。今はまだ少ないみたいだけど、今後は増えていくかもしれないからデイサービスで日勤だけを探す人は注意が必要カモ

大規模、中規模、民家型、リハビリ型、認知症対応型と種類は様々

一言にデイサービスといっても、一日50名以上が通う大規模型、20~40名の中規模、10名以下の民家型、リハビリに力を入れているリハビリ型、認知症がある利用者限定の認知症対応型と、沢山の種類があります。

たくさんの利用者と関わって自分のスキルを上げたい人は大規模~中規模、ゆっくりと利用者と関わっていきたい人は民家型、利用者が元気になっていくお手伝いをしたい人はリハビリ型、認知症を学んでいきたい人は認知症対応型、と自分の目指す場所に沿った施設を選べるのは種類が多いデイサービスならではですね。

しかし、規模が小さいからといって利用者が絶対に少ないわけではありません。例えば10名規模のデイサービスだからといって、利用者が必ずしも10名というわけではありません。例えば30名いる利用者が、月曜日と木曜日に10名、火曜日と金曜日に10名、水曜日と土曜日に10名と日々入れ替わっていく状況ですので、実際はかなりの人数を対象にするので、入れ替わりが激しい所は向いてないと思う方には、難しい現場かもしれません。

利用者の中には1週間に1日しか通わない利用者もいるカモ。規模=利用者の総数ではないから、覚えることは一杯カモ。利用者が少ないから大丈夫かな、と思っている人には要注意カモね

沢山の要望に応える「対応力」が試されます

毎日同じ利用者が通うわけではなく、沢山の利用者が通う場所です。利用者によって要望は様々あります。サービスをあれこれと企画して、利用者がこんな所なら通いたいと思えるようなサービスを作っていくのもデイサービスの介護職としての務めでしょう。

利用者とコミュニケーションをとるのが好き、レクリエーションを考えるのが好き、何より利用者が楽しいと思う現場を作りたいという方は、一度デイサービスを経験してみるのはいかがでしょうか。