1. ホーム
  2. 介護業界なんでもコラム
  3. ≫介護士の仕事の必需品とは?

介護士の仕事の必需品とは?

介護士として働く為に必要なものとはどういったものがあるのでしょうか。また、あると便利なものなどはあるのでしょうか。施設で働く場合と訪問介護として働く場合とでは必要とされる物の違いなどはあるのでしょうか。

介護士の仕事の必需品

介護士の仕事の必需品とはどんなもの?

介護の仕事をする上で必要とされるものについですが、まずは動きやすい服装、そしてメモとボールペン。使い捨て手袋(ディスポ)、手拭き、マスク、エプロンといったもの基本的に必要とされるものではないでしょうか。ただし、必要とされる物や服装など規定などについては施設によって異なります。

最低限ですが、必要な伝達事項などや気が付いたことをメモする為にポケットサイズの小さいメモとボールペンが必要となります。そして、排泄介助の時などの汚物処理など行う場合や指に傷がある場合の感染予防などに必要な使い捨ての手袋(ディスポ)、手が汚れて洗った時に拭く為のハンドタオルが最低必要とされるでしょう。介護を行うことになりますので、携帯する持ち物については気を付ける必要があります。全介助などで介護を行う場合、ポロシャツの胸ポケットなどにボールペンなどがあると介助する時に介護をする人の体に当たる場合があるので、ズボンのポケットに入れると良いかもしれません。

ハンドタオルについてズボンのポケットに入れておくとボールペンの保護にもなると思います。メモは胸のポケットに入れることで体が自由に動くことができ、介助の時も邪魔にならずに介護ををされる人の体に触れることがないと思われます。

必需品とされる物はメモ、ボールペン、ディスポ、エプロン。でも施設によっては違いがあるカモ。

介護士の服装は施設の規定を参考に!介護士として働く場合、基本的には動きやすい服装です。しかし施設によってはユニフォームが支給される場合があります。(上のポロシャツ)、服装が自由といった場合でも施設によっては規定がり、ズボンは介助の時に介助者の体に触れて硬くない素材といったことで、ズボンではジーパンは禁止で、綿素材のズボン、上の服装は飾りなどがポロシャツなどといった感じが多いようです。エプロンについても支給がある場合やないといった所があります。

また、エプロンの着用も施設の規定によってある、無しがあります。介護士として働く場合の介助として、食事介助、入浴介助、排泄介助などがあり、場合によっては介護の時に服装が汚れてしまうことがあります。着替えの予備の服装があると安心です。施設介助の場合はロッカーに入れておくと良いでしょう。

訪問介護の場合にいては、移動があるので、訪問先の予定によって予備が必要かどうかといったことで対応すると良いでしょう。服装についての補足ですが、入浴介助をする場合で、普段の介助を行う服装以外で別に用意をする必要があります。服装についてはまずは、勤務される施設の規定や職場の人に確認して対応することが大切ですね。

服装についてはまずは勤務先の規則などを見て決めるといいカモ。

介護士の仕事をする上であると便利なものは?

介護をする仕事の為に体ににつける場所が気になることが多くあります。施設介護の場合などでちょっとしたメモやボールペン、手拭きなどをまとめて小さなウエストポーチに入れて体の片側に寄せて持ち歩く人もあります。訪問介護の場合は訪問介護報告書などを汚れないよう保管する為のクリアファイル、貴重品など預かりものを保管する為のクリアポケット(小さめの)、急な雨の時など荷物が濡れない為の大きめのビニール袋1枚、雨などで濡れた時などの訪問の時の替えの靴下などになります。

施設の場合、手拭きは近くに手洗いなどがあるのでその近くにペーパータオルなどがあるので必要ないこともあります。持ち物という訳ではありませんが、介護職に多い腰痛ですが、施設介護でロッカーがある場合は簡易のコルセットを置いている人もいるようです。ちょっと急に腰に違和感があると早めにコルセットをしていてひどくならない予防をされるようです。あると便利なものでは、訪問介護の場合訪問先によっては、家の中の状態が良くない場合は感染防止の為に靴下の下にビニール製の使い捨てのカバーを履いている人もいるカモ。

介護士の仕事で必需品のまとめについて

施設介護や訪問介護といったように介護士で働く場合でもその環境によって必需品が異なることもあります。特に身体介護を行う場合、介護者の方に体を近くに寄せて介助する為、介護をされる人の体に物が当たって体が傷つくことが無いように注意が必要となります。よって、メモやボールペンの持参する位置やこういったものが介護の時に落ちないように気を付けなければいけません。

服装についても同様で訪問介護の場合は利用者の方の家に訪問する為動きやすい服装でも相手に対する印象もあるので、清潔感があり、派手ではないものは望ましいとされています。また高齢者の方の皮膚はデリケートで傷つきやすい為、ズボンの素材ではジーパンがダメといったことがあります。細かい介護士の持ち物や身だしなみの注意点については施設の規定に従って行うと良いと思われます。

介護士として必需品としては大体どこも同じようなものがですが、細かい所については個人差があるので働きながら工夫することが大切カモ。

現場レポート

介護士の持ち物、便利グッズはある?

実際に介護士で働いていて便利だなと思うグッズなどの紹介や普段の持ち物の紹介について。(通所サービスでの勤務の場合)

使用していることですがボールペンですが、首からひもを付けて(携帯のストラップですが)そこにボールペンを刺しています。身体介護の時は(全介護の時は)ボールペンがついている所をそのまま背中の方にひっくり返して利用しています。

私はよくポケットがないズボンやポケットから落ちるのでこうして利用しています。最後にビニール袋の利用方法ですが、清拭をする時、一般的にバケツに適温の湯を汲んで利用すと思いますが、ビニール袋(耐熱用)があれば、タオルを絞って、レンジで1分位使用して蒸しタオルを作って、適温に下がった所で顔などや口元を拭く時があります。

最後に必需品というわけではありませんが、トイレで排便があってお尻を拭く場合はウォット機能があれば利用して、鼠頚部(そけいぶ)などはビデを使って陰洗ボトルの代わりをする場合もあります。(基本的に陰洗ボトルがあればそれを利用します。)本来正式なものがあれば利用するのですが外出先などの場合の急場の場合はこういった対応になることがあります。