1. ホーム
  2. 介護職の悩み
  3. ≫介護士でも五月病はあるのか?

介護士でも五月病はあるのか?

介護士の仕事をしていて、つい疲れてしまうことがあります。特に春先の時期で五月のゴールデンウイーク後位に「五月病」になるケースが多くあります。それでは、介護士の仕事と五月病について原因や対策についてご説明しましょう。

五月病

介護士の五月病の原因とは?

五月病は、新社会人や新入生などが新しい環境の変化に対応できず、5月のゴールデンウイーク明けに、精神的に不調の状態になる症状をいいます。では介護士の場合についても同様にあります。また新人の介護士以外でも「五月病」に陥ることがあります。

ちょうど季節の変わり目の4月の時期で気温の変化も大きい時期になります。こういった時期に体調の変化についていけないことで体調を崩しやすくなります。また4月などは新しい年度のスタートの時期でもあり、入社や移動などで新しい環境でスタートすることが多くなります。

新入社員以外でもベテランの社員でも環境が変わると気持ちの変化も起こります。こういった季節の変化と環境の変化が重なって、五月病といった症状がでてくることになるのです。

4月の段階では新しい環境で頑張ろうといった気持ちがあり、その気持ちでなんとか頑張って仕事をするのですが、特にゴールデンウイークなどの時期などで連休が重なると、今迄頑張ってきた緊張の糸が外れてしまって、頑張れないといったことがきっかけとなることが多くなります。

介護士としては、世間一般的な長期の休みはありませんが、1カ月なんとか頑張ってきたものがちょうど1カ月位で疲れてしまうといった所が多くあります。

「五月病」については、正式な病気の名称ではありません。症状から判断してうつや適応障害に分類されることになります。うつなどの症状は春先などの季節の変わり目などが多い症が状です。気分が重く、やる気が出ない、無気力になる、頭痛、腹痛がする、などといった症状はうつ症状や適応障害と五月病に共通するところなどです。

介護士として働き始めた新社会人や転職組で心機一転といった気分があるのですが、実際に仕事をすることでギャップに出会いこういった五月病になってしまうのカモ。

介護士の五月病対策とは

介護士として働いていると始めは緊張と肉体的な疲労と両方で疲れてしまいます。まず五月病の対策としては、普段からの「休養」がキーポイントとなるでしょう。その日の疲れはその日のうちに解消して次の日に持ち込まないといったことが大切です。

疲れを解消する為にはどういったことが良いでしょうか。

  • 夜はゆっくりとお風呂に入ってリラックスする
  • 寝る前に軽いマッサージを行う
  • 早めに夜はねる
  • 早寝早起きの規則正しい生活をする
  • しっかりと食事を摂る

など、充分に睡眠を摂ること大切でしょう。充分に睡眠を取ることで、精神的にも肉体的にも疲れが取れるからです。

また、休みの日は、仕事の事は忘れて、まずはゆっくりと過ごすこと。体を休める事が第一です。でも家の中でじっとしているとかえって気分が沈むといった時は、天気の良い時は近くを散歩するといったことだけでも気分転換ができます。季節によって違った風景を見る、季節の違いや自然を感じることで、自然に無理なくリラックスできるでしょう。

気分が落ち込む時は無理して外に出かけたり、友人会う事を積極的にする必要性はないと思います。気分が上がってきて、「出かけてみようかな」と思った時に出かけると良いでしょう。気分転換の方法はいろいろあるので、自分の趣味があれば、それを行うといったことでもかまいません。

五月病の対策としては、疲れはその日のうちに解消して、休みの時は仕事の事を忘れてリラックスするのがいいのカモ。

介護士が五月病になった時はどうする?

介護士として働いていて、五月病になった時はどうすればよいでしうか。五月病についてはうつや適応障害などと同様な方法で解消すると良いと考えられます。

ですから、仕事を行えるうちは、「自分は充分いま仕事を行えている」と考えて無理しすぎない。他の人からから陰口を言われても、気にしないことです。(難しいかもしれませんが)

そして、早めに心療内科などに相談することが大切です。早めに他の人相談することで心の負担が軽くなります。特に専門家である医師に相談受診すること診断書を書いてもらうなどをすると、仕事に対して無理しすぎる事がなく、そして周りの人の理解してもらいやすくなります。

精神科など受診に抵抗があるかもしれませんが心療内科などの専門科を早めに受診することで心の病気が進まないうちに対応することが早めの回復にもつながります五月病かな、と自分心当たりがあるうちに対応することが良いのです。

無理しすぎない、頑張りすぎない。そして現状の自分を受け入れてあげることで少しづつ、無気力な気分も回復してくるのではないでしょうか。周りの人も「もっと頑張れ」といったことも言われなくなると心の負担も自然と軽くなるでしょう。

自覚症状があるうちに心療内科に受診をして、先に診断書を書いてもらって職場の上司に相談するといいカモ。自分一人で悩まないのが良いいのカモ。

介護士の五月病についてのまとめ

介護士の五月病とその対策としては、仕事のメンタル面のケアと肉体的疲労を持ち越さないことで五月病にならない為の対策となるでしょう。そして、五月病にならない為の秘訣とは、あまり、細かく考えすぎないこともあります。真面目に取り組む姿勢は大切です。しかし、自分を責めてすぎるのも問題があります。

ある程度は自分自身の行動について許してあげる「心の余裕が大切です。」なんでも、きっちりと100%に物事が進むとは限りません。少し出来ない部分があっても焦らず、少しづつ取り組むことでも問題はないと思うことも五月病にならない為には必要なことです。

機械でも「あそび」といった余裕の部分がないと上手動かないのと同じことが言えるのです。

特に新しい環境で心機一転頑張ろうといった気持ちが大ききとその分、上手く進まない時の反動として、急に無気力になってやる気が出なくなってくるのです。

あまり、焦りすぎず、地道に仕事を取り組むことで周囲の人も理解してくれるので大丈夫ではないでしょうか。

五月病は真面目できっちりしている人がかかりやすいことがあるカモ。あまり、自分に厳しくなりすぎずに、自分自身にもやさしさと許せるところがあるといいのカモ。