IT業界の転職事情


ITランキングへ飛ぶ
自己紹介

IT業界の現状と未来

2000年のIT革命に始まり、IT企業がマスメディアで取り上げられたことによって人気の出たIT業界。この業界での転職に成功するためのポイントはあるのでしょうか。

まず、IT業界についての現状や今後の動向、転職を成功させるポイント、やりがいなどを紹介するカモ

転職をおこなうには業界の動向を知らないと始まりません。 現在のIT業界はどのような状況にあるのでしょうか。

多様化していく現状

現状と未来

そういえば、以前に比べて「IT企業」という言葉を聞かなくなったカモ…。

「IT業界の盛り上がりも終わってしまい、求人が減っているんじゃないか?」と思っている人もいるかもしれませんが、その点は安心していいでしょう。その年ごとに差はありますが、現在でもIT業界の求人は上昇傾向にあります。

ところで、”IT業界”といわれて、皆さんはどんな職種をイメージされますか?

通常は「パソコンを使ってみんなが使えるようなWEBサービスの開発や運営をおこなう」というのが一番にイメージされるカモ。

たしかに、IT企業の中にはWEBサービスを主体としている企業も多く存在します。

しかし、WEBサービスを提供するためには、「WEBサイトのデザイナー」「フロントエンドエンジニア」「バックエンドエンジニア」といったイメージされやすい職種だけでなく、企画や立案をおこなう「ディレクター」や、ユーザーからの問い合わせに対応する「カスタマーサポート」も必要です。

さらに、提供するサービスを利用してくれる人を集めるための「セールスマン」も必要になります。

IT関係ではあまりピンとこないカモ。でも、そのサービスの優れているポイントを説明し、企業向けサービスであれば導入してくれる企業、通販サイトであれば出店してくれるお店を集めないことにはサービスの運営を継続出来ないから、重要カモ。

業界が立ち上がったばかりの頃は、人材も少なくWEBデザインとフロントエンドの実装を兼任することもよくありましたが、規模が大きくなるに連れて職種が細分化され、より専門的な知識が必要になってきました。

また、スマートフォンのような新しい機器の台頭や、ビッグデータ、AIのように新しい分野の登場によって、新しい知識やスキルが求められるようになっています。そのため、一口に”IT業界”と言っても、簡単に説明することが出来ないくらい多様化していると言えるでしょう。

カモIT業界の有力な情報提供をする転職エージェントならココ!

業種によっては成長鈍化という課題も

成長鈍化

業界全体の求人は増えている一方で、「IT業界は成熟している」といった声もあるカモ?

以前と比べれば、業界規模の上昇率は緩やかになっているとはいえ、成熟と言うほどかは難しいところです。では、成熟と言われるのはなぜでしょうか。

そう言われる理由の1つとして、すでに紹介した多様化によって新たな職種が生まれていることが挙げられるかもしれません。例えば、新しいサービスやシステムの開発をおこなおうとする企業に対して、そのノウハウや進め方をアドバイスする”IT関係を専門に扱うコンサルタント”といった職種も存在するようになりました。

え!?僕の以前の職業!新しく生まれた職種だったんだぁ…

もともと、他の業界と同様に経営コンサルタントがおこなうことが多かったのですが、専門的な知識が必要になるため、IT関係に特化しておこなうコンサルタントが出てきたのです。そういった職種をIT業界として扱うかどうかは判断が別れるところでしょう。

そっか、多様化することで、どこまでをIT業界として扱うかが難しくなったて、線引きの仕方によっては業界の成長が感じられずに、成熟したという意見が出るようになったのカモ。

また、もう1つの理由は、職種によっては成長の止まるものもあるということです。担当する区分が細分化されたり、新たな職種が生まれていく中で”ある特定の職種”に絞って見れば、成長どころか減少しているものもあるでしょう。

たしかに、WEBサービス等の開発を請け負った場合、完成したサービスだけでなく、設計に関するドキュメントなどの納品も必要カモ。当然、ドキュメントを作成するのにも工数がかかるし、自動で生成できるなら、そっちの方が効率いいカモ。

もちろん、「設計ドキュメントを作成する」ことだけを仕事としている人は少ないでしょうから極端な例かもしれませんが、ツールの進歩やAIなどによって、需要が減っていく職種や業務があるのは仕方のないことだと言えるでしょう。

 今後、業界の規模は?

IT業界を語る上で”多様化”という言葉は外せません。単純に業界規模が拡大しているというよりも、範囲が広がっていくために結果として規模も拡大しているというほうが適切かもしれません。

「何かの技術を持った人の需要が増え続けている」というよりも、「新しい知識や技術」「今までIT業界と関係なかった知識や技術」の需要が出てきているために、全体の需要も増加していると言えるでしょう。

とはいえ、業界として需要が増えていることには変わりありませんので、転職を考えるときに不安視する必要はないでしょう。

IT業界における人手不足 3つの原因とは?

人手不足

業界規模はまだ拡大していると言っても、以前のように急激な需要増加があるわけではないのに…なんで人手不足なんだろぉ?転職を考える人にとっては、プラス材料に感じますが、その理由はしっかりと理解しておいた方がいいカモ。

EBやIT技術の変化への対応
どの業界であっても、技術や仕事の進め方は変化していきます。仕事を続けていくためには、その変化に対応していく必要がありますよね。その変化が特に早いのが、WEBやITに関する技術だと言えます。

インターネットやスマートフォンは仕事の中でも大いに活用されており、IT業界以外の仕事の進め方にも大きな変化を与えています。仕事の進め方が変化すれば新しい要望が出るのは当然のことなので、それに対応するIT業界の変化はさらに早くなるのは当然かもしれません。

例えば、「5年ほど活躍した人が2年ほどブランクの後に復帰する」ことを考えた場合、過去の経験が活かしやすい業界や職種もあるでしょう。営業職やタクシーの運転手などがそれにあたるかもしれせん。

しかし、IT業界の場合はどうでしょうか。開発ツールにしても、システムにしても大きく変わっていて、以前の経験だけですぐに復帰するのは難しいのは予想できますよね。

これは、ブランクがある場合だけの話ではありません。その業界で仕事を続けていても、当然変化に対応する必要があります。その業界にいるので、新しい情報は得やすいはずですが、今持っている知識や技術でこなせる仕事だけをやって、変化への準備を怠った場合は、もちろん付いていけなくなります

「努力が必要」という言葉が適切かどうかは分かりませんが、「将来を考えて変化への準備」をすることは必要カモ。それが出来なくて、業界から離れてしまう人もいるカモ。

カモ転職後もフォローしてくれる転職エージェントを探す

ハードワークでの体力消耗
IT業界というと残業が多いイメージかありますよね。「徹夜で不具合対応した!」なんていう話は業界あるあるではないでしょうか。仕事量が見込みづらい点と、緊急での対応が必要なことが多い事が原因の1つだと考えられます。

例えば、製造業であれば「売れすぎて生産が追いつかない」といった嬉しい誤算がない限りは、季節によって需要が変化する製品の製造であっても、事前に仕事量を見込むことが出来るので「シフトや工場の稼働時間」を調整することで対応出来ますよね。

しかし、IT業界のWEBサービスの場合はどうでしょうか。サービスの開発自体は、要求仕様から工数を見積もるわけですが、途中でクライアントから変更が入ることは多々あります。さらにサービスを開始してからでも、不具合が発生すれば対応する必要がありますし、そういう場合、殆ど至急の対応が求められることになります。

仕様変更やサービス開始後の不具合対応工数をあらかじめ見込むには限界があります。しかし、会社としてはクライアントの要望は、できるだけ早く対応したい。そうすると、どうしても残業での対応になってしまいます。

若いうちはともかく、年齢が高くなるにつれて、どうしても体力的にきつくなってしまうカモ。体力的に問題がなくても、家族が出来た場合など、ワークライフバランスを意識して働き方を変えたいと考え、業界を離れる人もいるカモ。

社内IT需要増加による人材不足
人材不足の原因として、変化への対応や、体力的な問題などによって業界を離れてしまう人がいるというのを紹介しました。「長続きしない仕事だから人材不足なの?」と思うかもしれませんが、それだけが原因ではありません。人材不足の大きな原因と言えるのが、社内でのIT業務をおこなえる人材の需要が増加したことではないでしょうか。

仕事でインターネットやツールを使用する時、当然それらの使い方を知らなくてはいけません。しかし、若い新入社員からベテランの社員まで、全員が自分で使い方を調べたり、問題を解決できたりするわけがありません。そこで、会社や部署の中で、IT系の知識に強い人が必要となります。

自社のホームページや商品紹介のWEBページを作るには、デザイナー、エンジニアが必要ですし、SEO対策も行う必要があります。さらにインターネットを使うということは、外部からの攻撃などに備えてセキュリティ対策も行う必要があります。

このようにIT企業でなくても、IT関係の業務を担当する人材が必要になっています。IT業界の規模と同じように、就職希望者が増えていたとしても、他業界の社内IT業務に進む人も考慮すれば、人材不足というのは頷けます。

また、この状況は転職にもプラスに働きます。もし、IT業界の残業の多さが転職理由である場合、違う業界への転職を考える人が多いかもしれません。しかし、社内IT業務であれば、今までと同じ”ITに関連した職種”の需要があります。これはとても嬉しい事ですよね。

たしかに、IT企業でなくても、近年インターネットを使わない企業はないし、1人1台パソコンやスマートフォンが至急される企業も多いカモ。社内でのデータ共有も、自社のサーバーや外部のサーバーを介して行うし、勤怠管理ツールやメールサーバー、自社のホームページ等…インターネットは欠かせなくなっているカモ。

IT業界での転職が成功しやすい人材とは?

成功する人材

業界規模が増加していて、人手不足であるなら転職は簡単な気がします。たしかに、転職者にとって有利であることに変わりはありませんが、条件や環境のいい仕事の競争率が高くなってしまうのはどの業界でも同じことです。

例えば、下記のような希望する条件をクリアしたいのであれば、転職を成功しやすい人材になる方法を知っておくべきです。

転職時の希望条件例

  • 突発的な残業が少ない
  • 給料が高い
  • 自宅勤務も可能
  • 独立へのサポートがある

カモ転職先と条件の交渉をスムーズにするには?

新しい技術や情報を調べることを趣味にする

IT業界は技術の変化が早いと書きましたが、それにしっかり対応出来る人はそれだけで大きなアドバンテージと言えるかもしれません。

例えば、iOSアプリの開発を行う場合

iOSがアップデートされることで、使用できるAPIなどが変更になることがあります。その変更に対応する必要があるわけですが、そういった対応をいち早く行うのは簡単ではありません。

こういった対応方法についての情報は、下記のように広がっていきます。

  1. 公式に発表された変更を見て、試行錯誤をおこない対応策を見つける
  2. 対応策を見つけた人が忘備録としてブログなどにアップする
  3. 対応策を、画面キャプチャ付きで詳しく解説をするブログ等が登場する
  4. 多くの人が簡単に対応策を見つけることが出来る状態になる

対応方法「2」について

もともと知識のある人が忘備録として書いているため、前後の説明が無いこともあります。つまり、書いてあることを理解するためには、ある程度の知識が必要という事です。また、多くの場合は英語で書かれています。

対応方法「3」について

親切心やブログのアクセスアップなど、目的はさまざまですが、それほど詳しくない人でも、どの手順でおこなえば対応出来るのかが分かるように書かれているサイトが増えてきます。

「3」「4」の状態にならないと対応出来ないという人は、第一線で生き残っていくのは難しいですよね。かといって、「1」「2」の状態で対応出来るようになるのはとても難しい事です。

業務の中で「新しい技術や情報を調査、検討」にしっかりと時間をかけさせてもらえるのは理想ですが、日々の業務に追われているとそうはいかないカモ。だからといって、業務外の時間に調べたくもないことに時間をかけるのは苦痛。もし、このような新しい技術や情報を調べることが楽しいと思えるなら、大きな強みになるカモ。

第一人者になれるくらいの専門的スキル

これは言うまでもないことかもしれませんが、同業の人と比べても抜きに出ている知識や技術があるのであれば、何の問題もないでしょう。第一人者になれるくらいであれば、転職先が見つかるかというよりも、現職よりも好条件でのスカウトやヘッドハンティングを期待したくなりますよね。

また、変化の早いIT業界ですが、新しい開発ツールが登場したとしても全てが置き換わることはありません。

使いやすさが大幅に向上した為に、新しいツールを使用する人が増えたとしても、”細かい設定が可能”、”古いOSとの相性”などの理由で、古いツールの需要も残ります。

求められるのは「ちょっと使うことが出来る」ではなく、「完全に使いこなせる」人材。第一人者ほどであれば、その需要を勝ち取ることも可能カモ。

幅広い関連分野の知識

IT業界全体的に業務が細分化されてはおりますが、それは全ての会社で統一された分類ではありません。企業によって業務の担当範囲が異なるということはよくあります。小さな企業ではより顕著で、複数の業務を兼務することもあるでしょう。

フロントエンドエンジニアとして転職した新しい転職先で仕事を頼まれたときに「それは前の職場ではフロントエンドエンジニアの仕事ではありませんでした」といって断るのもどうかと思います。

明らかに関係のない仕事ならともかく、企業によって分担が異なるような内容であれば、新しい企業のルールに従うのが筋カモ。 それに、業務範囲が同じ場合でも、他の業務を理解して仕事をおこなえることは大きなメリット。 次の担当に引き継ぐときにその業務を理解していれば、「どういった点を詳しく説明すべきか」「優先度の高いものはどれか」が分かり、スムーズカモ。

IT業界で働く人の悩み

悩み

 IT業界で働く方の色々な悩み、どうしたら解決に繋がる?
 ・給料
 ・人間関係
 ・能力
 ・労働環境等

まだ準備中カモ


日本最大級の転職エージェント!

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴

 

詳細を見る公式サイトはこちら

IT、WEB、ゲームに特化した転職支援

Geekly

ギークリー
4位

 

詳細を見る公式サイトはこちら

エンジニアをサポートするサービスが充実!

パソナテック

パソナテック
5位

 

詳細を見る公式サイトはこちら

IT業界のやりがいとは?

やりがい

効果をすぐに実感できる

熱意を持って取り組んだ仕事であればあるほど、その仕事の出来がどうだったのかは気になるカモ!

しっかり仕事をやり遂げたつもりでも「自分のやった仕事ってどれだけ会社の役に立ってる?」「この仕事って誰かに喜んでもらえてる?」 等考えてしまうカモ。わからないとモチベーションも上がらないカモ。

IT業界は、他業界に比べると成果が分かりやすい!

IT関係の仕事の多くは

・アクセス数
・利用者からの声
・クライアントからのフィードバック

等によって効果をすぐに実感できます。
また、一般向けのWEBサービスやスマートフォンアプリであれば、実際に自分で利用してみるということも可能です。

特に利用者からの「喜びの声」は、上司からの評価とは比べものにならないほどモチベーション上がるカモ!もちろん、中には厳しい声もあるけど、「改善すべきところが見えた」と考えることが出来れば、それすらもプラスに変えられるカモ。

独立やフリーランスを目指しやすい

「雇われるのではなく、起業してみたい」と考えたことがある人も多いのではないでしょうか。以前と比べて起業するのが簡単になったとはいっても、だいたいは実現せずに終わります。しかし、現在のIT業界では”フリーランス”という働き方も存在します。

ITに関する仕事のほとんどはパソコンが無いと成り立ちませんが、言い換えると「パソコンがあればどこでも仕事が出来る」ということカモ!

もちろん、フリーランスになるためには自分の職種の仕事だけが出来ればいいというわけではありません。他の担当とのスケジュール調整、クライアントの要望確認、そして報酬の交渉などが出来ないとフリーランスとしてやっていくことは出来ません。

大きな企業であれば、それらの役割を担うのはマネージャークラスかもしれませんが、従業員も少なくスピード感を重視するベンチャー企業では、担当者の裁量に任されている部分も多いはずです。

そしてベンチャー企業は、フリーランスなどの独立や、転職することに対する抵抗が少ないと言えます。一度転職して、知識を広げた上で戻ってくるといった働き方も考えられているからかもしれません。

中には、転職や独立がしやすいように支援を行っているとこも…

「個人のTwitterアカウントで社名を出していい」「企業のオウンドメディアへの執筆時に、個人のTwitterアカウントを掲載する」などは、企業としても社名の露出を増やすという意味ではメリットがあります。しかし、担当した案件のクライアントなどに、個人をしっかりと覚えてもらい、独立後に仕事に繋がる可能性があるというメリットの方が大きいでしょう。

大きな企業1社で10年間学ぶよりも、ベンチャー企業で2年ずつ数社経験するほうが、独立するためには近道カモ。

転職を成功させるには、強みや将来設計をしっかりと認識すべき

「一人者となるだけの技術力」等は、転職を考えてからすぐに身につくものではないカモ…。では、転職を思い立った後で、成功させる為にはどうしたら!?ポイントを3つお伝えします!

何が出来るかを整理する
「転職」と「新卒の就職」の大きな違いは業務経験があるかどうかです。当然、中途採用の場合は、即戦力を求められることが多くなります「自分が何が出来るか」をしっかりとアピールすることは、正当に評価をおこなってもらうために重要なことだと言えるでしょう。

前職での業務経験をだらだらと話すのではなく、「自分の強みや業務に貢献できること」をしっかりと伝えることが出来なくてはいけません。その中で、『成功しやすい人材』で紹介したような人材であることをアピール出来れば、なおのこといいでしょう。

転職であっても将来設計は話したほうがいい?
中途採用であったとしても、将来設計を重視する企業もあります。これは、企業によっても違うでしょうし、年齢によっても違うかもしれません。もちろん、「何が出来るのか」しか聞かれていないのに、将来設計を答える必要はありませんが、聞かれたときには応えられるようにしておきましょう。

また、将来設計ややりたいことは直接聞かれないとしても転職の理由として、「前職でこういう仕事をさせてもらう中で、新たに挑戦したいことが見えたために転職を考えた」のように話す機会はあるはずです。

エージェントとの協力
転職活動は自分一人でおこなうわけではありません。多くの作業を「転職エージェント」にまかせることになります。

・自分にあった転職先の相談
・面接に対する対策
・面接日時の調整
・待遇の交渉

のように、自分では出来ないことや、自分でおこなうには面倒なことをしてくれるなど、転職活動の大きな助けとなってくれるのが転職エージェントです。

自分の強みや、将来設計をエージェントにしっかりと理解してもらうことが出来れば、それに合った企業を見つけてもらいやすくなります。転職を成功させるためにも、「まずは自分の強み」「どう成長したいのか」を考えるところから始めてみるのもいいのではないでしょうか。

将来設計について面接の中で聞かれない可能性もありますが、エージェントに対してはしっかり伝えておく必要があるカモ。転職を成功させるためには、自分にあった転職先を見つけることが重要カモ。

カモITに特化した転職エージェントランキングを見る