1. ホーム
  2. 介護職の悩み
  3. ≫3K・新3Kと認定される介護職の仕事とその実態とは?

3K・新3Kと認定される介護職の仕事とその実態とは?

介護職が新3Kに名を連ねる理由と実態とは?実は職員自身が介護業界を新3Kに落としている?

3K・新3K

働く条件を揶揄するスラングに、3Kというものがあります。近年ネットでは、新3Kなどという新しい定義も出現していますが、果たして介護業界は3Kや新3Kの定義に当てはまるのでしょうか。今回は、介護業界と3K・新3Kとの関係性について、ご紹介していきましょう。

3K・新3Kとは

まず3Kとは、「きつい・汚い・危険」の頭文字と3を合わせた単語です。3Kと呼ばれる仕事に自ら進んで就きたいと考える人は非常に少ないでしょう。しかし誰もが嫌厭する仕事だからこそ、待遇が良いというケースも考えられます。

それに対して介護業界によくある3Kは新3Kと言われており、「きつい・帰れない・厳しい」や「きつい・帰れない・給料が安いという内容になっています。また新3Kの「きつい」は肉体的にではなく、精神的な面で着目されているようです。

なぜ介護業界が新3Kと言われているのか?その実態とは?

 
そもそも介護職は介護が必要な人に対し、利用者自身が一人では行えないことをサポートするのが仕事です。老化に従い筋力低下によって思うように動けなくなってしまう、また認知症に至っては後天的に得た特定の知能・能力を奪われてしまいます。

上記のような関係から生活にさまざまな支障をきたしてしまうため、必然的に排泄や入浴など、いわゆる「汚れ仕事」に関する内容も介護職には含まれていきます。そして「きつい」に関しては、夜勤などの肉体的な面はもちろん、認知症患者を相手にする際の精神的な疲労もあります。

介護業界のお給料が低い原因について

介護業界は厚生労働省令で提供する、サービス区分毎に確保しなければならない人員が定められています。その基準さえ満たしていれば問題なく収益源も限られることから、人件費を抑えたいという事業者からみた都合により「給料が低い」という結果になっているようです。

このため日勤帯の最終部分にあたる時間帯にしわ寄せがきてしまい、業務を消化しきれないまま「帰れない」という現象がおきています。

介護業界が「帰れない」とされる理由について

最終時間帯でなくても、早出〇〇・日勤△△・遅出□□、と完全に時間帯によって役割が縦割りにしてしうため、早出終わりのはずが夕方になっても帰れないという事態も起こってしまうのです。さらに帰れない原因にはもう一つあります。上記のように「早出・日勤・遅出」と各自定められていると、職員たち自身の意識が低くなってしまう可能性があるのです。

例えば

「自分は早出だから、△△や□□はしなくてもいい」
「それが日勤と遅出の仕事だ」
「自分は日勤なので〇〇と△△はしない」

 
上記のように、他人のフォローをしないという事態が起こってしまいます。たとえ他人の役割を代行する余力があっても、それを行わない結果3Kの1つである「帰れない」状況になってしまうのです。これは介護職員同士が作った環境が、3Kの定義に拍車をかけている側面も否めないでしょう。

自分たちでそのような環境を作ってしまうことに関して、介護業界以外の人が耳にすれば、大いに疑義を持つでしょう。なぜ介護職はそのような問題が起きてしまうのかというと、その一端には3Kの一角でもある「給料が安い」という点があげられます。

実際に「もっと給料を払ってくれたら、まともに働いても良い」という現場の声もあるようです。

介護業界の3K・新3Kまとめ

 
3Kという言葉が浸透してきている現在、介護職はどうしても「就職先・転職先の候補」から除外されてしまうことが多いでしょう。しかし介護業界は人手不足であり、その一方で介護を必要としている人は増加の一途をたどっています。

これは雇用主と労働省が互いに働きやすい環境で仕事ができるよう、介護業界全体が職場改善に取り組む必要があるでしょう。もし介護職に就職や転職を希望している場合、その実態を知り熟慮した上で、転職先に選んでいただきたいと思います。