1. ホーム
  2. 介護業界なんでもコラム
  3. ≫介護士の新入社員と付き合い方はどんな感じがいい?

介護士の新入社員と付き合い方はどんな感じがいい?

介護士の新入社員としいて新しく入ってきた人に対してどういった風に接すればいいのか迷うことがあるでしょう。今時の若者の新入社員でしたらなおさらかもしれません。また
転職で入社してきた人についても同様にあるでしょう。それでは、介護士の新入社員の接し方について考えてみましょう。

新人との付き合い方

介護士の新入社員をどう育てる?

学校を卒業して入社した介護士の新入社員について、学校で一通りの介護勉強をして知識と技術についてはある為、介護の現場で仕事を教えることある意味でし易いかもしれません。基礎的な知識と技術があるので説明がし易いといった面があります。

しかし一方では、学校で学んでいるやり方で身についている為、現場でのやり方が違っていたりする時に戸惑いが生じることがあるかもしれません。ですから、始めの段階で、疑問点があったら常に聞ける環境を作っておく必要性があるでしょう。

新入社員の人を育ていくには、短期的な計画と長期的な計画があります。ですから、介護士の新入社員には教育係の担当者を決めて始めの2,3カ月間はフォローの役割などが必用となります。1日が終わった後の仕事の感想、1週間を振り返えっての感想、そして1カ月といったような時間の経過によって振り返りを必ず行って、その時の不安や疑問について解消することで、一人で介護を行う時の不安などを解消することで、どういった人でも同じような質の高い介護を行うことを重視して始めの期間はしっかりと基礎的なものについて教えてるのが良いでしょう。

介護の現場は人手不足ですが、新入社員についてはしっかりときっちりとした技術と考え方を教えることを先決にしてそれから、応用部分で仕事のスピードや対応といったものにシフトしていくのが良いのではないでしょうか。

始めの1、2か月は介護の技術と考え方をしっかりと丁寧に覚えてもらうことを優先にするのはいいカモ。仕事の速さは仕事に慣れてからでも充分に間に合うカモ。仕事の覚えは個人差があるのでこういた部分が難しいのカモ。

介護士の新入社員の付き合い方とは

介護士の新入社員については、特に新卒で若い人については、個人差がありますが、あまり年齢の違いがあるとしっかりと自分から聞いてこないといったことが多くあるかもしれません。ですからある程度こちらから新入社員に仕事のこと以外についても聞いて話かけてあげる必要性がある場合もあります。

学生時代と違って色々な世代の人の中で過ごすことが初めてで、新入社員自身もどんな風に振舞っていいか分からない為きっかけを作ってあげるといいでしょう。また早く現場の雰囲気に慣れてもらって、自分から取り組むことができる環境を作ってあげる必要があるかもしません。

戸惑っている時は、自分から聞きにくい様子があるかもしれないので、自分が新人の時に困ったことを先にこちらから話すことで聞きやすい環境につながるかもしれません。介護の現場で忙しく働いている様子ですと、質問したくても質問することができないことがあるからです。

新入社員から聞きにくそうな様子などがあれば、先にこちらから話のきっかけを作ることでいつでも遠慮なく話せるといったものを持ってもらうといいのカモ。

介護士の新入社員の教育担当と他の職員との関係について

介護士の新入社員との付き合い方や育て方については、その現場によって違いがあるかもしれません。また教育係の人とその他の職員と間で新入社員の仕事の覚え方について意見の違いなどがあるかもしれません。

現場としては早く一人立ちして、即戦力として働いて欲しいといった希望があります。しかし、早く仕事を覚えることも大切ですが、丁寧で正確な介護技術といったもの大切です。

早く仕事を覚えることも大切なことなのですが、仕事の丁寧さも必要とされるのです。、ですから新入社員の教育の進み具合の目安が短いものであれば不安が残ってきます。

施設によっては社員の教育のマニュアル的なものがない所もあるので、どういた風に仕事を覚えて、そんな感じで取り組めばいいかが分からない事があるでしょう。また新入社員自身で自分でも取り組むことができるこが理想とされるでしょう。

他も職員についても、介護士の新入社員の仕事の進み具合については気になることが多いかもしれません。また覚えるのが遅いと感じることがあるかもしれませんが、始めの1、2か月については様子見の期間として、教育係の人などと相談して新入社員が早く仕事や環境に馴染むように協力をすると良いでしょう。決して、圧力的にならないように気をつける必要性があるのではないでしょうか。

どうしても、新入社員の仕事の覚え方が悪いと思ってしまうと、つい教育係に文句をいってしまうことが多くなりますが、まずは教育係を信じて状況を確認すると良いカモ。それでも、個人差があって遅い場合は、どうすればいいをみんなで考える事になるのカモ。

介護士の新入社員の付き合い方のまとめ

介護士の新入社員の付き合い方、育て方については、新人教育のマニュアルのようなものがあれば、それにそって進めていくのが良いでしょう。しかし個人差もあるので、様子を見ながら、仕事の振り返りをして、進めていくのがポイントです。

でも実際に介護の現場では人手不足で早く新入社員に仕事を覚えて、即戦力として働いて欲しいと強く願う気持ちもあるので、仕事の覚えが遅いなどで不満があるかもしれません。しかし、新入社員については、正確で丁寧な質の高い介護の取得も大切ですので、新入社員がプレッシャーになりすぎないような配慮が必用とされます。

若い新入社員ですと、自分から話すことが少なく、指示待ちといた人が多い為、いつでも話安い環境を作ることや、まずは、こちらから新入社員に聞くことや自分の体験談などを話すことで、新入社員からも積極的に話し、そして取り組むことができるように周りの環境を作る必要性があるでしょう。

新入社員については、みんなでどんな風すすんでいるかを途中経過が分かると良いカモ。個人差があるのである程度の期間は辛抱が必用カモ。