1. ホーム
  2. 介護の職種
  3. ≫介助員の仕事はどんなもの?

介助員の仕事はどんなもの?

介助員と聞いてどういたイメージでしょうか。障害者や高齢者のお手伝い、補佐をする人といったイメージではないでしょうか。では実際に介資格助員はどういった仕事でどんな所で働く人なのでしょうか。

介助員

介助員とはとんな人?

色々な施設で働くサポート役!介助員といっても様々な施設で働く介助が必要とされる人をサポートする人となります。

介助員という名称で多くあるものについてが、障害者施設、そして小学校などの特別学級、そして病院などで介助員という名所の場合があります。介助員についてはいろいろな施設ありますが、基本的には特別な資格は必要とされません。学校などの場合についても同様で介助員の仕事については、あくまでサポート的な役割となります。

では実際の介助員とはどういった仕事をするのでしょうか。どんな施設で働く介助員であっても共通している所は。その施設や学校を利用される人をサポートする。といったものです。

具体的にはその施設によって内容が若干異なってきます。例えば障害者施設ではが学校の支援学級の介助員であれば、知的、身体(精神)障碍者の介助といったことになります。その施設内でその利用者の方が一人で出来ない事にたいする介助といったことになります。障害者の方が利用される施設は入所型の施設や昼だけのデイケア施設、職業支援施設などの施設などさまざまでこういた施設ごとに介助員として働くことも多くあります。

仕事内容についてはその利用される人ごとに違ってきますが、身体介助がある場合、ない場合については、その施設によっても異なってくるでしょう。病院などの医療施設の介助員(療養介助員)についてはその病院によって待遇などが違ってきます。仕事の内容は基本的な身体介護などになります。仕事の指示が看護師によるものがあるといった所が介護施設との大きな違いです。

介助員といっても働く施設障害によって求められる所に違いがあるカモ。

介護士と介助員との違いとは?

介護士と介護員の違いは大きくは職場の違いの名称の差が大きいと思われます介護士は老人介護施設の時に多く使用され、介助員には、障害者施設などで多くしようされている名称といったものがまず1つあげられるでしょう。それでは介助員は資格が必要かといったことについては、必要とされない場合が多くあり、介助員と名前になっていていても、急ヘルパー2級(介護職員初任者研修修了者)もしくは介護福祉士といったものを求められている所もあります。

介助員は大きな障害者などで自立できない行為を手助けするといったものが多いと思われます。仕事についても施設の考え方で違ってきます。簡単なおさんぽや見守りといったもので身体介助を行わないということがあるかもしれません。

介護職員初任者研修や介護福祉士については身体介助を行うことがあるのが大きな違いかもしれません。

イメージとしては介護員イコール障害者といったものになるカモ。

介護員の仕事とは?

施設によって仕事の内容が違ってきますが、入所施設内でしたら、その人の障害に合わせて、介護を行うことになります。障害よっては精神障害などについては身体介助といったものより普段の生活でより自立して生活ができる精神的な存在でのサポート、相談者的な役割があるかもしれません。
就職支援の施設の場合は見守りといった事になります。仕事の内容は介護施設の介護職員と変わらないと考えると良いでしょう。待遇についても、資格がなくてもよい場合などについては、介護職員初任者研修がある人や介護福祉士などの資格がある場合と比較して同じような仕事の場合でも少なくなってしまいます。

高齢者の介護とは違ったものがある為、実際に現場で学ぶことが多いカモ。

介助員についてのまとめ

介助員という名前の場合多くは障害者の為の支援をする人といったことが多く同じ介護をする場合でも障害に合わせた介護が必要となります。介助員として大切な事は資格以上に介護を行う為、笑顔でその人の為になりたいといった気持ちの方が大切なのかもしれません。

また、理論上の技術よりは実際の実践で学ぶこともたくさんありますので、自分の気持ちが素直に表せることができるか、純粋な役に立ちたいといった気持ちになれるかといったことが重要なのかもしれません。
同じ介護で高齢者の介護と障害者の介護は違いが大きいカモ。高齢者の介護が苦手な方でも障害者の介助がぴったりと合うといった場合もあるカモ