1. ホーム
  2. IT業界転職事情
  3. ≫アプリ界の新参者!グノシーの年収が気になる!

アプリ界の新参者!グノシーの年収が気になる!


様々な情報キューレーションサービスを発信するグノシーってどんな会社?気になる待遇は?

グノシー

株式会社Gunosyは、東京の六本木ヒルズ森タワーに本社をかまえる2012年に設立された比較的新しい会社です。

開発したアプリは800万ダウンロードを超え、わずか二年半で東証マザーズに上場するまでになりました。急成長を遂げたグノシーではどのくらいの収入が見込めるか探っていきましょう。

東大生が作った会社!?グノシーヒストリー

そもしもグノシーには最初は法人化の予定はありませんでした。グノシーの看板ともなっているニュースアプリの「グノシー」は、当時、東京大学大学院で工学系の研究をしていた福島良典氏が同級生の3人とともに開発したニュース系配信アプリです。そのニュースアプリのダウンロード数が予想を上回るほどの評判を呼んだため、企業に踏み切ったという経緯があります。

開発当時は、ユーザーの好みの記事をまとめて配信するアプリでしたが、のちに朝刊や夕刊なども配信する機能を追加、カテゴリーを細かく設定することで、まるで雑誌を手に取っているかのような感覚のアプリになりました。

そんなグノシーは海外への進出も果たしています。広告費を収入源に、東大生が作ったアプリというふれこみ、「3分間で旬のニュースがまとめ読みできる」というキャッチコピーでビジネスパーソンをターゲットに大きく成長を続けています。
そんなまだまだ発展途上ともいえるグノシーの年収について調べました。

グノシーの年収はいかほど?

グノシーの平均年収は、647万円で、社員の平均年齢は31.1歳です。若手が活躍している会社であることがわかります。

平均勤続年数は1年ほどと短いですが、これはおそらく会社ができたばかりであるせいでしょう。年収も同年代としては高く、できたばかりの会社にでは、かなりの高水準であるといえます。また、従業員の数も年々増加傾向にあり、これからますますの成長が期待できます。

グノシーが求める人材はこんな人

ニュースキュレーション分野はかなり競争率の高い業界であり、少しの違いでユーザーが激減したり、また少しの工夫で劇的に増えたりするシビアな市場です。

そんな荒波を生き抜くために必要なのは、社員の技術の高さです。そのために必要なのは高いコミュニケーション能力でしょう。グノシーが求めるのは、自分自身で考え、積極的に立案もできる刺激的なメンバーです。

グノシーでは「世界中の人々に最適な情報を届ける」というミッションを掲げています。毎日新鮮な情報を配信することにより、ネットにくわしくないユーザーにも情報に出会う機会を与えたい、人の幸せを信じ、日々開発を行っています。
そんなグノシーの理念に共感し、一緒に日々奮闘してくれるメンバーを求めています。

どんなポジションの募集があるの

デザイナー
グノシー内で取り扱うすべてのプロダクトのデザインや開発を行います。デザインだけでなく、企画の立案からメンバーと一丸となって取り組みます。

必要なスキルについては、まずグラフィックデザインのスキルは必須をなります。また、WEBデザインやフォトショップなどのスキルも必要です。

また、広告や印刷物のデザインの経験やアニメーションの作成・編集経験などがあるとなおいいでしょう。積極的にスキルを習得し、他のメンバーと円滑なコミュニケーションを図るなど、技術以外の人間力も必要です。

各担当エンジニア
機械学習・自然言語処理エンジニアやデータ分析エンジニア、データプラットフォームエンジニア…など各方面で活躍するエンジニアの募集を行っています。

どれも、グノシーが提供するサービスに係る重要なポジションです。グノシーの作るアプリは、まだまだ成長の余地のあるものばかりです。各メンバーが専門分野で、分析から開発まですべてを担います。

アルバイトでも入社可能
グノシーでは、正社員はもちろんのこと、アルバイトの募集も行っています。用意された項目に沿って、パソコンやスマホなどでWEBサイトなどが問題なく動くかどうかかなどをテストし、バグを報告する仕事です。

また、経験を積むとテスト項目の作成も任せられます。単純作業が好きな人や新しい技術を知り、触れるのが好きな人、また柔軟な考えに下で業務に当たれる人が向いています。

グノシーの待遇は?

土、日、祝日が休み

ポジションにもよりますが、グノシーがうれしい暦通りの休日がとれます。また、夏季休暇、年末年始もしっかり休暇があるので、メリハリをつけて仕事ができます。

賞与・昇給がある

賞与、昇給はうれしい年2回です。自分の頑張りが評価される場であることがわかりますね。

特別休暇も充実しています。

慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇があり、女性でも働きやすいい企業と言えるでしょう。また、有休もしっかり与えられます。

グノシーの業績は?

グノシーの業績は好調といえます。2017年7月14日に発表した通期決算の売上高は77億円、営業利益は15億円と例年を大きく上回り、10倍以上の成長を遂げています。

起爆剤となったのは、グノシーの要であるニュースアプリ「グノシー」やKDDIとの共同で発表した「ニュースパス」が絶好調であることがあげられます。

ニュースパスは2268万ダウンロードを達成しており、1日当たりの利用者数も50%増加しています。グノシーは今年度の売上高に107億、営業利益22億を目標として掲げており、今後ますますの成長が期待できます。

自分の力は十分に発揮できる十分な年収と環境

グノシーはニュースアプリというフィールドで徐々に業績を伸ばしてきました。社内環境も、ささいなことでも提案がしやすく、失敗に寛容な雰囲気があります。

失敗を恐れずに挑戦し、失敗すら経験値に変えて次へ進む…それこそがもっとも重要なことだと考えているのです。

今後の業績も期待できる今注目の企業で、「やりがい」と求め、精鋭がかりのメンバーと切磋琢磨し、自分自身も成長を感じながら働きたい人におすすめの企業です。