1. ホーム
  2. IT業界転職の基礎知識
  3. ≫IT転職!社内SEへのキャリアアップへの道を切り開こう

IT転職!社内SEへのキャリアアップへの道を切り開こう


社内SEに対するウソと本当、キャリアアップを切り開くプロセス

キャリアアップ

IT業界において、キャリアアップを目指す方の中では、社内SEを目指す人が多いです。 
「社内SEは楽だ」とよく言われますが社内SEを目指す方はどこに魅力を感じるのでしょうか?下請けのSIerは、案件ごとにクライアントも変わるので、忙しく大変というイメージがあり、それに比べて、社内SEは楽だと思うのでしょうか?

社内SEは、自分の力で会社の事業を支えているという、やりがいの感じられる職種です。

しかし、楽だと思われがちな社内SEでキャリアアップを目指すには、準備が必要です。どのようにすればキャリアアップを成功させる事ができるのか、社内SEが本当に楽な仕事かどうかも絡めて紹介致します。

憧れの社内SEの現実

これまで下請けのSIerでは案件ごとにクライアントも変わり、臨機応変に対応するのも大変だったと思います。社内SEのメリットは、自社のサービスにしっかり向き合い、業務に集中できる事です。

しかし、決して楽というわけではありません。「どうすれば自社のビジネスがよりよくなるのか」をシステム側から考えて改善、強化していく仕事なので、とて責任の大きな仕事です。その分やりがいもあり、キャリアアップにもつながります。

また、言われたようにやればいいというわけではなく、自ら積極的に提案できることが大切になってきます。

社内SEは、労働環境に変化がないので、働きやすく、納期にも比較的ゆとりがあります。色々な面で、多少融通がきくので、以前より残業は少なくなるのもメリットの一部です。

給与や労働環境も向上するケースが多いカモ。社内SEは、指示する事も必要で、より自分の手腕が試されるので、仕事へのやりがいも感じらやすいカモ。

社内SEキャリアアップへの道

社内SEへのキャリアアップを考える為には、戦略が必要です。面接官にアピールするには準備も大切です。

転職でキャリアップを目指すには、あなたのこれまでの経験やスキルがアピールポイントになるから、転職を始める前にしっかり把握していきたいカモ。その経験やスキルを証明するような資格があれば、仕事に対して貪欲に学ぶ姿勢がアピールできて、面接官の高評価につながりやすいカモ。

職務経歴書を書くポイント

職務経歴書は、自分の武器や特徴が伝わりやすい文章にしましょう。社内SEでは、ITに詳しくない人も職務経歴書を見る可能性が高いので、誰が見てもわかる書き方にする事がポイントの1つでもあります。

また企業は、ITの知識が豊富な人が欲しいわけではありません。自社のビジネスをよりよくする為に、システム側から考え導く事ができる人を求めています。

要するに、システムの全体像を見て、直すべきところや強化すべきところが判断できる人、さらに言うと、ビジネスを長い目で見て、どういうシステムが必要で、その為にはどのような技術が必要かを見極める力のある人が、企業の求める人材となるのです。

面接対策

面接でいいアピールをする為には、自分のスキルを語るだけではいけません。しっかりと相手企業の採用する背景や、業界の動向や分析をした上で、自分のスキルを持ってどう良くしていけるか、貢献していけるか、相手にマッチした形でアピールしていくのが大切になります。

「また不満を持ってすぐ辞めてしまうのではないか?」と思われないように、「自分の力で事業を成功させたい」という情熱を伝える事も重要です。積極的に前向きにアピールしていきましょう。

社内SEへのキャリアップを目指すのに、楽そうだという認識で挑むと後悔することにカモ

社内SEは、IT企業でキャリアアップを図るにはとてもいい職種です。ワークライフバランスもよく、充実した毎日が送れる可能性も高くなります。また、会社の経営戦略に欠かせない存在なので、とてもやりがいを持って仕事に打ち込むことができます。

転職活動では、自分のスキルを伝えるだけじゃなく、ビジネスを成功させる為に自分のスキルがどう生かせるのかを伝え、相手企業の意向に沿って提案してみましょう。