1. ホーム
  2. 未経験からの転職
  3. ≫IT業界の離職率はどうなの?転職のための準備や注意点など!

IT業界の離職率はどうなの?転職のための準備や注意点など!


IT転職について離職率ってどうなの?その実態を踏まえ、転職準備や注意点などをご紹介していきます!

離職率

近年、ITに興隆に伴いIT業界も幅広く世に進出してきました。しかし、同時に専門性が問われる、また職場環境などにより、慢性的な人で不足で悩まされているのが現状です。

そのため、比較的企業の求人においても未経験でも問題ないといったように、転職難易度を下げている傾向にあります。転職希望者の中には、未経験でありながらもIT業界を志望する方も多くなっています。

ただ、そうした転職希望者の中には、転職に向けた活動を上手に行うことができず、転職を失敗してしまったという方も少なくありません。そこで今回は、IT転職でよく聞く離職率の問題を皮切りに、上手に転職を行うための準備について一緒に見ていこうと思います。

IT業界の離職率は低い?高い?

IT業界が慢性的に人手不足であるという旨を冒頭にて記載しましたが、転職希望者の中には、「それって離職率が高いから?」と考える方も多いのではないでしょうか?

確かに、ITと聞くとブラックというイメージを浮かべ、それが離職率に繋がると考えるのは普通だと思います。確かにIT業界は離職率が高いとWEB上などでも書かれていますが、実際のところどうなのか?

実は近年のIT業界は一昔前と異なり、離職率は比較的低い職種になってきています。

また専門性に長けている職業でもあるため、多少拘束時間が長くても、自分のスキルアップや将来独立するための修行期間だと前向きに考えることで、わざわざ離職する必要もないと捉えやすい業種でもあるのです。

逆に離職率が高い飲食やサービス業だと、過酷な拘束時間や勤務内容に反して、得ることができるスキルなどが専門性に欠けており、また将来独立するなどの理想像を思い描くことも難しく、「もういいや」と簡単に離職してしまう方も多いのです。

転職において離職率から考えることができるのは、まずその業種に入って何をやりたいのか、目的をしっかりと考え、それを土台に仕事内容に励むことも長く働くための重要なポイントになるという点を覚えておくといいカモ。

IT関係に属する職種の離職率とは?

一口にITといっても担当する領域によって職種は細かく分けられていきます。ここでは、おおまかにIT関係に属する以下の職種の中の、離職率についてそれぞれ見ていきましょう。

システムエンジニア(SE)

システムエンジニアの離職率はかなり高く、広く一般に認知されているIT業界はブラックという認識は、おおよそこのシステムエンジニアの環境によるものだと思うカモ。


システムエンジニアの業務は多岐に渡り、幅広い業務内容に携わることができる一方で、拘束時間も長く給料もそこまで高くないため、過酷さから仕事を辞めてしまうという方が多いです。

プログラマー

プログラミングを組むという作業自体、しっかりと言語などを学ぶことで誰でも出来ると言われています。ただプログラマーもシステムエンジニアと同様、拘束時間や報酬面できつい部分もあり、徹夜は余裕でこなせるなど、ある程度体力がない方は離職してしまう職種でもあります。

プロジェクトマネージャー

システムエンジニアやプログラマーと経験を積み、次のステップで就くことができる職種です。開発全体の管理を行う人のことを指し、マネジメント業務ということで責任が増す分、それに見合った報酬を得ることもできます。

システムエンジニアやプログラマーと比べると離職率も低い傾向にありますね。

ネットワークエンジニア

ネットワークシステムを設計したり構築する職種になります。離職率は普通といったところで、企業によって大きく環境が変わる職種とも言われています。

データベースエンジニア

企業の情報システムを支えるデータベースを設計、構築したり、運用保守を行う職種です。離職率は低いですが、その分求められるスキルや条件は高めに設定されているため、現場にてプログラムやエンジニアの実務経験がある方にオススメできる職種になります。

IT転職のための準備に必要なもの

どの転職においても同様に言えることですが、まず早く次の就職先を見つけないと!と焦って適当に決めてしまうのは絶対にNGです。

特に転職者向けの求人は、報酬が高めに設定されていたり、未経験OKといった謳い文句が数多く並んでいますが、そういった企業ほどブラックであったりする可能性も高いため、安易に「よしここにしよう!」と自分ひとりで転職先を決めるのはオススメしません。

じゃあどうすればいいのかというと、転職までにしっかり準備をする必要があります。そのためにも、まずは「転職エージェント」へ登録しましょう。

IT転職を希望する方なら、IT専門のIT転職エージェントがWEB上で多数公開されていますので、自分に合ったサイトを比較しながらチェックするといいですね。

転職エージェントではIT出身のアドバイザーがスタッフとして在籍しており、プロの目線でIT転職のためのノウハウや必要スキル、良い企業の見つけ方などを伝授してくれます。また同じようにIT企業に転職を志す方とコミュニティを繋ぐこともできるため、貴重な情報交換の場としても使用できます。

IT転職の準備は転職エージェントでほぼすべて揃うといっても過言でなく、それだけ利便性の高い充実した内容にもなっています。転職に関係した不安な気持ちも、ぜひコンサルタントなどに相談し、前向きに活動できるよう転職エージェントの利用をオススメします。

最後に

離職率に関しては誰しもがシビアに感じ取る、業界のリアルなデータではないかと思います。ITも離職率は低いと書かせていただきましたが、やはり企業によっては劣悪な環境下の業務というのもザラにあります。良い企業、悪い企業の見分け方など、正直普通の人にできるものではありません。

だからこそ、業界のことを熟知した専門家のアドバイスを参考にし、転職失敗のリスクを減らすことが大切になってくるのです。ぜひこのことを念頭に、納得のいく転職活動を目指してくださいね!