1. ホーム
  2. 介護の職種
  3. ≫「定期巡回介護」とは?~新しい訪問介護の形~

「定期巡回介護」とは?~新しい訪問介護の形~

訪問介護のもう一つの形、定期巡回介護について解説していきます。

定期巡回介護

定期巡回介護はどんな制度?

ご利用者の自宅にホームヘルパーが訪問し、介護を行う訪問介護。このケアに新しい制度が加わって、すでに運用されているのをご存じでしたか?定期巡回、正式名称は「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」と言います。今回はこの制度について解説をしていきます。

定期巡回ってどんな仕事?

この定期巡回の制度は2012年4月に開始されました。特徴として、24時間体制で訪問介護が行えることがあげられ、定期的な訪問に加え、必要に応じて随時対応することも可能になりました。さらに看護との連携を強く打ち出すことで、より重度の方への対応も可能になっています。

定期訪問はケアプランで必要と認められれば、1日に複数回訪問することが可能となっており、これは1日の訪問回数に制限があった従来型の訪問介護との大きな違いともなっています。定期巡回を行う事業所には「介護・医療連携推進会議」を定期的に開催して、地域との連携を図ることも義務付けています。この介護については後半でさらに解説します。

随時訪問や看護との連携・・従来型の訪問介護と違うと言われてもなかなかピンとこないご利用者も多くいらっしゃいます。これが実際のケアプランに組み込まれるとどんな形になるのでしょうか?ケアプランのイメージをみていきましょう。

具体的な訪問のイメージは?

定期巡回の特徴である1日に複数回訪問できること、看護との連携が強化されていること、随時的な訪問が可能なこと・・・こうしたことがご利用者の生活にどうプラスになるのでしょうか。実際のケースで見て行きましょう。

脳梗塞の後遺症のため身体に障害が残り、ご自分で姿勢を変えたり排泄が出来ない男性のケースです。介護は主にご家族がなさっています。

ヘルパ

→定期的に1日4回(朝・昼・夕・夜間)訪問して排泄介助と体位変換を実施。

看護師

週1回訪問し、健康チェック、必要な医療処置

大量の便失禁があった時は、随時訪問をして対応。

自宅で介護される方にとって排泄のケアは大きな負担。そこをヘルパーが定期的に複数回訪問し、更に随時対応することで負担の軽減を目指しています。

またシーツ交換やパジャマの着換えも行い、同時に健康状態にもきちんと配慮します。。訪問看護とヘルパーは互いに情報交換をして、ケアマネージャーへの情報提供も行います。

認知症の方で一人暮らしをされている方への場合を見てみましょう。

ヘルパー

1日3回(朝・昼・夕)訪問し、配食弁当の温め、配膳。服薬。

定期巡回は1回の訪問時間が最大30分と短いのですが、身体介護だけでなく生活支援も行っています。

例えば

洗濯

朝の訪問で洗濯機を干す 昼の訪問は洗濯物を取り込む 夕の訪問で洗濯機を回す

買い物

朝の訪問で必要な買い物の聞き取り 昼の訪問で買い物

掃除

朝の訪問でシーツ交換 昼の訪問で掃除機掛け 夜の訪問でトイレ掃除

従来型のようにまとまった訪問時間が取れないため、各訪問でリレーのように引き継ぎながらケアを組み立てていきます。お一人暮らしの高齢の方の場合、転倒などのアクシデントが心配ですが、こうした場合には随時訪問で対応します。ご利用者の体調不良などヘルパーでは判断が難しい場合、看護に連絡し連携して対応します。

24時間きめ細かく訪問介護を行い、必要であれば随時対応する…。これまでのヘルパーの活動とは異なることが多いカモ。対応する介護スタッフの役割にも違いはあるのでしょうか?

定期巡回介護での役割分担は?

定期巡回では訪問を行うヘルパーの他に、随時受付対応をする「オペレーター」と言う役割が増えます。各ポジションについて具体的にみていきましょう。 

ヘルパー

定期訪問の他に随時訪問も担当します。必要な資格は通常のヘルパーと同じです。勤務は24時間体制のため、早番、遅番、夜勤などの変則勤務が普通です。

オペレーター

ご利用者からの随時訪問の要請を受け付け、現場のヘルパーへ出動要請を行います。オペレーターを担当するには、介護福祉士や看護師など必要な資格が決められています。オペレーターは現場の訪問ヘルパーとの兼務が可能です。事業所によっては専任のオペレータがいるオペレーションセンターを設けている事業所もあります。

定期巡回介護はスタッフの役割以外にも、これまでの訪問介護と異なる点があるカモ。「介護・医療連携推進会議の開催」という業務ってなんだろう?

介護・医療連携推進会議ってどんなもの?

この会議は定期巡回介護を実施している事業所が中心になって、おおむね3ヶ月に1回程度開催されています。地域の民生委員や包括支援支援センター、町内会の関係者などで行われ、地域の情報交換の他に「こんな困っている人がいるがどうしたら良いか」などを皆で課題をだし話し合います。

この会議が定期巡回介護を知らない方に制度への理解を深める場にもなっています。

定期巡回介護ではご利用者宅への訪問だけでなく、地域とのより深い連携を目指しています。そんな現場で実際に働いているヘルパーやオペレーターの思いはどんなものなのでしょうか?

定期巡回介護のヘルパーの思いとは

現場で介護を行っているヘルパーは、定期巡回が新しい制度のため苦労してしまうことが多いようです。

  • 1回の訪問時間が短いため、ご利用者から「すぐ帰ってしまう」と言われてしまう。
  • 短い訪問時間でケアプランに決められたケアを行わなければならないため忙しい。

その一方、巡回訪問ならではの良さも感じています。

  • 1日に何度も訪問できるため、ご利用者の状態がつかみやすい
  • 看護と連携しているため、気になる状態の時すぐに相談できて心強い

ご利用者が従来型から定期巡回へケアプランを変更された場合、介護者の方も含めてその変化に戸惑われてしまうようです。

定期巡回ならではの役職「オペレーター」の声も聞いてみましょう。

  • 声だけの対応になるため、ご利用者の正確な状態を把握しにくい
  • 認知症などご自分の状態を伝えることが苦手な方も多い。状態をつかむため「はい、いいえ」で簡単に答えられるような言葉かけの工夫が必要
  • 朝、夕など定期訪問が混み合っている時間帯だとお待たせしてしまう場合があるのが心苦しい

ご利用者の中には「話し相手が欲しくて」何度もコールしてしまう方も。コールの緊急度を判断し、実際にヘルパーを派遣するかの判断をその場でしなければならない難しさがあります。

定期巡回介護の制度が始まる前は「この訪問の後、一人にして大丈夫?」と後ろ髪引かれるようなご利用者も多くいらっしゃいました。

定期巡回介護であれば「この後も訪問がある」「なにかあれば随時で呼んでもらえる」と思えます。ご利用者、家族だけでなく、訪問するヘルパーにもこんな安心感が得られるのです。

その反面、ヘルパーひとりが担当するお宅の数が多くなってしまっています。8時間勤務の中で10軒近く訪問することは日常茶飯事。介護スタッフの人手不足もあり、なかなか忙しさは変わりません。それでも、ご利用者の状態に合わせてケアプランが柔軟に組める、この制度はやりがいも多くあります。

介護への転職を考えている人にはぜひ候補として検討して欲しい制度カモ