1. ホーム
  2. 介護業界なんでもコラム
  3. ≫介護業界から別業界へ転職で気をつけたいことは?

介護業界から別業界へ転職で気をつけたいことは?

介護業界からまったく別の業界に転職する際の注意点とは?

介護の仕事をしていると肉体的に疲れ、介護職での仕事を続けることが難しくなることがあります。そのほかにも給与面を考えて、転職といったこともあるかもしれません。このとき介護業界以外へ転職を考えた場合の注意するべきことはなにか、今回は以上について詳しくご紹介していきましょう。

介護業界の経験が活かされない!

護の仕事をしていると肉体的に疲れ、介護職での仕事を続けることが難しくなることがあります。そのほかにも給与面を考えて、転職といったこともあるかもしれません。このとき介護業界以外へ転職を考えた場合の注意するべきことはなにか、今回は以上について詳しくご紹介していきましょう。

職する際の注意点として、介護の現場で培ったものは別業界では経験として見てもらえないことがあります。
例えば、サ責やケアマネージャーなどを経験し、利用者の家族や利用者の苦情、また利用契約などについての調整などを行っている経験があるとしても、あくまで介護業界でのスキルとしてしか見てもらえないことが多くあります。

介護業界で長く勤務している人にとって、それまで積み重ねられた経験が活かされないことは多数あります。介護福祉士や社会福祉士といった国家資格であっても、介護の現場では優位な資格ですが、他の業界ではあまり意味がありません。

他業界に転職する際に重要となるスキルとは?

パソコンのスキルや実際の営業経験などが、重視されます。年齢が若い時は、未経験であっても習得が早いという考えから、問題ないと判断される場合が多いでしょう。しかし年齢が上がるにつれて、介護業界以外のスキルがないと評価されないことが多くなってくるのです。ですから介護業界での経験やスキルが充分に発揮されず、リセットして考える必要性があるのです。

他の業界で転職を希望する時は、介護の国家資格などはあまり効果がない事が多いカモ。パソコンのスキルなどが基礎的にある方が有利に働けるカモ。

介護業界から他業界へ転職が難しい理由とは

理由として、以下のようなことが考えられます。

  • 他業界から介護業界へ転職しやすいため勤務している年齢が高い
  • 介護業界のイメージが、あまり交渉する事がないと思われている

そのほかにも介護業界全体が人手不足の傾向にあり、比較的年齢が高い人でも介護業界内での転職が多く、希望する人についても30代、40代でも多い傾向にあります。そのため一般の事務や営業など、日常で実務処理する程度のパソコンスキルがないということがあります。即戦力としての期待もあるので、年齢が高いという部分で不利になってくることがあります。

介護業界で仕事経験が長いほど、事務や営業に必要となるスキルが足らないとみなされることもあるから、転職する時に不利になるカモ。

介護の仕事経験が活かせる業界での転職とは?

年齢が若い場合は経験がなくても他業界で転職するハードルは低いですが、ある程度の年齢になると難しくなってきます。同じ介護業界の転職であれば有利に働くので、他業界に転職を希望する場合はその理由をしっかりと考える必要性があります。

今までの経験を活かすことができる仕事。以上のことを他業界に転職する際は考える必要性があるでしょう。例えばサービス業などで接客が多い仕事の場合は「人と接する機会が多い内容の仕事」など、今まで介護した経験がそのまま仕事に利用できる内容を選ぶといった工夫も必要になるのかもしれません。

また介護の仕事から介護以外の仕事を希望する理由をしっかりと伝える必要もあります。「介護の仕事がイヤになったわけではなく、体力的に不安があるため」という理由で転職したとしても、できるかぎり「前向き」でなくてはなりません。

なぜ介護業界内の転職ではなく、他の業界で仕事をしたいと思うのか?という点について、転職先の人が納得いく理由であることが望ましいでしょう。「介護の経験を活かして、新たにチャレンジしたい」といった意思が相手に伝わるよう、志望動機を考えて転職活動をすると良いでしょう。

なぜ他の業界への転職を希望するのかをしっかりと見つめ直す必要性があるカモ。

介護業界から別の業界へ転職する時の注意点のまとめ

介護業界の経験やスキルが他業界では通用しない場合があります。そのため今まで積み上げてきたものが転職先で通用すると思わないことが、他業界へ挑戦するときのポイントとなります。

転職する前に気になる業界の仕事について調べ、必要とされるスキルなどをチェックしておくと良いでしょう。スキル的に不足していても、挑戦したいという気持ちを相手に伝えることが大切です。また前職の経験活かすことができる、サービス業、接客業という業界で検討することも転職する際に成功のポインとなるかもしれませんね。

介護業界から他業界に転職は、「転職する理由となぜ介護業界ではないのか」ということが、他の人に対しても納得できる理由なのかを、活動開始前にしっかりと見つめ直してみましょう。