1. ホーム
  2. IT業界転職事情
  3. ≫IT業界はブラックが多い!?ブラック企業を避ける転職方法

IT業界はブラックが多い!?ブラック企業を避ける転職方法


ITブラック企業の見分け方はどこに注目すれば良い?

black01
IT業界といえば、ブラック企業が多いというイメージを持っている人もたくさんいるでしょう。実際にIT業界で働く人の話を聞いてみても、残業が多かったり休日出勤が当たり前だったりするブラック企業もあるようです。

でも全てのIT業界がブラックというわけではないカモ。ここでは転職でブラック企業に入らないための、企業の見分け方をご紹介します。


パソナテックPR

カモパソナテックの詳細を見る

未経験歓迎に注意

ブラック企業かそうでないかを見極めるポイントのひとつに「未経験歓迎」が挙げられます。未経験歓迎には大きく分けて次のような2つの意味があります。

  • 育てていって優秀なエンジニアを確保したい
  • 未経験者でもできるような簡単な業務を任せたい

もちろんエンジニアを育てていきたい!というところの方がおすすめです。

見分け方としては面接時に、研修プログラムやキャリアを見据えた話をしてみることです。ここで具体的な研修の話やどのようなキャリアが用意されているのか(例えば入社後3年目のエンジニアはどんな働き方をしているのかなど)を紹介できるところだとひとまず安心でしょう。

会社の規模はあまり関係ないカモ

ブラック企業は中小に多いイメージがあるかもしれませんが、それはあまり関係ないのが実際のところです。大企業でもブラック企業として有名なところは多いですし、中小企業でも定時で上がって休日出勤は無し、土日祝日はしっかりと休めるようなホワイトな企業もたくさんあります。

会社の規模が小さいからブラックだろう、と安易に考えるのではなく、きちんと見極めることが大切カモ。

ブラック企業リスト!気になるあの会社はブラック?要チェックです。

近日追記予定カモ!「ブラック企業の定義とは?ブラックの種類とその見分け方」についても紹介するカモ。

結局最後は自分次第?

ブラック企業とその見分け方について前述しました。ただ結局のところは、その企業がブラックかどうかを判断するのは企業に所属した人であり、そこにはもちろん個人差が生じます。

転職先がブラック企業だったとしても、新しい技術や知識を吸収してそれをしっかりとアピールできれば、ブラック企業でもポジションを確保できるものです。そうすればブラック企業だったとしてもブラックに感じず、やりがいが出てくる、という意見も少なからずあります。結局最後は自分次第なところがあるのはどの業種、どの企業でも同じことです。

ブラック企業となる原因について、考える必要があるカモ?

GREEN_TA20140125_TP_V (2)

IT業界だけでなく、飲食業界やホテル業界もブラックが多いといわれるのを、転職サイトやまとめサイトで見ることがあるのではないでしょうか。確かにこれらの業界は、離職率も高くて労働時間も長い、あまり魅力を感じることの少ない業界かも知れません。しかし、そんなブラック企業でも長年働いている人がいるから、企業が継続できています。

ブラック企業ランキング”というものを時々見かけるけど、一体何を基準にしてランク付けしているのかな?

ブラック企業ランキングの基準って何?

只今準備中カモ

IT企業の労働環境の現状

只今準備中カモ

まずは「ブラック企業といわれる原因」を考えてみよう

転職の際には、この「ブラック企業といわれる原因」をしっかりと考えることが大切です。
例えば、何か月も休みもなく、残業も月に100時間程度で給料も労働に見合っていない。こんな会社はブラック企業で間違いないですし、誰だって入りたくありませんよね。

しかし、給料がIT業界の平均の倍以上貰えたり、特別休暇で1ヶ月丸々休めたりといった、特別な条件があったらどうでしょう?おそらく、働いてみたいと考える転職者も増えるのではないでしょうか。

こんな風に考えてみると、他人がブラック企業と言っても、自分にとってはそうじゃない場合も多いカモ。なんだかんだいっても、やっぱり転職する時には、自分の目で確かめるてみることが一番大切カモ。

良いブラックと悪いブラックの違いって何?

どんな人であっても、転職するなら、今よりも条件の良い会社で働きたいと思うのは当然です。そう考えると、やはり小さな企業より誰もが知っている大企業へ転職したい人が多いことも普通なのかも知れません。

ただ、誰もが知っている大企業でも、実は一部の業務はブラックなんてこともあます。苦労して大企業に入ったのに、全然技術を生かせない部署に飛ばされて、何年かしたらリストラされたなんてひどい話も良く聞きます。

逆に、世間ではブラック企業なんて屈辱のレッテルを張られているのに、仕方なく入ったら、すごく人間関係がよくて、居心地が良いなんてこともあるかも知れません。

ここで言いたいのは、単にブラック企業だから悪い会社だと決めつけるのではなく、そのブラック企業が自分にとって良い企業なのか、悪い企業なのかを考えるのが大切ということです。

確かにIT企業は、急成長した業界にある会社なので、見方によってはブラックと呼ばれる厳しい条件に当てはまる企業も多くあります。しかし自分の上司や同僚が、優秀なエンジニアなら、その人から学べる事もたくさんあるでしょうし、今はきつい条件であっても将来どうなっていくかは分かりません。もちろん、転職して、すぐに高待遇な条件ならいうことなしですが、将来の目標に向かって役に立つ経験ができる環境であれば、条件がブラックであっても、良いブラックといえるのかも知れません。

ホワイト企業への転職を成功させる方法

只今準備中…。「ブラック企業」の判断基準は人によって異なるカモ。まずは、自分が現在の職場のどこに不満を感じ、転職先では何を一番重要視したいかを明確にすることが大切カモ。

情報収集の仕方

只今準備中…。ただ、個人で企業の情報収集をするのには限界があるカモ。業界内の企業と密にやり取りを行っている転職支援サービスを使うと良いカモ!

まとめ

只今準備中カモ。