1. ホーム
  2. 介護職の悩み
  3. ≫介護試用期間中の退職理由とその流れとは?

介護試用期間中の退職理由とその流れとは?

介護試用期間中の退職理由とは?その後は影響するの?

介護業界に転職した際、働いてみると実際のイメージと異なる場合や、職員対応に問題を感じるため続けることが難しいと判断することもあります。こうした際は早めに退職を試みることも大切です。そこで今回は、試用期間中の退職について、その理由や流れなど詳しくご紹介していきましょう。

介護職として試用期間中で退職する理由とは

介護業界は実際に働いてみると、その実態が明らかになることが多々あります。特にはじめて介護業界へ転職をした場合などは、戸惑いを感じるかもしれません。まずは1~2日ほど様子を伺い、さらに一週間続けてみると、明確な判断ができるようになるでしょう。

主な退職理由とは?

面接時の内容とかけ離れており待遇に納得いかない場合や、職員の対応が人手不足のため新しい人への指導が雑になってしまい何もしえもらえない、と言ったケースはあります。また実際に入社してみると、ブラックな事業所や施設だった場合もあるでしょう。以上のように酷い状態であれば、早めに決断を下して退職を試みることは、決して悪いことではありません。

 
以上のように試用期間中の退職理由には、そのほとんどが事業所や施設と合わず、酷い状態で場合が多いようです。退職時期が早くなるのは悪いことではないので、これ以上自分に負荷をかけることを防ぐためにも退職手続きに踏み入ってみましょう。

試用期間中に退職することについて、早い段階での退職となるため、履歴書に記載をする際に気になってしまうこともあるよね。でも無理してロプ同条件の悪い環境で働き続けた結果、体を壊してしまっては元も子もないので、早めの決断は悪くないカモ。

介護職の試用期間中の退職時の流れについて

そもそも試用期間とは、実際に働いてみて職場の雰囲気を伺う「様子見」といった意味合いで設けられているものです。その期間については事業所や施設によって異なりますが、だいたい1が月~3ヶ月程度でしょう。また労働基準法で規定されている試用期間は、14日間となっています。上記の期間を過ぎてからの場合は、通常通りの退職手続きとなります。※参照1

※参照労基法21条

まず退職の意思を伝える際は、早い段階で直属の上司に相談する必要があります。そのため事業所や施設が設ける「試用期間」であっても、通常の退職と手続きは同じです。たとえ勤務期間が少なくても、一定の手続きが必要とされ、事業所などで借りているものであれば返却する必要もあります。

退職意思を伝えるタイミングも辞める2週間前程度から伝えておきましょう。もしも、事業所から引き止めがあった、シフトが1カ月間で定められている、など言われた場合には改めて話し合いを設けてもらいながら退職日を決めましょう。

退職手続きは、できるたけスムーズに行えることが望ましいよね。そのためには双方の意見を受け取りながら、話し合いで合意できれば、一番トラブルが少ないカモ

試用期間中の退職をする際に確認するべきことはある?

試用期間中の退職については、受理してもらえれば問題ないというわけではありません。そこで退職する際に、不利な状況を作らないためにも、以下の項目を確認しておきましょう。

雇用保険や社会保険など、手続きの確認を行う

企業に就職をすると社会保険に加入します。そこで健康保険も会社側が負担するのですが、退職時には保険証を返却しなければなりません。また喪失証は国民保険に加入時、必要になるので入手しておきましょう。しかし企業によっては、試用期間中の退職を見込んで、保険手続きを行っていない場合もあるようです。以上のようなケースも含めて、しっかりと確認しておきましょう。

給料の支払い確認

介護試用期間中でも働いた分の給料は支払われる義務があります。支払いについて不安を感じている場合は確認しおきましょう。また労働基準法で、従業員から請求された場合は退職から7日以内に賃金を支払うよう決められています。もしも支払いが行われていない場合は、請求することができます。自己都合での退職理由であっても、働いた分の給料をもらう権利はあるので、しっかりと受け取りましょう。

試用期間中の経歴を履歴書に記載することは可能か

次の転職を行う際に、試用期間中についての職歴記載に迷う人は多いのではないでしょうか。しかし試用期間とはいえ、その施設に採用されているのは事実ですので、必ず職歴蘭に記入しましょう。その際に勤務経歴を各層としてしまうと、「経歴詐称」といった場合にもなるので注意しましょう。試用期間中の退職理由は、「一身上の都合」と記載すると良いでしょう。

介護職で試用期間に退職する理由と流れについてのまとめ

介護職で試用期間に退職する理由は、面接時の説明と待遇が異なる場合が、大きな原因と考えられることが追いです。そのため待遇面が改善される見込みがない場合、早めの決断を下すことは決して悪いことではありません。

また「試用期間」での退職は、通常の退職続きと変わらないと考えていいでしょう。「試用期間で勤務時間も少ないからすぐやめてしまってもいい」ということではありません。最低でも退職の意思を伝えるのは、2週間前を目途に考えておきましょう。きちんと直属の上司に意思を伝え退職届を提出し、返却すべきものを渡して、必要な書類を受け取る流れは、試用期間でもそうでない場合でも変わりません。

できれば、たとえ短い期間であったとしても常識的にスムーズに円滑に手続きが出来るように段取りを組んで退職きると良いのではないでしょうか。

たとえ短い期間であってもお互いに合意ができてスムーズに退職できるように常識のある対応を心がけることが大切なのカモ。