1. ホーム
  2. 介護業界なんでもコラム
  3. ≫家族の介護の離職と働き方改革について

家族の介護の離職と働き方改革について

家族の介護や看護の為の離職といったものが社会問題となっています。特に世帯主が退職する必要性がある場合などはそれによって生活が成り立たなくなる問題もあります。それでは介護や看護の為の離職と働き方について考えていきましょう。

介護による離職

家族の介護や看護の離職する理由とは

家族の介護や看護をしていて離職する理由については、家族の中に他に介護や看護を行う人がいないといったことが大きいと言えるでしょう。昔であれば同居の家族など介護や看護をしていていました。しかし、現在では核家族化が進み、離れた所から駆けつけて介護をしてまた帰るといった生活をしていても限界を感じて仕事を辞めるといったことなどがあるようです。

また、同居をしても、介護や看護の状態が進み、自宅で介護や看護をする時間が多くなって、現在している仕事と介護や看護のバランスが取れなくなった為に離職をするといったこともあります。また、介護を行っていた家族が倒れてしまって、他にする人がいなくなってしまった。といったこともあります。

このように、介護をする人間がいない為、昔のように残業をして仕事をできない、仕事をする時間に制限があるなどがあります。また会社側も介護や看護に対する配慮に限界があり、現在の仕事を辞めたくはないのですが、離職するしか他にないといった状況になることがあるようです。

介護や高齢者の看護については、先が読めない、分からない。といった所があるので、会社側に対しても休みなどを申しでても、また介護や看護は必要となり、その都度休みを申しでても、会社の他の人に迷惑をかけてしまう。といった気持ちで退職することもあるのではないでしょうか。

介護や看護の離職には現在の核家族化や子どもの数少なく、他に介護や看護を行う人がいないといった社会的背景が多くあるのカモ。会社側も介護休業などの制度があっても人員の関係で制度が利用できない。しにくいといったことがあるのカモ。

家族の介護や看護をしながら働く事について

家族の介護や看護をしながら働くことの難しさについては、社会的背景があるかもしれまません。現在、国として介護についての社会保障としては、次のようなものがあります。

  • 介護休業
  • 介護休暇
  • 介護・育児の為の所定外労働の制限(残業の制限)
  • 介護・育児の為の深夜労働の制限
  • 介護の為の所定労働時間の時間短縮等の処置

などがあります。

※参照「厚生労働省」育児・介護休業ガイドブック

また介護保険制度を利用して護居宅介護サービスを利用して訪問介護や訪問看護、通所介護、短期間入所などを利用して在宅での介護や看護などの負担を軽減させる制度です。利用の前には介護の認定を受けて、ケアマネージャーを通して、その利用者のニーズに合わせて利用していきます。

こういった制度はありますが、実際に介護や看護を行っている人で、このような制度がある事を知らない為全てを抱え込んでしまっていたといった人もいるでしょう。しかし、こういった制度はありますが、実際に上手く仕事と介護や看護を両立させる為には、これ以外の民間の制度やボランティアなどを利用する必要もあるでしょう。

まず、現状の介護状態や看護状態を把握して、どのくらい公的なサービスを利用できるのかといったことを知ることが大切です。そして、公的サービスを利用して、現在の仕事に支障が出る状況であるかないかの見極めも、その家族の介護の度合いによって確認して見直していく必要性があります。

介護や看護の状態も少しづつ進行して介護や看護の負担の度合いが増えてくるからです。その時点でどの位の公的サービスが必用で家庭で介護や看護で対応ができるものなのか、介護施設などでの介護が必要となるのか。といったことも考える必要性があります。そして介護や看護に対しての費用といったことも考えていく必用もあるため、できる限り現在の仕事を辞めずに介護や看護を行うことが、介護や看護の為に離職をした為その人の生活自体が苦しく、生活に困るといった負の連鎖となってくるからです。

家族の介護や看護と仕事を両立するカギは公的な介護福祉サービスをどのくらい上手く使うことができるかといった事になるのカモ。

家族の介護や看護と仕事の両立の実態について

現在、在宅で家族の介護や看護を行っている人も多くあります。実際のところ、子どもの数が少なく、親を子どもが介護などの面倒を見れないといったケースも多くります。遠方に住んでいたりする事や、子ども家庭があり子育て中などで親の介護を見ることが難しいといったことがあります。

それから、子どもが晩婚化で子どもが一人で両親の介護を見ているといったことがあります。この場合については、他に介護や看護を頼む人もいない為、公的な介護福祉サービスを利用しても、充分とは言えず、不足する部分は民間で補う必要とされる為、費用の負担といった部分の問題もあります。

また会社での介護の為休業制度を利用しても一時的なものですし、その利用できる機関が過ぎても介護や看護が無くなるわけではありませんので、問題の解決にならないといったことがあるかもしれません。子育ての場合は目途が立ちやすいですが、介護については先おおkが見えない分不安も大きくなってくるのです。

社会制度があっても上手く利用できない、不足があって費用がかかるなど、まだまだ問題が解決されていない部分が多くあるのカモ。

家族の介護や看護の離職と働き方改革のまとめ

家族の介護や看護の為の離職といったものが多くなっている背景には他に介護を行う人がいなくなって仕方なく離職しなければいけないといった実態があります。

家族が遠くから駆けつけて介護を行う負担で疲れてしまう。長距離介護問題や、独身の子どもが介護を行う問題など、公的介護福祉サービスを利用しても、その介護度合いによって利用できるサービスに限度がある為に、そこから出てしまう費用については私費となり経済的な負担となります。

介護の為に長時間勤務が難しくなると同時に私費での介護費用といった二重の負担が介護と仕事の両立の壁となっていると言えるでしょう。制度があっても休業や時短制度を利用できにくい社会背景もありますし、会社側も人手不足で歓迎されない為、仕事を続けることについて考えて退職を選ぶことになるのではないでしょうか。しかし、一旦仕事を辞めてしまうと次に仕事を見つけることが難しく、介護以外の問題もあります。

会社に制度を推進しても、介護や看護の休業や時短についての経済的な保証少ないので実際には利用できにくい制度のようです。社会全体的に会社に働いていても、介護や看護で時短をしても会社で在席のままで、経済的な負担が増えるものでなければ、介護離職に歯止めがかないのかもしれません。

家族の介護と看護と仕事の両立には社会的保障が不可欠で、社会全体の理解が大切なのカモ。制度についても現状では限界があるのカモ。

現場レポート

知り合いですが、大手企業に働いている人で早期退職をして家族の為に退職をされたそうです。早めに退職することで多く退職金をもらえたようです。

60歳で早期退職して、家族と同居をして介護を行っていました。同居をして介護をしていると時の問題点は、通所サービスを利用して家に帰ってきてから寝るまでの時間が長くそれが大変とのことでした。認知症の方でしたので、体の不自由さといったものはなかったのですが、物を移動させたり、落ち着かい状態な為、家族の目が必用だったようです。

その後家庭での介護でも限界に感じて施設に入所しましたが、入所までも時間がかかり大変だったようです。施設入所後にも多動の為、施設で対応できないと連絡があり、さらに別の施設を探して対応になったようです。

この人のように、多額な退職金がもらえて介護に集中できる人は少ないかもしれません。