1. ホーム
  2. 医師転職コラム
  3. ≫救急医療の現状とは?患者と医師「救急」のズレ

救急医療の現状とは?患者と医師「救急」のズレ


救急医療には、医療の基本と可能性が隠されている

救急医療には、一次・二次・三次と区分けがされています。ご存知のように、一次救急は当番医となっている開業医が務める事が多く、内科クリニックや小児科クリニックがその役割を負います。

二次救急、三次救急は大規模病院や救急医療センターが担当しますが、救急搬送でなければ治療してもらえない…といった市民の感覚があるようです。

救急医療とは、一般市民にとってどのような存在なのでしょうか?医師の立場と市民の立場、患者の立場での認識のズレを考えてみましょう。

一次、二次救急を担当したくない、医師と救急搬送に積極的な中規模病院の思惑

休日夜間急患センターや輪番制の救急担当のクリニックは、新聞やネット上で公開されています。ですが、地方の中核病院や都会の総合病院は一次救急、二次救急患者を随時受け入れています。

最近は一次、二次救急患者を受け入れることで、有名な総合病院も増えています。

一次救急、二次救急の違いは病棟看護の有無で、医師の判断で受け入れ可否が行われます。家の階段から落ちた、やけどを負った、交通事故で負傷した…様々な要因で運ばれる患者を診る医師は、全てが救急医療を司る医師という訳ではありません。

特に、地域病院の一次救急の場合は普段は眼科医や皮膚科医、神経内科医など内科医ではない医師が駆り出されて臨床します。

多いケースとしては、研修医や入職したての医師が担当し、それも一人では心もとないために二人で共同臨床を行うケースもあります。

病院側とすれば、時間外診療は”収益率が上がる”ことと、再診率が高いことが非常においしいと言えます。

また新人医師の教育のために様々な症例を持つ患者を診ることでスキル上達にもつながる…という伝統ワザにも当てはまるでしょう。

でも、よく考えてみて下さい。新人医師に比べてベテラン医は救急診断には顔を出さないということを。

一次、二次救急は患者だけでなく患者の親や子、親戚などが一緒に訪れるケースが多いため、うまく対処しないと後々面倒なこともないとは言えないカモ。

結果、輪番制とはいえ救急日の臨床は気が思い…という医師も少なくないカモ。

救急とは、地域性で内容が変わることも

救急医療というと、緊急性の高い集団感染や事故による多数の死傷者の受け入れなど、その例は様々です。昨今は救急救命士が制度化され、アクシデントのあった場所からの伝達で大まかな患者の動向が解るようになってきました。

地域によっては消防士が病院との間でネット配信した画像を、受け入れ病院側が先回りして情報解析するなど、少ない人材でよりてきぱきと人命救助を行う仕組みが発達してきました。

例えば、香川県のケース。NTT DATAが受注したシステムでは、救急車に乗務する救急隊員がデジタルペンによるモバイル機器での情報をスマホで転送して搬送先の病院に送っています。

これは、医師が救急隊員とのコミュニケーションツールとして、手書き文字情報の重要性を高く認識していることから貢献度が高い、というもの。

また、富士通が仙台市に納入しているシステムは、BSS(病院紹介サポートシステム)というもの。

各医療機関の情報は消防本部との間で結ばれていますが、手術中などで救急搬送受け入れが困難な場合、その情報が自動的にスマホを通じて救急隊に送られる、というもの。

救急事案が多い場合、一度に多数の救急搬送車から一つの病院へ受け入れ要請が行われることがよくあります。

この場合、救急隊が受け取った受け入れ拒否情報を、他の救急隊もスマホで確認できることで、次の搬送先を探し出して送り届ける事が可能になります。

地域の中核病院が多いところ、少ないところ、あるいは遠隔地の救急搬送である程度救急救命士が医師との間で患者の容態を知らせる必要がある場合など、その内容は地域性によって大きく変わるカモ。

中には、薬物中毒者による救急搬送受け入れもある

大阪では救急搬送先の病院で、薬物中毒患者を数多く受け入れる病院もあります。薬物中毒特有の精神錯乱状態は、医師よりも薬剤師の方が知識が豊富なこともあり、どのような薬物で状態を沈静化させるかを瞬時に判断する薬剤師が医師に助言し投薬処置をすることがあるのです。

救急とは、災害に遭い、着の身着のままでやってくる患者の対応から、薬物中毒患者までさまざまです。

中には、救急搬送でなければ対応してくれないけれども、どうしても今診て欲しい…といった社会的救済措置を求めてやってくる患者も少なくありません。

実は、西欧やアジア各地では医学的に急を要する病状や症例で医療を求める患者以外は、キリスト教の教会や仏教の寺院が病院代わりになるところが少なくありません。

心の平安を求めるのも救急医療。夫婦喧嘩、嫁姑騒動など様々な人間ドラマに救急医療は無関係ではありません。

救急医療=かかりつけ医、日本医師会が提唱する基本は実はかかりつけ医による医療の正常化カモ。適切な受診の中には、精神科や心療内科などのストレスを診る項目も入っています。

緊急性は身体だけではなく、精神にも言えること。一般市民は救急=救急車に乗って受診する、ことだけと理解していますが、救急医療が行うのは

”何でもないけれど、診療後緊急性のある疾病を持っていた患者を診る”ことカモ。

何もないときこその医療、定期検診の重要性を

救急医療の反対が定期検診。たまたま検診で見つかった腫瘍が悪性だった…というとガンを思い浮かべる方が少なくないでしょう。

一般市民がいきなり患者となり、それもかなり重篤なステージなら、関係者は非常にストレスを抱えます。だからこそ、一次救急や二次救急を担当する医師は、患者とのコミュニケーションで疾病の予兆を掴むことが期待されます。

救急医療、それは医師にとっても大変な”宝の山”。様々な経験を積み、患者の未来を救う大きなチャンスを担うのが救急医療担当医。だからこそ、期待度も大きく責任も大きいと言えます。

救急医療を担当する医師こそ、じっくりと臨床することで市民の医療に対する信頼感を大きくできるチャンスと言えます。