医師転職サイトの比較や転職にまつわるTipsは医師転職カモちゃんにお任せ


ランキングトップバナー

ここでは、転職に悩む医師さんに向けて

  • 転職に時間をかける重要さ
  • 転職理由について…やっぱり生涯賃金は…

このテーマを軸に話しを進めていくカモ!!

転職活動はいつから?
悩む医師にアドバイス

「現在の職場が忙しすぎて、自分の将来が予測できない…」
「もっと医療の最前線で学びたいのに、雑用ばかりで時間が過ぎてしまう…」

そういった焦りや不満でいっぱいの方はいらっしゃいませんか?

研修医時代に志を高く持っていたのに、入職して燃え尽きてしまった。あるいは思い切って新天地で自分の腕を試してみたい。

そんな思いを抱く方はあなたばかりではありません。多くの先輩方も悩みを抱えながら医師人生を辿っています。

医局とのしがらみも大事ですが、悩みを引きずっていては、患者さんとのコミュニケーションもうまく進まないカモ。

ここでは、転職のタイミングや準備について細かくご説明していきたいと思います。

転職を考えているなら、タイミングをまず考えよう

長年勤務していた内科医が、ある日突然辞職してしまった!診療科では後釜がいないので、その病院は慌てて医師を探しているがなかなか候補者が現れず、仕方なく大学の勤務医が交代で診療している…

時々そんな病院の話を聞くことがあります。患者から見れば、信頼していた担当医がいきなりいなくなってしまうのですから、こんなに心配なことはありません。

そもそも、医師と患者の間の信頼関係は長く勤めるということでもあります。それがいきなり姿を消してしまうことになれば、患者にとっては悲劇です!

転職を考えている場合は、まず
「自分の都合」
「患者の都合」
「病院の都合」

の3つをしっかりと勘案してタイミングを考えることが鉄則。

僕がいうのもなんだけど、「飛ぶ鳥後を濁さず」は大事なことカモ。

雇用契約書をもう一度確認してみよう

病院と医師との間には必ず雇用契約が結ばれています。そこには「期間の定めがある場合」と「期間の定めのない場合」があります。

期間の定めがある場合は、契約履行が原則であり途中で破棄すると損害賠償を請求されることもあります。もっと問題なのは、最近のネット上での誹謗中傷の可能性カモ!

「A医師に担当医になってもらっていたのに、急に退職してしまった。もしかしたら、やましいことがあるのでは?」といった書き込みがネット上で始まることもあり得ます。

中には、病院や医師本人に”誹謗中傷”の書き込みが行われる場合も出ているのです!

もし退職までの待避期間(退職前3か月には申し出るなど)がある場合は、しっかりと守ることが必要なのです!

少なくとも半年前からスタートさせるべき。転職活動は穏便に行おう

転職とは医局からの独立という道。今はそれほど抵抗がないとはいえ、自分が選んで所属した医局を出るわけですから大きな決断を擁するでしょう。

中には、大学時の人脈が一番大きいという方もあるでしょうし、学会などの絡みもあります。

転職とは、医局を通じて築いた自分のキャリアを破棄することではありません。現在勤めている病院での姿勢がそのまま次の職場でも生かされると考えましょう。

現状に不満があるから転職…という場合は、どうしても”辞めたいオーラ”で出てくるもの。

特に近くにいる看護師はいち早くそれに気づき、病院内で噂として流布されることもしばしばです。ですから、余裕を持って早い段階から転職活動を始めましょう。

あくまでも自分の医師としてのキャリア形成の目標を決めることからスタートです。それには、少なくとも6カ月前には準備し、遅くても3か月前には段取りが終わっていることが条件となります。

転職サービスを利用するなら、段取りは書面に残しておこう

医師同士のコミュニケーションツールが大変便利な時代です。中には病院の情報までやり取りするなど、医師同士の職場環境研究にも大いに役立っているようです。

ですが、こうしたツールで書き残した情報はいつの間にか一人歩きしてしまうことがよくあるカモ。勤務の中には、院内パソコンからのメールが誤送信されて転職希望がバレてしまった…という話も!

今の時代はちょっとしたことで風評が立つ時代。せっかくの転職話も、デジタルトラブルで消えてしまっては意味がありません。

ですから、転職を考えるならばできるだけ「紙対応」をしておきましょう。デジタル書面はすぐに書き換えられると思って間違いありません。

そして、転職エージェントを利用する場合(現在は利用する方が大部分ですが)は書面で希望条件を出し、書面で回答を得ておく。

これが鉄則カモ。億劫かもしれませんが、ぜひ書面を残しておくといいカモ!

転職エージェントを利用するときの一番のポイントは?

転職サイトを運営する”転職エージェント”は、病院に医師を紹介する代わりに紹介料を受け取るサービスです。

キャリアコンサルタント、あるいはコンサルタントと呼ばれる担当者は医師に求人を提供し、気に入れば紹介入職の契約を行います。ただ、求人病院側が最も気にするのが「退職時のゴタゴタ」です。

今の病院が嫌になって、転職サイトに登録。コンサルタントが見つけてきたオファーにすぐにOKを出して、そのまま入職手続き…という超特急転職はまずもってうまくいかないケースが多いのです。

コンサルタントからしてみても、右から左へと医師と病院のマッチングが出来ればいいに越したことはありません。

ですが、医師と病院は相性があり、医師と病院患者との間、医師と看護師、職員との間にも相性があるものです。

どれひとつ欠けてもいけないのが医療の世界で、そこまで内包して説明してくれるコンサルかどうか…その見極めが大事カモ。つまり、エージェントはコンサル次第ということなのカモ!

あなたが出会うコンサルは、求人をポジションとして提示していますか?それとも医療チームの一員として提示していますか?より深く病院求人を語れるコンサルに求人を任せたいものですよね。

ご自分の大事なキャリア形成のために、あなたが本気になってコンサルも本気で求人を探す…それが大切だと言えます!そのためには転職に要する期間は、半年間は必要と考えてよいでしょう。

→良いコンサルを探してみる

中間まとめ

転職には時間がかかります。転職したい理由を落とし込む時間、それをまとめる時間、転職を支援してくれる専門家を探す時間。

エージェントを利用するなら、担当コンサルと面談して説明を聞いたり条件を出す時間。そして、雇用契約についても確認することをお忘れなく。

大事なのは、転職は6カ月前にはスタートさせること、そして紙にしっかり残すということです。医師にとって、転職も”手わざ”ということなのカモ!

ランキングの後に転職理由についての話を展開していくカモ!

ishiranking

転職カモがおすすめする医師転職サイトランキングはこちら

薬剤師専任コンサルタントが多数在籍

マイナビDOCTOR

 

詳細を見る公式サイトはこちら

さまざまな転職理由を通じて、自分の目標を明確に

研修医が終わり、いよいよ初任地…これは誰でも緊張するイベントでしょう。一生でたった一回の新人経験ですが、どんな先輩医師でも、一度や二度は泣かされた経験があるものです。

20年前なら石に食らいついても頑張ったかもしれません。しかし今は自分の医師像を追いかけることが出来る時代…転職も医師のキャリア形成の一部なのです!

だからと言ってあまりにも理不尽な理由での転職は問題。また、医師として多くのチャンスを手にする前に安易に場所替えするのももったいない。

そこで、転職してもいい理由、転職しちゃだめ!という理由をできるだけ集めてみました。あなたの転職理由はYES or NO?

医師の転職は医局・エージェント・縁故

日本医師会総合政策研究機構『日本医師会 病院における必要医師数調査』2015年7月、p4によると

「病院の75.1%が医局へ依頼」

46.9%が転職エージェントに依頼」

44.2%が縁故などの直接依頼」

をしていることがわかりました。この調査から、各病院とも様々な方法を同時に取りながら求人採用を行っているのがわかったのです。

なぜ転職が医局オンリーではなくなったのか?それは、病院自体が積極的に人材を集めなければ生き残れない時代に入ったからです。

つまり、病院が医師から選ばれる時代になり、医師はより積極的に転職する時代に入ったということなのです。

ただ、気になるのは縁故採用という部分。なかなか表面には出てきませんが、医師や看護師を採用する際に”最後の手段”として縁故採用するケースもあります。

縁故で採用された場合、辞めるに辞められないというしがらみが発生してしまうのも結構複雑カモ…

男性医師の転職には、アゲアゲ転職とデモシカ転職がある

さて、男性医師の多くが医局に所属して病院の中核となっていきますが、転職の大きなきっかけはライフイベントという説があります。その一つが結婚です。

男性医師にとって結婚は価値観を大きく変えるイベントであり、家族が増えることで妻の生活環境整備や子育て環境を初めて意識することになります。

つまり、家族への愛を証明するための「アゲアゲ」転職が発生することになるのカモ!よりステータスが高く、教育熱心な学校近くの”住居確保”。勤務病院も家族優先条件が加味されるのです。

これに対し「デモシカ」転職とは「転職でもするか…」「転職しかない…」という消去法的なイベントです。

その多くは病院内でのコミュニケーションが不足し、患者との関係も芳しくないなどの積み重ねで、現状からの逃避を目的とするもの。

言葉は悪いのですが、アゲアゲ転職が明確なキャリア形成ライフイベント重視を基本としているのに比べて

デモシカ転職が過労であったりストレス過多であったり、うつ傾向であったりと、非健康的な状況からの脱却であるのが特徴なのカモ。

女性医師の転職は、事業継承や子育て、転科が多い

さて、一方の女性医師ですが、実家が開業医というケースが非常に多いのが特徴。

小児科、皮膚科、婦人科などが女性医師の活躍の場として有名ですが、いずれも地域医療の要となりやすい診療科と言えます。

もう一つが結婚と子育て。北海道医療大学看護福祉学部、西基氏による調査『医師・看護師の婚姻状況』(2013年12月20日 看護福祉学部紀要20号p37‐p40)によると

20歳から59歳の男性医師の未婚率が14.6%なのに比べ、女性医師は47.9%と高くなっています。

これは、高学歴である女性医師の結婚相手がなかなか現れないことであり、そのため結婚した女性医師の家族観には子育て重視が強いことが伺えます。

つまり、結婚した女性医師の多くは出産し、離職。再度就職する場合も以前の忙しい病院に復帰するよりも

時間に余裕のある医療施設へと転職することが多いわけです。転科というケースもここから理解できることカモ。

転職理由の一番はやはり求む・収入増

ここまで、男性の転職事情と女性の転職事情を並べてみました。が、忘れてはいけないのが医師の転職理由のテッパンはやはり収入増であるということ。

もちろんあなたもそう思いませんか?大学の同窓会があると、必ず話題になるのが”生涯賃金”ではありませんか?

医師は自由診療でない限り、日本全国どこに行っても診療報酬は変わりませんから、極端に儲けることはできません。

自分の手わざの価値はもっと高いはずだ。と思う方がいるのも無理はないでしょう。

現在の勤務病院では上司が居座っていて、なかなか上に上がれない…忙しいばかりで自分のスキルアップが図れないばかりか、給与も低いまま…こんな不満を抱えている方は非常に多いのが現実カモ!

つまり、転職の大きな理由は様々あっても、仕事の対価としての給与が多ければ納得できるのが普通。

それがないと働く気力も失ってしまったり、燃え尽き症候群となってしまいます。収入増こそ、転職理由の大きなモチベーションといって間違いないのカモ。

医師は何回まで転職はOKなの?

転職理由の後は、転職回数について見ていきましょう。医師はずばり何回まで転職が許されるのか?

これは、回数云々ではないというのが答えです。

例えば、麻酔科医はフリーで働くケースが多いのは有名ですし、検診医として働く医師の中には派遣で走り回るケースがかなりあります。

要は所属がどこなのかということが大事な診療科目と、フリーでも活躍できる科目では転職回数は大幅に変わってくるということ。

ただ、勤務医のまま働く場合は福利厚生制度があることも考慮するべきでしょう。年収が多いから福利厚生は気にしない…という方もいるかもしれません。

ただ、医師も病気にかかったり、通勤時に怪我をしたりというケースも想定されます。

働けなくなることも想定すると、勤務医なら福利厚生は大事な守り神。

もう一つが賠償責任制度ではないでしょうか。今は医療事故を巡る訴訟が多くなっています。

病院としても医師や看護師を守るための賠償責任保険に加入したり、セキュリティにも気を配るのが当たり前です。

もし、勤務医として働くなら、転職回数よりも病院の様々な制度をよく把握して転職しないといけないカモ。

中間まとめ

医師転職とは、病院が様々な手段を使って医師を採用するもの。医師の転職理由は様々ですが、そこには積極的なものと消去法的なものが存在します。

しかし、収入増を求める転職こそ、転職理由の王道。男女とも医師としていかに自分らしく働くか…それが転職の大きな目的と言えます。

初めての転職をストーリーにしてみたので、参考にしてみてもいいカモ!
ishikamoopening

夜勤明けはつらいカモ…。教授に頼まれていた学会の資料も今日中に作らないといけないカモ……。医師って案外激務カモ…。


カモの助先生、おはようございます!あれ?先生顔色悪いですね。


看護師カモさん!!お、おはようございます!!


そういえば私。今度転職するんです!とってもいい転職エージェントさんに巡り合えて、理想の職場を見つけました♡


看護師カモさんが病院を移る!?その転職エージェントっていうのはいったいどこの誰なんですか!?


看護師さんの転職をサポートしてくれる専門のサービスがあるんです。専門性が高いから、業界独特の悩みとかも相談しやすいし、知識が豊富だからすっごく頼りになるんですよ


僕も転職エージェントで(君と同じところに)転職するよ!!


先生は”医師転職エージェント”にお願いするといいカモ。登録はほんのわずかな時間で完了するし、無料でいろいろ使えるんですよ。お互い頑張りましょうね

医師の転職を成功させるために

転職サイトを比較する3つのポイント

交渉力

先生のスキルに見合った待遇を医療機関から引き出すために、医療と交渉の知識は必須。優秀なコンサルタントは日々、知識を蓄え、活用しています。

求人案件数

転職成功への道のりは、実績のある転職サイトを選ぶことから始まります。実績の目安は、長年、多くの医師が利用しているかです。

医師登録数

ついつい求人数だけに目が行きがちですが、肝心なのは求人の質と量のバランス。 新着や好条件、非公開の求人がどれほどあるかが重要です。

高条件の職場に転職が可能な基本利用法!

望む条件での転職先は医師転職サイトで確実に見つけられます。

① コンサルタントというパートナー

コンサルタントは医師が転職する際の代理人を務め、細かい条件まで聞き入れて適切な案件を紹介してくれます。その際医師の都合を再優先にして日程を組むので、ドクターは滞りなく現在の仕事をこなしながら転職を完了できます。

② 医師転職サイトにしかない求人がある

知人の紹介では自身が望む条件での転職はできませんが、医師紹介サイトにはあらゆる条件を満たす案件が多くあるので、最適なものを選ぶことができます。また転職サイトごとに得意としている案件の種類が違います。条件を優先するならエムスリーキャリア、スポットを中心に活動するならMCドクターズネットなど、ドクターの希望に合わせて登録をするとその後の活動がスムーズに進みます。

③ 円満退局が可能である

医師転職サイトには医局からの円満退職のノウハウがあります。周囲の誰にもさとられないように活動を進め、転職先を決めて慰留させられない状況を作ってから教授に退職を告げます。その時の反応は教授によって変わってきますが、転職サイトには退局にまつわる様々な蓄積があるので、前例を参考にした、その教授に合わせた対応方法を考案できます。

以上の理由で、医師転職サイトを利用しての転職活動には、非常にメリットが多いといえます。

転職で成功できるサイトのチェックポイント!

医師転職サイトを選ぶ時に注意して見るべき点は3つあります。

① 常時掲載件数が多い

信頼できる転職サイトは常時掲載件数が10,000件を超えるので、望む条件の案件に出会える可能性が高くなります。また大手のサイトならばそのひとつひとつの案件の質が高くなるので、希望通りの条件で転職できます。

② 検索条件が豊富である

案件数が多いと選びづらいという弊害がありますが、サイト内での検索条件の選択肢が多いのなら、迷うことはありません。診療科目や地域は当然として、具体的な年収の額/医療施設の区分/当直なし/専門医認定施設/病床数/何次救急かなど、ドクターの目的と希望に合った条件で検索することができます。

③ 常に新しい求人がある

新着の求人数が多いということは、そのサイトが病院側としっかりとしたパイプを持っているということを表します。その場合は質の低い案件を紹介されることがなく、コンサルタントによる交渉で柔軟に条件を高めることができます。

これらの項目を全て満たしている医師転職サイトに登録すれば、満足度の高い転職を行うことが出来ます。

転職成功のカギのひとつ、収入アップが見込める

医師が実力に見合った収入を得るためには、医師転職サイトを利用して転職をすることが最も適切な手段です。転職サイトは高額収入になる案件を多数抱えており、それが医師の選択肢を増やして最適な病院を選ぶことができるからです。

医師が転職をする最も多い理由は「収入への不満」なので、受け入れる病院側もそれを考慮して条件を整えています。適正な労働時間になることも含め、実力に見合った収入を得ることはステップアップだといえます。

収入を確実に増やす方法

収入を確実に増やすためには、収入の最低ラインを決めた上で案件を選び、そういった案件に限って応募をして交渉することです。人伝で転職する時にはできませんが、医師転職サイトでは、コンサルタントがその業務を代行してくれるので心配いりません。ドクターに合った最適な案件を紹介してくれます。

これ以外の収入を増やす方法は、医局員なら医局を離れる/高収入案件が多い地方勤務をする/スポット案件を多くこなす/開業をする、といったものが挙げられます。

一般的に医局は収入が低いので、実力が身についたら離れるというプランが可能です。

地方は都心よりも明らかに収入がよくなるので、地方勤務は効果的な手段だといえます。

ご存知のように、スポットは収入はよいですが休日を削ることがデメリットです。

開業は地域選びと立地条件が特に重要なので、慎重に判断する必要があります。

このように医師の収入を増やす方法はいくつもありますので、転職のプロと相談をして適切なアドバイスを受けるのがいいでしょう。

早期の転職がよい結果につながる

一般的に医師の平均収入は30代までは上がりますが、その後は60歳位までは緩やかな伸びしかありません。つまり、早い内によい条件で転職をしたほうが得られる収入は多くなるということです。

大手のサイトには、年収1,800万円台の求人案件が、各2,000件程度あります。内部情報を精査した上でこういった条件で転職することが、最も確実にドクターの収入を上げられるといえます。

コンサルタントが条件を引き出す!

ドクターの転職活動はコンサルタントに任せれば大丈夫です。なぜなら、交渉のプロであるコンサルタントが煩雑な作業を全て請け負い、病院からよい条件を引き出してくれるからです。

コンサルタントは、ドクターと面談の上でキャリアプランを立てる/計画通りに病院を円満に退職する/面接日を設定して交渉に付き添う/転職後のケアを行うなど、ドクターが普段の業務に集中しながら転職できる環境を整えてくれます。医師は現在の業務を確実にこなすことが最も重要です。そのため、交渉を含めた煩雑な作業をコンサルタントに任せることが合理的です。

求人票に書いていない条件であっても、また医師の募集をしていない医療機関であっても、コンサルタントがカスタマイズをしてドクターに最適な案件を作り出してくれます。

現在の医師の労働時間の問題は、優秀な医師に多くの仕事が任されて拘束時間が長くなることです。これが医師の疲弊という悪循環を生み出しています。

労働時間の短縮を最重要条件にして転職を成功させた医師は多いです。「現状に比べてこうしたい」という希望さえあれば、医師転職サイト側がよい案件を紹介してくれます。

例えば…週四日の勤務でQOLを充実させる

条件交渉を行って転職をすれば、週四日の勤務が可能です。それでいて年収が下がることはないので、医師にとってのデメリットはありません。

長時間労働を離れて私生活も充実させる選択肢をとれば、無理なく長期間働くことができるので、家族にとっても地域の医療にとってもプラスになります。

当直やオンコール無しでの勤務

求人案件と条件交渉次第で、当直やオンコールのない勤務をすることも可能です。QOL重視の勤務につながるのは、法的な拘束力がある書面で労働条件を確定させられる、医師転職サイトのコンサルタントがついている場合のみです。

現在の当直では、日勤の医師が翌朝まで勤務をして、更に夕方に呼び出されることがあります。医療事故を起こさないためには、医師自身の健康を保たなければいけません。

医局を離れるのであれば医師の「人事」は自分で決めていくものです。望む条件を引き出してもらい、希望する勤務形態での転職をしましょう。

コンサルタントにサポートを任せたときのメリット

組織の内実がよく分かります

コンサルタントは転職先に関する詳細な内部情報を提供してくれます。大学医局との関係性や局長の権限、また病院の経営状態や医師の勤務状況まで調べ上げるので、安心して転職することが出来ます。

また、転職先の病院内のヒエラルキーや部長クラスの出身大学を調査することも可能です。ご存知のように医師の世界は狭く、病院や医局の教授レベルでつながっているものです。そのつながりがドクターにとってプラスに働ける医療機関をコンサルタントが調べることができます。


匿名のまま転職活動が出来る

コンサルタントがいれば、ドクターは匿名性を保ったまま転職活動を行うことが可能です。いかなる第三者にも転職活動をしていることを知られることがないので、普段の業務に集中出来ます。

転職先は出来るだけ多くの求人情報の中から選ぶべきなので、匿名の方が情報収集が上手くいきます。また事前交渉をこれまでの実績のみで行う手段にもなります。

コンサルタントは各病院と個人的なパイプがあるので、ともに活動をすると非常に心強いです。登録後に面談をして、転職活動をスムーズに進めてください。

売り手市場の今、常勤での転職はメリットが多い!

大手医師転職サイトでは常勤医師での転職案件が常時7,000件以上あるので、ご自分が望む条件での転職が可能です。

案件の中には年収1800万円以上の求人も多数含まれています。現在は医師の売り手市場なので、勤務地・診療科目・年収・当直なしなど豊富な条件の中から選べます。特に勤務地は、医師不足から必ず勤務地に赴任できるほど充実しています。常勤であっても週4日の案件も多く、3日であっても社会保険がつく案件もあります。

多くの選択肢から最高の転職をするために、まずは登録をして、コンサルタントとよく相談して進路を決定しましょう。

非常勤を多くこなして必要な経験を積む!

複数の非常勤での勤務を掛け持ちすることで、専門とする診療科目の経験を積むことが可能です。

週一日以上の勤務をいくつもこなすことができ、専門医の資格取得にもつながります。病院の掛け持ちは多くの症例を診断・手術を経験することに適している上、求人の案件自体も多いです。コンサルタントと相談すれば空いている時間と仕事の調整を行ってくれます。そして数日代わりでも決められた病院で働くことは経験の安定した蓄積につながります。

非常勤を志す場合でも、転職サイトに登録していろいろな案件を確認しましょう。

働きやすさを意識したスポット案件も充実!

単発のスポット案件の求人もたくさんあるので、家庭や勉強を中心とした生活を送ることが可能です。

スポット案件の魅力は急に仕事を申し込んでも対応してくれるマッチングの早さです。健康診断・人間ドック・臨時の内科/外科など案件はたくさんあります。また地方の出張先で仕事を確保することも出来ます。そのためには転職サイトから登録し、普段から連絡を取り合っておくことが望ましいです。

QOLを重視した生活を送るため、ご自分の研究を進めつつ仕事をしたいと考えている方はスポット案件をこなしていくのもいいでしょう。

病院以外の勤務先もある

医師の病院以外の勤務先として、一般企業・製薬会社・保険会社・老人保健施設等が挙げられます。患者さんの診察や手術とは違った医師としての役立ち方があります。どの仕事も社会から必要とされる医師のみがこなせる仕事です。

社会で必要とされる産業医

一般的な企業と契約を結び、企業で働く人ひとりひとりを診ることで企業全体の労働環境を改善していくのが産業医の仕事です。経営側にも従業員にもメリットがある対処方法を講じることで、企業全体の利益に貢献していきます。

産業医は従業員の人数に応じて嘱託になるか常駐になるかが決まります。嘱託なら週や月に数回の出勤ということになり、他の医療機関と掛け持ちすることが可能になります。

常勤の産業医は一般企業と同じく土日休みになることが多いです。そのため病院勤務の激務を経験した医師にすすめられます。契約する企業によりますが、年収は1,200万円以上を見込めます。

保険会社と製薬会社への勤務

製薬会社に勤務する医師はメディカルドクターと呼ばれ、新薬の臨床開発やマーケティングに携わることになります。新薬発売時の戦略的・医学的なアドバイスが求められ、治験にも立ち会う仕事です。外資系の会社が募集することが多いため、英語に堪能であると契約しやすいです。年収は1,500万円以上が一般的です。

保険会社の査定医の仕事は、生命保険に加入を申し込んだお客さんの診査することです。年収は常勤で1,200万円程度であり、やりがいよりも家庭とバランスをとって働きたいと考える医師におすすめできます。

需要の多い介護老人保健施設

施設の数が増えていて、医師の需要が多いのが介護老人保健施設での勤務です。常勤なら年収は1200万円程度です。リハビリ担当者らとともに、医師が中心となって高齢者の自立を支援する仕事です。

そのため、日々の診療や健康診断の入所者管理を主に行うことが多く、幅広い診療経験が望まれます。第一線を退いた医師が勤務することが多いですが、現在では若い医師の需要も増しています。

これらの産業医などの求人案件は、医師からの需要はあっても知人の紹介で見つけるのは難しいです。特に大企業の産業医などは大手の医師転職サイトに案件が入るものです。病院以外の勤務先を見つけるには、登録をして案件の詳細を知ることが最適です。

転職成功のためのプラン

施設区分と診療科目を確定させる!

医師転職サイトで転職をする場合、転職先の施設区分と診療科目は細かく検索することが出来ます。

大まかなくくりとして、一般/診療型/クリニック/産業医/介護老人保健施設などの施設区分があります。一般的な病院勤務では内科/外科/神経科系/泌尿器科などを選んでいきます。こういった項目を選んだ上で、年収の指定をして検索することも可能です。熟練された医師のために、どの診療科目でも年収2,000万円以上の求人が多数用意されています。

こういった細い条件で検索が可能なので、あなたが望む転職先が見つかります。

「詳細条件」で望む転職先を見つける!

「週四日」「当直なし」などの勤務条件の転職先は、条件検索が豊富な転職サイトなら必ず見つけられます。条件が豊富だと働き方の特徴を細かく指定出来るからです。

これには「非常勤を掛け持つ」「専門医取得認定施設」「症例豊富」というキャリア全般に関わる項目から、「週休2日」「通勤に便利」「託児所あり」などの生活に関する項目まで含まれます。コンサルタントと相談すれば、考えている条件がはっきりします。

条件検索が豊富なサイトなら、あなたが望む医師としての転職先が見つかります。

キャリアプランを作って上手に転職!

医師転職サイトの条件検索を上手く使いこなすためには、医師としてのキャリアプランを整えておく必要があります。

キャリアプラン作成には、医師転職サイトのコンサルタントが大きく貢献してくれます。医師として将来どうなりたいのか、そのために今どうするべきかを考えることは、ご家族を含めた人生設計に直結します。現実的に考えるのなら、必ずしも今の職場に固執する必要はありません。

コンサルタントとキャリアプランを立てることで、医師転職サイトを上手く使いこなせるようになります。

薬剤師専任コンサルタントが多数在籍

マイナビDOCTOR

 

詳細を見る公式サイトはこちら