1. ホーム
  2. 介護職の悩み
  3. ≫介護職転職後のトラブルはどんなものがある?

介護職転職後のトラブルはどんなものがある?

介護職転職後に起こりやすいトラブルを未然に防ぐ方法は?

転職後、新しい仕事や職場での生活が始まる際に、どうしても不安はつきものとなります。できれば早くその職場に慣れて、仕事を覚えたいという気持ちは誰しもあるでしょう。しかし慣れない現場ではトラブルが発生してしまうこともあります。今回は、介護職へ転職した際のトラブルについて、そのトラブルを未然に防ぐためにはどうすれいいのか、詳しくご紹介していうきましょう。

介護士への転職後に、良く起こっているトラブルとは?

まずは転職先の待遇において、面接時に受けていた仕事内容と入社後の対応が異なり、トラブルの原因となっていることが多いようです。具体的にはどういった点で相違を感じているのでしょうか。

・給与昇進の違い
・勤務体系や研修制度について

 
入社後の対応トラブルとしては、以上のようになります。

給与、昇給、昇進について

面接時に賞与の記載があったにもかかわらず、実際に入社してみると、事業所の実績で左右されるため、賞与が出ないケースもあるようです。

昇給では金額の具体的な明記がないため、「以前の職場と比較してみたら少なかった」といった場合もあります。くわえて昇給の時期についても明記がない場合が多くあります。また昇進でいうと、例えば幹部候補として入社した場合、いつまでも昇進が思うように進んでいる様子が見受けられないままといったケースもあるようです。

勤務体系や研修制度について

次に勤務体系や研修制度などについてです。基本的に介護業界は全体的に人手不足となっています。そのため「入社後すぐに夜勤のシフトに入れられてしまった」、「夜勤明けもそのまま人出不足のため残業することになってしまった」といったこともあるかもしれません。

特に介護職の経験者である人の転職では、しっかりとした研修を積む前に即戦力として現場の人員とみなされる傾向があるようです。

転職時には求人票をしっかり確認しよう

給与や昇給などのトラブルを事前に予防するには、転職する前の求人票をしっかりと見て、賞与の実績や昇給の過去の実績を確認すると良いでしょう。特に賞与については、前年に実績があるかどうかでも参考になるかもしれません。

面接時の勤務体系や研修について、事前に詳しくどのように仕事を進めていくのかを確認してみよう。また前もって施設の見学ができれば、全体の雰囲気や職員の働いている様子を見ることで分かることがあるカモ。

介護職は職員同士のトラブルも多い?未然に防ぐ方法とは

介護職に限ったわけではありませんが、求人票の内容や勤務体系に問題がない場合でも、人間関係のトラブルはよくあることです。

とくに長く勤務しているスタッフとの間で、トラブルが発生することも多いです。例えば「ここではこうやっている。」「これが常識です。」といった職場独自のルールや仕事の仕方があり、それが原因でトラブルが起きることがあります。

こうした人間関係については、正直入社してみないと分からない部分かもしれません。また新しい人が入社してくるとあらためて変わることもあるので、そこが難しいところでしょう。人間関係の問題は介護職だけに限ったわけではありませんが、チームワークで作業するような職場では関係が良いに越したことはありません。

介護は精神的にも肉体的にも大変な仕事ですので、ストレスも多くあるのは事実です。周りの状況を見ながら、うまく対応していくよう心がけていきましょう。

介護職はとくに人に接する仕事だから、精神的にも肉体的にも大変な部分があるよね。そのため仕事の不満やストレスから、人間関係が悪化してしまうことが多く存在するカモ。

人間関係においては柔軟な対応を心がけよう

上記で紹介したようなトラブルについて、まずはその職場のやり方を見て、取り入れることがトラブルを避ける手段の一つといえるでしょう。少し時間が経ってから「どうしてそういう風にしているか」といった質問をして確認すると、単に慣習的なものなのか、違った理由があるのかがはっきりしてくるでしょう。

他にもこんな事を意識してみよう!

少し意識するだけで、人間関係のトラブルを未然に防げるようになるのカモ。近日追記予定☆

人間関係は自分が行動しないと改善されない
否定から入らずに、相手の良いところを見つけるクセを付ける
自分自身の変化で人間関係の改善に繋がる
相手のいいところを見つけて事実を伝えることを心掛ける

介護職への転職後のトラブルは事前に予防できるの?

介護職に転職したあと起きるトラブルについて、入社前に防ぐことができるかは、入社前の求人票で確認できる部分もあります。しかし人とのトラブルに関しては入社しないと分からない部分が多くあります。

ただ短い期間、頻繁に求人が出している企業については、それだけ従業員の定着率が悪いと考えられるので、人が続かない理由がなにかあると考えて良いかもしれません。また事前に事業所を見学することで、利用者の方への対応やスタッフ同士の雰囲気などを参考にできるでしょう。

求人票で条件が良い場合でも、求人を多く出している場合には、こういった問題点があるかもしれません。

事前にしっかりと確認することで、転職後のトラブルが少なくなる可能性があるのカモ。

介護職への転職後のトラブルについてのまとめ

介護職に転職の際に起きるトラブルは、面接時に説明された内容と実際の仕事内容が違うことや、人手不足のために研修不足のまま現場に駆り出されること、そして人間関係のトラブルといったものが多いようです。

介護の現場は人が少ないため、忙しいなか確認や質問などするタイミングが難しいとは思います。しかし後から大問題になってしまうより、早めに解決をすることが大切です。少しずつ職場の人と馴染むことで、解決できることもあるかもしれません。

転職後のトラブルの予防は、職場の人とより良い関係性を作ることが一番の近道カモ。

↓転職後のトラブルを回避するためにエージェントを活用しよう↓

ツクイスタッフ【口コミ・評判】