1. ホーム
  2. 介護職に関する資格
  3. ≫福祉住環境コーディネーターとはどんな資格?

福祉住環境コーディネーターとはどんな資格?

住み慣れたとことで長く住みたいといったことを目指して、高齢や障害があっても住みやすい状態の家で過ごすなどの住環境のアドバイザーとして福祉住環境コーディネーターあります。でも具体出来に資格の取得や勉強や活用法などがどういったものでしょうか。

住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターとは?

福祉住環境コーディネーターとは公益社団法人福祉住環境コーディネーター協会が主催する民間資格です。平成14年に東京商工会議所が中心となって発足されました。

資格は3級から1級があり年に2回実施されています。1級だけは年に1度の実施とってです。平成28年3月度現在で約7000人が登録されています。試験についてはすべてマークシート方式、制限時間2時間で、100満点中70%以上で合格となります。

1級については2級の合格が受験条件となります。3、2級の合格率は役50%、平成27年度試験では1級については、10%を切るものでした。障害者や高齢者にとって住みやすい住環境についてのものですが、建物の構造や補助器具以外にも、住環境全体的な視点からや障害のある人の立場など幅広い範囲内での試験問題となります。介護の現場の仕事以外にも建築関係の仕事の人などにもこれからの高齢化社会に向けて注目される資格の一つです。

※参照「福祉住環境コーディネーター教会」

現在で15年目ですが、これから注目される資格の一つカモ。

福祉住宅環境コーディネーターの活用法とは?

在宅介護の充実を政策的にも進めていくことになれば、今住んでいる住宅で高齢者が安全に自立して生活できる空間なのかといったことの見直しとチェックが必要になります。

また一言でバリアフリーといっても言葉だけの場合も多く、その人に合わせた必要とされるものをその生活空間の中でも必要ですから、補助器具などの設置や改築などについても正しく設置されているか、実際に住む人にとって使いやすいものであるかどうかといったことも考えて高齢者の特徴や器具の設置など幅広い立場から見る為、介護職としてのスキルアップ、実際の高齢者支援を行うケアマネージャーのスキルアップとしての資格取得もあります。
それから住宅関連の会社の方にとってはお客様に対する信頼度を高める為のものなのです。

まずは、3級から受験をスキルアップで2級そして1級を取るといいカモ。

福祉住宅環境コーディネーター試験の勉強法と受験内容について福祉住宅環境コーディネーターについては、3級、2級、1級ともに参考書や問題集といたものがたくさんります。

※参照「東京商工会議所」検定試験情報

受験についえは、まずわかりやすいテキストを選び、テキストを繰り返す事でテスト勉強となると思います。また通信教育などもあります。

  • 3級は21,600円
  • 2級は45,360円
  • 1級は66,960円

です。受講に期間の目安は半年から1年です。東京商工会議所の通信講座です。公式テキストについても販売されています。

福祉部分の所の範囲については介護職などにとってなじみがあるのでまずは3級から始めるといいカモ。

福祉住環境コーディネーターについてのまとめ

家に改築の時に介護をする為にやりやすい住まいや高齢者が日常的に生活する為に安全で過ごす為の住環境を考えることと実際に住宅に取り入れる為に必要なものを選ぶことができる知識があることでより高齢者の方にとって生活しやすく人自立した生活を送ることができる為には建物の構造や補助器具の種類や設置の方法や設置場所などが具体的に提案できることで未然に事故などを防ぐことができるでしょう。

こういった資格を通して普段接する機会が少ない異業種間の交流も生まれ、現時点での最善の方法策などが高齢者やその家族に対しても提案でき、介護保険制を利用したより高齢者や障害者のきめ細かい生活サポートができるのではないでしょうか。

福祉住宅環境コーディネーターは住宅関係者以外にも介護職の受験も多いカモ