1. ホーム
  2. 介護業界なんでもコラム
  3. ≫介護士が妊娠した時に直面する問題について

介護士が妊娠した時に直面する問題について

妊娠した時に産休は取れるのか、いつ報告しいつまで続けるのかお勧めするタイミングを解説

介護士の妊娠、仕事は続けられる?
介護士が妊娠した場合に、直面する最初の問題は、いつ報告をするのかと産休を取れるのかという事です。産休を取れると仮定した場合はいつまで続けるのかという問題もありますね。
産休を取った場合と取らずに退職した場合では、色々な事が随分とかわってきますので、其々についてお話します。

妊娠についていつ報告するか

お勧めするタイミングは、医師から妊娠している旨を告げられて、「妊娠しているかもしれない」という疑いが「妊娠した」という確定に変わった日の次の出勤日です。もう少し細かく言うと、始業時刻よりも少し早めに出勤して、上司は勿論ですが同僚にも知らせておく事をお勧めします。私の知人に「年齢的にも恥ずかしいから少しの間(2カ月くらい)言わなかった」という人もいますが、これはお勧めできません。勧められないというよりも、妊娠の事実を秘しておく事に関して全力で止めたいくらいです。その理由は介護職員の業務内容にあります。介護職員は移乗や入浴の介助をしなければなりません。

まず移乗の介助ですが、介護職員の職業病である腰痛の原因になっていますね。腰痛になるという事は、適切ではない体勢で無理な負荷が掛かっている証拠ですが、腹部にもひねったり圧力が掛かります。大柄な男性を介助する場合は特に注意が必要カモ

そして、入浴介助は移乗を伴う事と、足場が滑りやすい事が理由です。ただでさえ足場が濡れて滑りやすいのに、移乗に介助が必要な人を入れるには相手を支える必要があり、バランスを崩しやすい状況に身をおく事を意味しています。立位をとってもらう時であれば、勢いが余って転倒しても介護者は後ろ向きになる為まだマシですが(要介護者も転倒した場合は、要介護者が前向きに転倒するのと介護者の上に乗りかかり体重が腹部を圧迫する側面もあります)、立位から座位になってもらう時にバランスを崩せば介護者は前向きに転倒し、手をつきかねれば腹部を打ちつけることになります。
上司や同僚に妊娠の事実を知ってもらう事で、これらの普段は何ら問題無くても、妊婦にはリスキーな介助の状況を避けて仕事をさせてくれるよう配慮してもらえる事が期待できます。私が知る事業所では、妊婦は離床・臥床介助は極力行わないようにし、入浴介助は出産後に職場復帰をするまで行いません。

いつまで続けるか

妊娠した場合いつまで仕事を続けるかという問題もあります。私がお勧めしているのは、産前42日までです。妊娠している労働者は、休暇を請求する事で出産予定日の42日前から産前休暇を取る権利が法に定められています。つまり、正当に休暇を取る事が出来るからです。権利以外にも金銭的な側面もあります。
金銭的な側面とは、一定の条件を満たした場合に支給される産前産後の給付は産前42日と産後56日間に対して健康保険から支払われます。会社独自の規定でもっと前からの休暇を取れ、金銭的な保障がある場合を除くと家計のリスク軽減を図る為にもこの時期になります。ちなみにこちらも一定の条件を満たす必要がありますが、産後56日経過後は雇用保険からの給付があります。

これらは被用者の場合です。退職した場合は異なりますので、注意が必要です。また産休・育休の場合は、健康保険や年金の負担はありませんが、退職すれば負担があるので、家計を圧迫するカモ

そもそも介護職は産休は取れるのか

私は取れる事業所と取れない事業所の両方を知っています。取れない事業所にお勤めの場合は、取れるようになるかもしれない交渉の材料がありますので、お知らせします。私はこの材料で交渉し産休と育休をとれるようになった人を知っています(産休と育休は取得が法で保障された権利なので、そもそも取れないという事自体がおかしいのですが、、)。
では、交渉の材料についてお話します。健康保険料や年金保険料は労使折半です。自分で払っている分以外に事業者も払っているという事ですが、産休・育休中の社会保険料は全額国庫負担となり、本人と事業者の負担分が2年前の4月から撤廃されています。

要するに従業員に産休・育休を取らせても事業者の金銭的デメリットは無くなったという事です。金銭的な負担が無くなった事は事務員や少なくとも事務の責任者であれば知っているでしょう。しかし事業主は知らずに、産休・育休の取得を認めていないケースもあり、この場合は直属の上司から話をしてもらうと良いカモ。

介護ランキング
紹介スピードに自信あり

メドフィット 介護求人.com

スピード:最短3日での入職を実現。エージェントが足で集めた貴重な情報も豊富
成功実績:転職成功者たちの成功レポートをプレゼント
ランク・無資格OK:仕事復帰のママさん介護士さんを応援。無資格でも安心のサポート体制も魅力

 

転職エージェントととしても有名なメドフィットの介護士転職専門エージェント。実績あるエージェントなので任せて安心。スピード対応なので早く転職したい人にはおすすめです。
詳細を見る公式サイトはこちら
日本最大級の看護師求人サイト!ディップの看護師転職支援!

スマイルSUPPORT

首都圏求人:全首都圏の求人は業界最大級。
コンサルタント:専任コンサルタントがしっかりサポート。スムーズな流れでの転職活動が可能
紹介予定派遣:派遣社員からスタートして正社員を目指す転職

 

首都圏の介護転職サポートにおすすめのスマイルSUPPORT。豊富な求人と的確なサポート力で人気です。もちろん全国にも対応。
詳細を見る公式サイトはこちら
介護資格が無料で取得できる

かいご畑

介護資格無料:キャリアアップ応援制度を利用して無料で介護資格が取得可能
未経験OK:資格無料なので介護業職未経験の方に人気
アフターフォロー:入職後も安心のサポート体制で未経験の方におすすめ

 

介護資格が無料で取得できるので未経験や無資格の方におすすめの介護士転職エージェント。
詳細を見る公式サイトはこちら

>>ランキングをもっと見る