1. ホーム
  2. 通信インフラ(設計・構築)
  3. ≫京セラグループの京セラコミュニケーションシステムは、京セラフィロソフィを受け継いで人間性にこだわる!

京セラグループの京セラコミュニケーションシステムは、京セラフィロソフィを受け継いで人間性にこだわる!


情報通信の分野を中心としてグローバルに事業を展開するIT企業の京セラコミュニケーションシステム。その年収は?

京セラコミュニケーションシステム

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は京セラおよびKDDIのグループ会社のIT企業です。本社は京都市で、全国各地に拠点となる事業所を構えています。

※参照:京セラコミュニケーションシステム

1995年に京セラの経営情報システム部門を分離独立することで設立されました。元は京セラグループとKDDIグループの情報戦略会社として社内ベンチャー的な組織でした。そのため現在もベンチャースピリットはKCCSの精神として生かされています。

京セラの情報システムを担ってきたノウハウを武器に「ICT」「通信エンジニアリング」「環境・エネルギーエンジニアリング」「経営コンサルティング」という4事業をグローバルに展開しています。また東南アジアなどで5社のグループ企業を設立しており、中国・シンガポールで京セラの情報通信関連事業も手掛け、また海外企業と連携して事業を展開しています。

このように国内外において情報通信事業で活発に活動している京セラコミュニケーションシステムですが、年収や採用活動、求められる人材などはどうなっているのでしょうか?

京セラコミュニケーションシステムの平均年収や福利厚生は?

京セラコミュニケーションシステムの平均年収は約490万円となっています。ただし職種別に見てみるとばらつきがあり、低いものでは約464万円、高いものでは518万円となっています。技術系職種(エンジニア)より営業・コンサルタント系の職種の方が年収は高い傾向があります。

技術系

  • システムエンジニア 約484万円
  • インフラエンジニア 約496万円
  • ネットワークエンジニア 約464万円
  • サーバーサイドエンジニア 約464万円
  • Web・オープン系エンジニア 約518万円

営業・コンサルタント系

  • 営業 約511万円
  • 医療・介護・福祉コンサルタント 約505万円
  • システムコンサルタント 約490万円
  • その他のコンサルタント 約486万円

 
福利厚生に関しては、京セラコミュニケーションシステムでは特徴的なものはありません。ごく一般的な内容の福利厚生となっています。

※参照:京セラコミュニケーションシステム/採用情報

京セラコミュニケーションシステムはどのような人材を求めている?人材育成は?

即戦力として活躍できる技術・知識・スキルを持ち、長く勤務することができる人材は当然です。それにくわえて京セラコミュニケーションシステムの情報通信システムなどの事業はその環境は加速度的に変化する分野です。そのため速い変化にも対応できるような人材を求めています。また事業を通して社会に貢献することや社会人としての姿勢などの人格面にも着目をしているようです。

京セラコミュニケーションシステムの人材育成の特徴は全社共通研修と専門職研修にわかれていることです。全社共通研修は全社員が受講する研修、専門職研修は職種毎に分かれて受講する研修となっています。

人材育成について

全社共通研修では「フィロソフィ研修」というものがあります。これは京セラグループの理念「京セラフィロソフィ」を理解させ浸透させることを目的に学習をし、課題解決のための実践的な研修となります。

その他には責任者となる職制のマネジメント力強化とリーダースキルの向上を目的とした「マネジメント力強化研修」、入社時に社内の規則を学び、同期との繋がりを深める「年次研修」、対象となる受講者が指名されておこなわれる「指名型研修」などが実施されています。

専門職研修は各職種ごとに必要な技術や知識・スキルの習得・向上のために実施される研修です。基本事業に関するシステム、通信、ネットワーク、コンサルティングなどの職種でおこなわれています。

グローバル化を意識した海外語学研修

 
さらに京セラコミュニケーションシステムは事業のグローバル展開していることから語学研修にも力を入れています。終業後や休日に語学学校に通学したりオンラインで学習する「国内語学研修」と海外の語学学校へ通学し、海外で生活しながら学ぶ「海外語学研修」が用意されています。IT企業でありながら語学習得に力を入れているのはとても特徴的ではないでしょうか。

京セラコミュニケーションシステムはどんな採用活動をしている?

京セラコミュニケーションシステムは中途採用専用の特設サイトを設けており、中途採用に力を入れていると感じます。募集職種は営業系、コンサルタント系、管理系、技術系(システムエンジニア、インフラエンジニア、環境・通信エンジニア)の各職種のそれぞれの業務で募集がされます。ただし、どの職種のどの業務が募集されているかは不定期になっており、希望する職種・業務の中途採用が募集しているとは限らないので、入社希望者は注意が必要です。

応募は特設サイトのエントリーフォームからおこないます。内定はエントリーから約1ヶ月半から2ヶ月ほどで、この間に書類審査と、書類審査通過者に面接試験がおこなわれます。

グローバルに活躍し社会に貢献したい人におすすめ!

 
京セラコミュニケーションシステムは情報通信などのIT系のインフラに携わる事業をしています。そして親会社の京セラのフィロソフィが人格面にこだわるように、情報通信事業を通じて社会に貢献したいという志を持つ人は向いている企業でしょう。京セラ創業者の稲盛和夫氏の経営哲学に共感する人も応募してみてはいかがでしょうか。

また京セラコミュニケーションシステムは海外でも事業を手掛けており、グローバルに活躍をしたい人にはとてもやりがいを感じるのではないでしょうか。