1. ホーム
  2. 介護業界なんでもコラム
  3. ≫介護士転職後の仕事の注意点とは?

介護士転職後の仕事の注意点とは?

介護職に転職する際に仕事上で注意するべき点とは?

新しい職場で心機一転、早く職場に慣れて仕事をしたいと思うのではないでしょうか。同じ介護の現場に転職をしても、各職場でルールなど違ってくることもあります。そこで今回は、介護士として転職後、どんなことに注意をして仕事をすればいいのか、詳しくご紹介していきましょう。

経験のある介護士が転職後に注意すべきポイントとは?

もし介護職経験者として転職した場合、すぐに現場で対応できる人と期待をされることも多いでしょう。しかし転職後の環境は利用者の方も違うので、要領よく対応できるとは限りません。

以上の点を踏まえ、経験者の立場から介護業界に再び転職する際の注意点は2つあります。

  • 経験者であっても新しい現場では介護技術についてなどの主張は控える
  • 事前確認を行うためにも、周りの職員が行っている対応を見る

そのほかにも経験者は、入社後すぐに介護や介助を行うことも多いです。職場の人には「当然できるだとう」といった目で見られてしまうことがあります。しかし新しい環境では利用者の特徴などを掴んでいないため、事前確認を行いながら、周りの対応を見て仕事を進めていくといいでしょう。

早い段階で各職場のルールに対応できると人間関係のトラブルも防げる!

また介護をする際に1日の流れや利用者への対応が、事業所によって異なることもあります。そのため最初のうちは各事業所特有の方法を学ぶ時期であり、早い段階で習得することで従業員同士のトラブルを避けることにも繋がります。

介護方法について、「こうしたほうがスムーズなのに」と感じても、そこで首長をしてしまうと「自分の意見だけを述べて、実際にはなにもできない」といった誤解を生む可能性もあります。そのため転職後は、まず職場の雰囲気やスタッフと馴染むことを忘れずに心掛けましょう。

利用者の特徴や介護方法をこまめにメモして、早く対応できる努力をするのが大切!自分スタイルの介護を行うのは、少し時間が経過してからでも遅くないカモ。

新しい職場での、仕事の進み方についての注意点

介護業界は全体的に人手不足なため、早く職場に馴染んでもらいたいと思っている職場は多いでしょう。そのため面接では、おおまかな説明をされても具体的な研修制度がない場合もあります。また入社後すぐに夜間勤務を割り振られる可能性もあるでしょう。

そこで、まずは早めに質問を行うことがポイントです。何も質問しない場合、相手は本人が状況を把握して了承したと思ってしまいます。そのまま自分納得できずにわからない状態で仕事を進めると、介護事故が起こる可能性もあります。お互いにトラブル予防のためにも、疑問や質問がある場合はその都度確認を行いましょう。

新しい職場に馴染むまでの注意点とは

転職後は出来る限り早く仕事を覚えようと必死になってしまい、日常生活に疲れの影響がでることもあります。その疲れやストレスを長引かせないために、工夫を行うことが大切です。

  • 夜はぐっすり眠る
  • 休みの日は気分転換をする

上記のような、仕事に備えるためのリフレッシュも、無理せずに続けていく際のポイントとなるでしょう。

仕事を早く覚えようという気持ちは重要ですが、あまり神経質になり過ぎないように心がけましょう。新しい環境では緊張感もあって当然です。自分で過剰にプレッシャーを与え過ぎないよう、時には息抜きをすることで逆に集中できることもあるでしょう。周りの目も気になる所ですが、あまり気にし過ぎることも問題となってしまう場合があります。

適度な緊張感で、その日の疲れはその日のうちに取れるように工夫することが大切カモ。

介護士転職後の注意点のまとめ

介護士として転職する際の注意点は、経験者であっても最初から自分のことを主張し過ぎないことです。最初は働く場所での方法や取り組み方などを吸収することが、最優先となります。

これが出来ないとトラブルになりやすいカモ

また実際に仕事をするうえで生まれた疑問・質問については、早い時点で確認すると、誤解やトラブルを防ぐことができます。経験者は転職先の期待もあるので、わからないままにせず、自分が納得するまで習得することが大切です。そのためにも周りのスタッフと連携を摂れるように、日ごろからコミュニケーションを意識することが仕事をするときのポイントです。

始めから緊張して頑張りすぎないためにも、早く周りに打ち解けるようにすることが大切カモ

現場レポート

介護士転職後の注意点について、転職先の職員が感じること

10年以上の介護経験がある人で、すぐに現場でも対応できると聞いていましがたが、実際そうではありませんでした。介護儀重については問題ありませんが、性格的な部分で1人だと不安でなかなか仕事を勧められない状態が続きました。

臨機応変に対応して欲しい時でも戸惑ってしまう所もあり、経験者という期待が大きかった分ガッカリしてしまいました。また面接の時も「なんでもできるような口調」だったようです。

介護経験があるため自分のやり方にもこだわりがある様子で、こういった面でも最初の1か月目は新しい職場のやり方を覚える時期だと思われるのに、あまり意識されていない様子でした。