1. ホーム
  2. IT業界転職の基礎知識
  3. ≫IT業界において30代の初めての転職!その攻略法を教える

IT業界において30代の初めての転職!その攻略法を教える


30代の転職はこれまでの経験やスキルがカギ!20代とはアプローチが異なる

30代の攻略

「30代の転職は難しい」というイメージがあり、これから転職を考える人は不安になる方もいるかと思います。なぜ、30代の転職は難しいのでしょうか?

30代で初めての転職を経験した方々と、採用の現場に立つ人事担当の方々の声を聞くと、そこには両者の求めるものにズレがありました。それが「30代の転職は難しい」と感じる原因となっているのです。

20代の時は通用しても、30代では通用しないこともあります。
これから実際の採用担当の声を元に、20代の転職と30代の転職は、それぞれ何が求められているのか等をご紹介します。きっと突破の糸口になると思いますので、しっかり対策して、転職活動の成功を実現させましょう。

失敗例から学ぶ30代の初めての転職の現状

IT業界において、30代で初めて転職する方が失敗する大きな原因として、これまで培った経験やスキルを正しく把握していない事、IT市場において自分の位置や価値を知らない事等があげられます。これは実際、採用担当の声にも上がっています。

まず、年齢によって、採用担当の見る目も変わることを知らなければなりません。30歳というのが大きなボーダーラインになると言われています。

20代でしたら、将来性や吸収力がある事から、未経験であっても会社が育てようと思い採用するケースが多くあります。しかし、30歳は違います。

20代はキャリアの土台を作る下積みの時期と考えられていますが、30歳はその土台を元に即戦力になるかどうかが採用のポイントになってきます。そこをまず自覚する事が大切です。

また、企業に聞いた30代の落選理由として、「勉強する姿勢がない。」「受け身で意識が低い。」ということがあげられました。

面接で「これからweb開発をしていきたい」と言われる事が多々あるそうです。ただ、それに対して勉強をしていなかったり、環境ばかりに依存して自ら行動していなかったりというケースで、話を聞いてがっかりする事が多いとの事です。

口にするのは簡単だけど、実際行動していないければ、信用は得られないカモ。

30代の転職は怖くない。成功するための攻略法

ここからは、実際にどう攻略していけばいいのかを考えていきましょう。

まず最初に、転職理由を明確にすることが大切です。30代になって初めて転職するのは何故なのか?採用担当も疑問に感じると思います。そこを納得させられるようにしなければいけません。

ただ、本当のところを言うと「給与が上がらない」とか「残業が多い」等の理由がある方もいらっしゃるかと思います。しかし、それは言わない方が無難です。できるだけ前向きな言葉を用意する事をおすすめします。

そして、今後どうしたいのかを強く話すことが大事なので、自分のキャリアに対するビジョンを明確にしましょう。しっかり熱意を持って伝えれば、「この人は長く頑張ってくれる」という良い評価に繋がりやすくなります。

もし業界を転向するのであれば転向する理由もはっきりしておきましょう。「自分が面接官なら、何を疑問に思い、どこに不安を抱くだろう?」ということを意識し、対策を考えるとよりイメージしやすくなります。そうして出た質問の答えに対して、矛盾しないではっきり伝えられれば、信用度も確実にアップするはずです。

ここからがもっと重要な話になります。

30代の転職で失敗する理由として、『自分の市場価値を知らなさすぎること』が問題と言われています。「自分が入社したらこんないいことがある」という事を伝え、自分を売り込んでいく事が必要です。そのために自分のこれまでの経験やスキルを見直し、自分の武器は何かを探ってみることから始めましょう。

誇れることはないと思ったとしても、きっと何かあるはずです。20代でしっかり土台を作ってきたんだから、自信をもって、これまでを振り返り、ご自身にどんな技術があるのかを客観的に見てみましょう。
それによって、転職先も絞ることができ、効率的に目的の転職先を見つけることができます。

まとめ

30代の転職は20代の頃と違い、将来性や吸収性は薄いとみられがちです。その為、即戦力になると感じてもらえる事が採用のカギとなります。

30代になって初めて転職するのは何故なのか、今後のキャリアに対するビジョンを明確にして、業界転向するのであればその動機もはっきりしさせておきましょう。30代の転職は、受け身ではいけません。自分を会社に売り込むことが大切なので、これまで培った実績やスキルをもう一度細かく見直し、自分の武器を企業の求める人物像とすり合わせていきましょう。

未経験は難しいですが、Web開発をしたいなど新たな分野に進みたいのであれば、自分でプログラムを組んでみた資格等を掲示し、自ら積極的に行動していることをアピールしましょう。これだけでも成功する確率は高まります。