1. ホーム
  2. 介護職の悩み
  3. ≫介護職を転職するときの引き留めに困ったらどうする?

介護職を転職するときの引き留めに困ったらどうする?

介護職を転職する際に引き留めの言葉をうまく断る方法とは?

介護士が転職を希望して報告をしたところ、職場から引き留められたという経験がある人は多いのではないでしょうか。その際なにかしらの理由を並べて施設側は引き留めてくこともあるため、本人の気持ちが揺さぶられることもあります。そこで今回は介護士の転職において、退職時の引き留めを上手に断る方法について、詳しくご紹介していきましょう。

介護士の退職の時引き止め方はどんなものが多い?

退職を決意し、職場にその意思を伝えた際、まずはその理由を聞かれるでしょう。そこで相手が引き留める言葉には「良心的なもの」と「辞められては困る」といった2つがあります。

例として、以下のような引き留めの言葉が多いでしょう。

「急に辞めると言われても後を引き継ぐ人がいないので、もう少しだけなんとかならないか」
「いまの勤務体系や給与に不満があるなら少し改善の余地あるので見直すし、ここで頑張ってみないか」

など

 
「急に辞められたら困る、次の人がいないのでもう少しだけお願いしたい」など引き留めは、人手不足とされる介護業界では多くみられるようです。そうした際に、つい辞める時期を延ばしてしまった人もいるのではないでしょうか。

さらに辞めることを伝えると急に対応が優しくなり、「せっかく頑張っていたし、もう少しここで頑張ってはどうか」といった具合に引き留められるケースも多いでしょう。

以上のように、急に辞められると現場での仕事が回らなくなるため、など職場側が不利な状況を回避するための謳い文句として引き留めることがあるカモ

引き止められた時の上手な断り方とは

どの職場でも共通して言えることですが、どんな理由で引き留められたとしても「辞めたい」という正直な意思をしっかりと伝えることが大切です。

そこで「人がいない、もう少し」と言われても、余裕をもって退職希望を1ヵ月前には伝えると、しっかり業務を果たしているとみなされるでしょう。そのため退職するということに関して、責任感を感じることはありません。

また一番断りやすい理由としては、以下のようなものがあげられるでしょう。

「身体的な問題で、これ以上続けることが不可能なため、治療に専念するので退職したい」
「家族の介護が必要な状況となったため、退職したい」

 
以上のように、やむ得ない状況を用意することで、断りやすい状況を作ることができます。また他の職場に転職が決まっている場合は、「申し訳ありませんが、次の職場に内定をもらっていますので」と、はっきりと伝える必要があります。

事業所側から引き止めがあったとしても、しっかりと自分の意思を伝えることが大切カモ。

引き止めを断り、円満退社ができるの?

ほとんどの場合は急に辞めることを告げられると、「もう少し続けることができないか」と言ってくるケースが多いでしょう。

またブラック企業など悪意のある事業所は、こちらの退職意思を伝えてもスムーズに取り扱ってもらえないこともあります。たとえば「急に辞めることで事業者側に損害を与える」といった、脅しに感じることを言われた場合は、問題となるでしょう。このような就業規則など、規定要求の酷いケースでは、労働基準監督署に相談してみましょう。

過剰な引き留めを受けた場合は法的期間に相談してみよう

以上のように引き留めの厳しい事業者では、円満退職が難しい場合もあります。給与など正規に支給されない悪質な場合には、法律的に相談をしてみましょう。また退職にあたり、過剰な引き留めの場合は相手の言い分を飲み込んでしまうこともありますが、勤務してきた分の給与はしっかりと受け取れれるように話し合いましょう。

職場環境によっては必ずしも円満退職が叶うわけではないので、いつまでも後を引かないように、ある程度で区切りをつけることも大切かもしれません。

その場合、法的に明確な根拠がなければ、労働基準監督署や法律の無料相談などを利用して正当な主張をすることが必要となるカモ。

退職時の引き止めについてのまとめ

誰しも退職時にはトラブルなく円満退職を望みますよね。なかには退職意思を伝えるのが苦手に感じる人もいますが、大切なのは自分の意思をしっかり相手に伝えることです。うまく伝えようとすると空回りしてしまうので、まずは「退職したい」という気持ちを明確なものにしましょう。

どの職場でも共通することですが、自分の気持ちを素直に伝えることがスムーズな退職への一歩に繋がっていくかもしれません。

退職の意思を伝えると、その職場で働く残りの日数がやりづらく感じしまい言い出せないという人も多いでしょう。しかし最終的に伝えなければならないのは事実です。

ギリギリになって伝えると、退職手続きがスムーズにいかず滞ってしまう場合もあるので、円満退職を目指すためにも早めに意思表示をすることが大切です。

現場レポート

退職時スムーズにいかず、トラブルになったケース

退職時に経営者から言われ、スムーズな退職ができませんでした。また給与の未払いなどもあり、弁護士に相談してようやく退職をすることができました。

さらに退職後は介護福祉士の資格特許のため、現場経験の従業日数に関する証明書を発行してもらう必要がありました。上記のようなトラブルが起こった際には、こうした状況でも嫌な思いをしなくてはならない可能性もあるようです。

給与の関係で退職を伝え、同じ職場の違う部署を勧められたケース

子どもがある程度大きくなったので収入を増やしたいという理由で、退職に関する相談をしました。すると同じ職場の部署転換を勧められました。善意のアドバイスだったようなので、同じ施設内での勤務を続けました。

結果的に夜勤などがある部署となり、手当や時給が高くなったことで同じ会社の勤務ができるように部署転換という形になったようです。

 
上記のような場合は良い結果となりまいたが、このように善意で引き止められることがあるので、本当に辞めたいと考えている場合には、自分の意思をしっかりと伝える必要性があるでしょう。