1. ホーム
  2. IT業界転職事情
  3. ≫20代で初めてのIT転職を考える上で大事にすべきところ

20代で初めてのIT転職を考える上で大事にすべきところ


30代、40代の自分をイメージして20代初めての転職に挑む

初めての転職

ITエンジニアとして5,6年経った時、これからどのようにキャリアを積んでいくかを少しずつ考えるようになるかと思います。しかし、20代で初めての転職となると不安になることも多いですよね。中には、転職で失敗するというイメージをされる方もいるでしょう。

初めての転職は不安も大きいかもしれませんが、転職は個人の価値を高め、キャリアの幅を広げるチャンスでもあります。30代40代と、今後のことを考え、今のうちから転職という選択肢を考えておく事をおすすめします。20代には20代にしかできない転職があります。

20代のチャレンジをしっかりサポートしてくれるマイナビエージェント

マイナビエージェントは「マイナビグループ」の豊富な実績を基に、企業・求職者に支持されているエージェント!【口コミ・評判】

年齢別で求められるキャリアが変わる

これから、エンジニアとしてキャリアアップを図るために、30歳、40歳になった時、どうあるべきかを考えていきましょう。

キャリアを積み上げていく上で、30歳がまず1つの区切りになります。20代の転職では、会社も教育して育てようと考えるて採用しますが、30代になると、そのスタンスが大きく変わり、“即戦力”を重視されるようになります。そうなると下積みとなる20代で何をしてきたかが大切になってきます。

次に一つの区切りになるのが35歳です。この年になると、即戦力であることは大前提で、マネジメント能力があるか、専門の技術力があるか等を見られるようになります。チームリーダーとしてメンバーを管理した経験や、一つの分野に特化した知識があれば、転職の際の強みとなります。

以上のことを踏まえ、20代の転職を考えると、キャリアアップしていく姿をイメージしやすくなるのではないでしょうか。具体的なビジョンを立て、初めての転職をするのであれば、その目的を考えることが重要です。

給与や待遇面を上げるためのキャリアアップ転職なのか、新しい分野に踏み込んでキャリアの幅を広げる為の転職なのか、どちらが自分の思い描く未来の姿に近づけるかを、まず考えてみましょう。

キャリアアップを成功さるためにの対策

これまでお話した、年齢別で求められるキャリアの違いを考えると、20代でどう下積みをしていくかが、いかに大切なことかがわかりました。

20代のうちは多くの業務でいっぱいいっぱいになる時期かもしれません。しかし、目の前の業務にいっぱいにならずに、知識や経験を増やすこと、新しいことにチャレンジしてキャリアの幅を広げることが成功するカギとなります。

20代で初めての転職をするのであれば、キャリアアップより新しい知識や経験を増やす事を目的とした転職を考えるといいカモ。そうすれば、後からキャリアは付いてくるはず!

また、常に情報収集すること忘れないことも大切です。いざ転職する時のことを考え、自分の武器となる長所は何か、苦手なところはどこかを周りと比較して知っておきましょう。そうすると、いずれ転職する時にアピールしやすくなります。

エンジニアをしている方のブログや、転職記事で転職成功例をチェックする習慣をつけておくと、日々変わるIT業界の情報も入りやすくなります。また、転職しなくても、転職エージェントを利用する事は可能です。転職エージェントは、客観的に自分のキャリアを判断する手段としても活用することができます。

そして、エンジニアは常日頃の技術の勉強が大事な業界でもあります。新しいことに興味を持つだけではいけません。実際にシステムを作ってみるなど、行動することが大切です。

20代の初めてのIT転職は自分の土台を固めるために

30歳、40歳になる自分をイメージし、今からしっかりしたキャリアの土台を作るために転職するのも、ひとつの手段です。もちろん、今の会社で可能であればどんどん新しいことにチャレンジし、それが難しければ転職に一歩踏み出しててはいかがでしょうか。

これから初めて転職する人はまず自分を知ること。IT業界も競争社会ですので、その中で自分の立ち位置はどこなのかしっかり把握することが大切です。その為に、常日頃から情報収集を欠かさないように心がけましょう。

自分は他の人と比べて何が得意で何が不得意なのかを知ることで、転職時にもアピールしやすくなるカモ。