1. ホーム
  2. 介護業界なんでもコラム
  3. ≫カフェで気軽に認知症ケア?気になる認知症カフェの活動内容と今後の展望

カフェで気軽に認知症ケア?気になる認知症カフェの活動内容と今後の展望

今現在全国的に広がりを見せている、”認知症カフェ”の目的とメリット、課題から見えてきたこれからの展望とは

認知症カフェ

認知症と向き合うこと…とても大変なことですよね。認知症を患う高齢者や家族の方は、外に出ても迷惑をかけてしまう。共感できる人がほしい。孤独・不安で息が詰まる…。など、たくさんの困難や悩みを抱えています。

このような悩みを抱えてしまうことで、いつしか気力を無くしてしまい、悲惨な事件・事故が後を絶ちません。高齢化が進む中、認知症はもはや他人事ではなく、社会全体で支えていかなければならない問題です。

そのような中で現在、全国規模で始まったのが “認知症カフェ”です。 ここでは認知症カフェについて関心を持っていただくための情報をいろいろご紹介いたします。

これから介護関係の仕事をする方にも、地域のみなさんも、いろんな人に知っていただけたらと思います。

認知症カフェって何だろう?

認知症カフェは、私たちがよく行くようなカフェのようにくつろげる空間で、認知症高齢者本人や家族がゆっくりとお茶を飲みながら、身体を動かしたり、お話しをしたりして気軽に交流できるところです。

地方自治体が運営しているところは、毎日営業している場所も中にはありますが、主に月に数回程度の開催で、月に数百円~高くて数千円程度の費用で参加できます。
会場は、自宅スペースや地域の集会所、レンタルスペースなどを借りて開催されています。

施設とは違って気軽に通いやすい雰囲気を大切にしているカモ。大きな契約なんて必要ないから気軽に参加できるカモ。

“オレンジプラン”から認知症カフェが誕生

さて、認知症カフェはどこで始まったのでしょうか?認知症カフェの起源はオランダから始まったと言われています。日本の認知症カフェはこのオランダをはじめとして欧州国の活動の影響を受けています。

現在日本には、国民の15人に1人、65歳以上の高齢者の4人に1人が認知症であると言われています。

この事態を受けて日本は、認知症の人に対する対策を考えました。最初に制定されたのが2012年に誕生した『オレンジプラン』です。認知症の人やその家族に対する支援策として、認知症カフェなどを普及していこうという動きが始まりました。

それから2015年に改正された『新オレンジプラン』で、認知症カフェは国の政策の一つとして、全国的な規模に普及していったのです。

認知症カフェはどこが運営しているの?スタッフはどんな人?

認知症カフェの運営は、市町村や地域包括支援センターなどの公共団体から、社会福祉法人やNPO法人、医療法人などの民間企業が開催しています。

認知症カフェのスタッフは、主に地域の民生委員やボランティアスタッフによって運営されています。その他にも専門職として、医療や福祉に関わる職員や教職員など、さまざまな人が配置されることがありますので、困っていることがあれば気軽に相談できます。

認知症カフェのイイところ

レクリエーション活動やイベントが楽しめます

カラオケ大会や映画鑑賞、体操や脳トレーニングなど、参加者が気軽に参加できるレクリエーション活動やイベントを、各会場で工夫をして開催しています。

利用者同士が気軽に楽しんでもらえることで、外に出かける楽しみを作ることができます。

同じ立場の悩みや気軽な情報交換ができます

皆さんでお茶を楽しみながら、同じ立場の悩みを抱えている人と交流することができれば、気持が楽になりますよね。同じ立場だからこそ、自然と輪に打ち解けることができます。

また、医師・看護師・介護士・ケアマネージャーなどの専門職が認知症に対する相談を受けており、困っていることがあれば、気軽に話ができる環境が整っています。

症状を早く発見できる

何回かカフェにお邪魔することで、顔を覚えてもらえますし、安否確認をすることができます。また、何か異変があれば、スタッフや周りの人が気づいてくれるため、適切な対応につなげることができます。

実際にケアマネージャーに相談に乗ってもらっていた利用者さんが、うまく介護サービスを利用することができたという例があるみたいだカモ!こうやって潜在的にいる認知症高齢者を探す目的があるカモね。

孤独の解消

認知症の人や家族は、外にでて失敗した経験で、外で活動することに消極的です。外にでない生活が続けば孤独になってしまい、ますます心苦しくなります。
認知症カフェがあることで、無理なく外出するきっかけになりますし、気が合う友達もできて孤独を解消することができます。

認知症カフェがどこにあるか知りたい!

認知症カフェはどこで開催されているか気になるところですよね。インターネットで地域にある認知症カフェの情報がたくさん掲載されています。まずは認知症カフェが近くにあるか検索してみてください。

地域の回覧板や公民館でも、認知症カフェについての情報が掲載されていることがあります。
また、地域包括支援センターでも有力な情報を手に入れることができますので、問い合わせてみましょう。地域包括支援センターが分からない場合は市役所に問い合わせてみるといいです。

認知症カフェで調べてみると、たくさんの会場があってびっくりしたカモ!地域によって面白い内容があるから気になるカモね

認知症カフェが抱える現状とは

資金源の不足

認知症カフェは認知症の方や家族などが気軽に尋ねられる場所であるため、参加費用を百円台と安くしているところが多く、認知症カフェの経営難が全国的に問題となっています。しかし、利用者の負担を大きくすると参加しづらくなりますね。

認知症カフェが初めて創設されたオランダでは、国が運営に対して全面協力しているため、補助制度が充実しています。そのため、認知症カフェがもはや主流になっています。

日本でも、認知症カフェに対する補助金制度などの対策が急がれます。

“認知症“というネーミングが阻害している?!

認知症カフェが全国的に浸透していますが、認知症というネーミングを強く押しすぎることで、参加を躊躇するなどの阻害が問題となっています。認知症患者本人やその家族の気持ちを考慮した運営が大切です。
“認知症”というネーミングを強く出しすぎず、誰もが参加しやすくするための気軽さを考えて工夫する必要があります。

よく見る人気のカフェに協力してもらいスペースを借りたりすることで、認知症なんていうネーミングを感じさせないしなんだかとってもオシャレ。いろんな工夫を凝らして活動しているから、外にでるのが楽しみになってくるカモね。

人材育成に対する体制づくり

先ほどもお伝えしましたが、認知症カフェのスタッフは、地域のボランティアの方が運営していることが多いので、その専門性や人材不足が課題となっています。

認知症カフェを通して、今まで認知症について関心がなかった地域住民に、少しでも認知症について関心をもっていただくきっかけづくりをしています。

そのため、認知症カフェのスタッフとして、認知症についてある程度の知識を身につけてもらえるよう、人材育成をする体制を整える必要があります。

認知症カフェに関心をもとう!

認知症カフェは地域で認知症について困っている家族や、認知症を患い、外出することに苦労している人などが気軽に参加することができる場所です。新オレンジプランの影響でますます認知症カフェは広がりを見せています。

高齢者が増えていく中、認知症は他人事ではありません。介護施設だけで対応するという時代はもう終わりをむかえています。これからは近くのスーパーやコンビニ、公共施設などでも認知症高齢者への正しい理解が大切であり、地域住民が協力して支え合う地域づくりが大切です。

私たち地域住民が“認知症カフェ”について知り関心を持つことで、ボランティアの数が増え、たくさんの人の知恵と活動で運営が活発になるのです。

介護に関わる人も、関心がなかった人も、僕たち一人一人が“認知症”や“認知症カフェ”などの地域活動について関心を持つことが大切カモ