1. ホーム
  2. IT業界転職事情
  3. ≫ヘッドハンティングでIT転職の声がかかった!決める前に知っておきたい注意点

ヘッドハンティングでIT転職の声がかかった!決める前に知っておきたい注意点


浮かれてはいけない!ヘッドハンティングに潜む罠。冷静な判断が大切!

ヘッドハンティング

今、世界的に見てもエンジニアは不足しています。海外では、優秀なエンジニアはヘッドハンティングで転職をすることもとても多いです。

ヘッドハンティングは思わぬ時に声がかかる事があり、声がかかるだけでもうれしいですよね。ヘッドハンティングされるということは、あなたが優秀であると認められた証でもあります。

でも、ちょっと待って!その転職大丈夫?中には後先考えず踏み出してしまい、失敗したなんて思う人もいるのが現状カモ。

ただ、正しい対応をすれば、それはチャンスにもなります。今回は、ヘッドハンティングでも成功できるように具体例も合わせて紹介致します。

ヘッドハンティングに潜む罠

ヘッドハンティングされるということは、それだけIT業界で名が通っているということになります。飛び抜けて優秀な成績を上げていたり、マスメディアでエンジニアとして取り上げられていたりした事を注目されて、声がかかることが多いからです。

ヘッドハンティングは、給与や待遇が驚くほどよく魅力を感じ、すぐに飛びついてしまうケースが多くあります。しかし、高待遇にはそれなりの理由もあるということを忘れてはなりません。残業が多かったり、仕事内容が過酷だったりする事が多々あるので、気をつけて見極める必要があります。また以下のような体験談もあります。

体験談小さい会社からのヘッドハンティングでしたが、大企業の取引先ということもあり、儲かっている会社で、「今よりやりたいことが自由にできる」と声をかけられました。でも実際は、お客さんに言われたことをやるだけで、全然イメージと違い、いくら時間が経っても仕事内容は変わりませんでした。
しかも、失敗したことはそれだけではなく、給与も変わらなかったんです。

失敗した原因は、ヘッドハンターからのおいしい話ばかりに目が行き、給与の交渉を行わなかったことカモ。

体験談2
実際契約の際、金額面を見たら以前と変わらない給与でした。
「最初はそれでもいい。そのうち上がっていくだろう。」と考えたのが甘かったと今では思えます。

仕事内容も充実できず、給与も変わらない。ヘッドハンティングで、結果キャリアを下げてしまう事になるのは、もったいないカモ。

ヘッドハンティングの中には、「アームハンティング」といって、誰でもいいから人手が少ない会社に転職させようとするヘッドハンターが存在します。ヘッドハンターは紹介した企業から紹介料をもらっており、躍起になっている人もいるので、注意が必要です。

ヘッドハンティングにあった際の注意点と対処法

まず、給与はしっかり交渉しましょう。転職すればもっとやりがいが得られると感じても、一度冷静に考える事が大切です。そうならないことも見込んで、給与や待遇が良くなるように交渉をし、先ほど取り上げたような結果にならないようにしなければなりません。

紹介された企業の研究や、他者との比較も忘れてはいけません。ヘッドハンターの言葉だけを信じるのではなく、今ではWEBで会社のことをある程度調べることが可能ですので、しっかり会社を見て判断するようにしましょう。

ヘッドハンティングされて舞い上がってしまう事が、誤った転職に繋がる可能性を大きくします。また、せっかくいい話でも、面接をした際につい傲慢な態度になってしまい落とされてしまうケースもあります。ヘッドハンティングされても謙虚な姿勢を忘れない事も次へ繋げるポイントです。

また、冷静に判断できるように転職エージェント等のサービスを並行して利用する事もお勧めします。第三者が入ることで冷静なアドバイスがもらえる事が多々あるからです。

ヒューマンタッチ、ワークポート、レバテックキャリアなど、自分に合う転職エージェントの情報を一度見てみて、迷った時等に利用してみる事もいいカモ。

まとめ

ヘッドハンティングを受けたということは、あなたが優秀であるという証です。
しかし、悪いケースもある事を覚えておきましょう。ヘッドハンターの言葉だけを信じて、すぐに判断するのは危険ですので、紹介された会社のことを、ご自身でもきちんと調べることをおすすめします。

アームハンティングには注意して!冷静な判断が難しい場合は転職エージェントを活用するのもよいカモ。給与交渉も忘れずに、着実にキャリアアップできるように意識するのが成功への道カモ。