1. ホーム
  2. 介護職転職の基礎知識
  3. ≫ケアマネージャー転職の時の面接で注意するポイントとは

ケアマネージャー転職の時の面接で注意するポイントとは

ケアマネージャーの面接では人柄が重要なポイント!

ケアマネ面接

ケアマネージャーとして仕事をする際、思った通りに仕事ができない、人間関係で悩んでいるなど、さまざまな悩みを抱えている人がいるでしょう。上記の動機をふまえ、心機一転を兼ねて転職を考えることがあります。そこでケアマネージャーが面接を行う際に注意したいしておきたいポイントについて、今回はご紹介していきましょう。

ケアマネージャーの面接の注意点とは

そもそも介護業界は全体を見ても、転職が多いことが特徴です。それはケアマネージャーについても同様でしょう。そのため前職の退職理由について聞かれた際に、前向きな説明をすることが大切です。とくに転職回数が多い場合は、あくまでも前向きにステップアップしたいといった目的が望ましいでしょう。

人柄を見られている

 
面接では質問に関する受け答えなどで、人柄や対応能力を見ています。これにはケアマネージャーとして適正かどうかを判断しているのです。利用者の家族や関係部署との連絡係という役割もあるため、急な苦情なども臨機応変に対応可能かどうか、重要になっていきます。

特にケアマネージャーの経験がある人は、事業所にとっても即戦力となって働いてもらいたい人材です。そのため面接では、受け答えに関して不自由なく対応できるかどうか、重要なポイントとなるでしょう。

長く続けてくれるかどうかを見られている

 
そして、せっかく採用してもすぐに辞められてしまうと事業所も困るため、長く働けるかどうかという点も、面接では判断されています。さらに協調性があるか、周りの人とうまくやっていけるか、など人柄の部分でも面接時に注目される点といえるでしょう。

そのため面接時の受け答えは、ゆっくりとわかりやすく、そして明るい口調で喋ること心掛けながら、印象がよくなるように努めてみましょう。

介護業界は全体的に離職率が高いため、すぐに辞めてしまわないか、しっかりと仕事をしてもらえるかなど、こうした基本的な面を見られていることが多いカモ!

ケアマネージャー未経験での面接で大切なこととポイントは?

介護職の経験はあってもケアマネージャーとしての仕事は初めての場合、転職をする際にどういった点に注意すると良いのでしょうか。ここではケアマネージャー未経験からの転職面接についてご紹介していきましょう。

ケアマネージャーの仕事が初めての場合、心配な部分も多くあると思いますが、不安な部分を伝えすぎるのも良くありません。しかし嘘をつくのはもっと良くないため、「未経験のため不安な面もありますが、早く仕事を覚え、ケアマネージャーとして頑張っていきたい」というような前向きな一面を伝えることが大切です。

未経験であれば他のケアマネージャーの有無やフォローがあるかどうか、面接時にしっかりと確認しておきましょう。また「実際にどんな業務をおこなっているのか」という点を確認しておくことで、転職後の不安を少しでも解消できるでしょう。

面接では、「なぜ介護職からケアマネージャーになろうと思ったのか」など簡単に説明できるようにしておくといいでしょう。そこで「ステップアップが目的で転職を考えている」というような趣旨を伝えることができれば好印象となります。

ケアマネージャーとして初めて仕事をすることでどのような不安を抱いているのか見つめなおし、新人教育の確認があるのか、など面接時に確認すると良いカモ。

ケアマネージャーの面接で大切なことは?

ケアマネージャーに限らずですが、まず面接で大切なことは退職理由です。その際に前職の批判は控え、前向きな理由で転職を考えていることをアピールしましょう。何かの機会で以前働いていた職場との付き合いが出てくる可能性もあるため、面接でのマイナスな発言は控えたほうがいいでしょう。

受け答えは分かりやすく、ゆっくりとした口調で、明るい表情を忘れずに話すことを心掛けましょう。利用者やその家族に説明を行うことも多いので、きちんとした受け答えができるかどうか、重要なポイントとなります。面接時は硬くなりすぎずに、落ち着いて一つ一つ丁寧に説明していきましょう。

ケアマネージャーの面接時の注意とポイントのまとめ

 
ケアマネージャーの転職面接時には、転職者の人柄をチェックされている部分が大きいでしょう。そのため「いい印象」を与えるため表情や口調などに配慮して、さまざまな質問に落ち着いて受け答えできるように練習をしておきましょう。

明るい表情と笑顔で、穏やかな雰囲気を作り出すことを心掛けながら、ゆっくりとわかりやすく話をすることで、落ち着いた印象となっていきます。「この人に任せても大丈夫」という印象を与えることを目指してみるのがいいかもしれません。

面接時はどうしても緊張してしまいますが、あまり考えすぎず普段通り行うと、相手への印象もよくなるでしょう。

考えすぎずリラックスして、分かりやすくゆっくりと話すこと、そして相手の質問に対してしっかりと答えることがきればいいカモ。