1. ホーム
  2. IT業界転職事情
  3. ≫IT業界で培ったスキルを異業種で役立てたいカモ!

IT業界で培ったスキルを異業種で役立てたいカモ!


IT業界から異業種への転職で成功するためのポイント

success01
IT業界で働いていたけれど、この業種で働くのがきつくなった、異業種への転職を考えている、という方はたくさんいます。そこでここではIT業界から異業種への転職を成功させるためのポイントをご紹介します。

社内の異業種への転職

一番ハードルが低い業種への転職なら車内の異業種への転職が簡単カモ。

例えば今はアプリケーション系SEとして働いているけれど、インフラ系の仕事に転職したい、という場合は他の会社への転職を考えるよりも同じ会社の中での転職を考えた方がスムーズに行くことが多いです。

もちろんある程度部署が充実している会社出なくてはできないし、会社そのものに嫌気がさしているならこの方法は選べないけれど、社内の異業種への転職で一気にキャリアアップした、という例はかなりあります。転職を考えるならまずはこれから始めてみる事をおすすめします。

web業界への転職

IT関係に分類されるけれど、web業界への転職もおすすめです。最近ではwebプログラマーの需要がかなり高まっていて、一般的なITプログラマーと比べるとかなり条件が良いことが多いです。やることは以前と同じようにプログラミングになるカモしれないけれど、人材そのものが足りていない傾向にあるからスピーディーなステップアップが見込めるチャンスがあるのも大きなメリットとも言えます。

ただし、この場合は注意しなければいけないことが、あなたが今の会社を辞めたいと思っている理由が、IT業界で多く聞かれるような「サービス残業が多いなどの厳しい労働環境」が理由だとしたら、注意が必要です。たしかに人材そのものが足りていない傾向があることから募集が多くあり、IT業界の経験があるあなたにとっては転職しやすい業界とも言えます。

少し違う視点から考えてみよう。

人材そのものが足りていないということは、仕事量が今よりも多くなり、さらなる厳しい労働環境になってしまう可能性もあります。ほかの業界に比べるとだけど、IT業界やweb業界にはブラック企業が多いと言われることが多いです。次に行こうと思っている会社があるとしたら、良く調べてから慎重に行動しましょう。

全くの異業種への転職

ITとは全く関係のない異業種、例えば飲食店を経営したい、営業職としてバリバリ働きたい、という方もいるかもしれません。そんな時はIT業界にいたときにどんな実績があったのか、そこで培ったスキルをどのように活かせるのかをアピールできるように準備しておきたいところです。

年齢にもよるけれど、全くの異業種に転職するよりはある程度ITに関連したところに転職した方がスムーズに行くカモ。

異業種の業界でもIT系担当(SE・システムエンジニア担当)として転職を考えてみるのも良いでしょう。

webサイトを使って自社の商品やサービスを宣伝する事は、現代ではあたりまえになっています。だから自社でIT系担当を採用して、自社の商品やサービスを宣伝するためのwebサイトを制作したり、更新したりする会社が増えてきています。それに自社でIT系担当を採用している会社って比較的大きな会社が多い傾向があるようです。
webサイトだけに限らず、情報が多い世の中でいかに情報をまとめるかが重要とも言えます。社内の情報をまとめるシステムを使用して、余計な手間を削減することに力を入れることが課題の会社が多いです。自社でシステムの制作をしているって会社もあります。

もうひとつ増えてきているのはスマートフォン向けのアプリを使っている会社です。商品やサービスを宣伝するアプリももちろんだけど、ポイントを貯めるためのアプリだったり、予約の受付や管理をするためのアプリなどがたくさんあります。こういったアプリの制作や更新をいまあなたがいるようなIT専門の会社に委託することはできるけど、更新する場合などに手間と時間がかかります。だから自社でIT系担当を採用して、制作から自社で行って、更新などのアプリ運営を担当者に任せるというような会社も増えてきています。

あなたのIT業界での経験を活かして大企業に転職できて、活躍できるチャンスがあるかもしれません。

IT業界から全くの異業種への転職について、もう少し解説するカモ

飲食店の経営は、投資額が大きくリスクがともないます。経験や知識がなければ、なおさらリスクは高まります。たしかにハイリスクハイリターンと言われている業界だけど、一度飲食店で働いて経験と知識を身に着けてからIT業界の経験を生かした経営をするほうが成功の可能性が高まるかもしれません。

どうしても異業種に転職するなら、営業の仕事が良いカモ。

IT業界を辞めて、営業の仕事をしてみようって思って転職する人が結構多くいます。業界を問わず営業の仕事って募集が多いし、未経験でも比較的採用されやすい仕事のひとつなのかもしれません。実際に求人をみても「未経験でも大丈夫」「異業種から転職した先輩社員が活躍してます」という募集を多く見かけます。

IT業界での経験はあまり生かされないかもしれませんが営業のスキルはどの業界でも通用し。今後のあなたの心強い武器になりえます。ゼロからのスタートにはなってしまうけど、営業の仕事に興味があるなら、チャレンジしてみる価値のある仕事です。

ここでも注意が必要ですが、営業の仕事でも「楽な仕事ではない」ということを忘れてはいけません。IT業界にプログラムなどのノルマ、クレーム、残業があるように、営業の仕事だってノルマ、クレーム、お客様や上司に言われた仕事が終わるまでは帰れないことが多いだろうから、残業だってあります。営業の仕事も業界も未経験のあなたにとっては、今よりも残業が増えて大変な仕事になってしまうかもしれません。
転職者にたいして風当たりの強い会社も多いのも事実ですし、経験のないあなたは仕事を受注できなくて、孤立していまう可能性もあるかもしれません。減給なんてことも考えられます。あなたが何歳で転職しようと思っているかにもよりますが、ほんとうに営業の仕事ができるか良く考えてみてください。

世の中、楽な仕事はありません。どんな仕事にもそれぞれ大変なことが必ずありますし、悲しいことにどんな業界にもブラック企業は存在します。あなたがIT業界を辞めて今後どうなっていきたいかビジョンをしっかり持って、転職活動をすることが大切かも知れません。