1. ホーム
  2. 保育士の職場
  3. ≫社会のニーズに応えてますます多様化する無認可保育園!保育士の可能性はどこにでもある!

社会のニーズに応えてますます多様化する無認可保育園!保育士の可能性はどこにでもある!


社会のニーズに応えてますます多様化する無認可保育園!保育士の可能性はどこにでもある!

みなさんは無認可保育園(認可外保育園)について、詳しく知っていますか?認可保育園でのキャリアが長いと、無認可の保育園にはどんな特徴があるのか知る機会も少ないですね。

保育士が転職活動をする時、無認可保育園の存在を改めて知り、その多様さに驚かされることもあるのではないでしょうか。自分の理想の保育や、やってみたい仕事は、意外にも「無認可保育園」の方にあるかもしれません。転職活動をしながら、新しいチャンスはどこにあるのか探してみたいですね!

今回は無認可保育園の特徴や種類について詳しくご紹介し、保育士が働く上での「メリット・デメリット」をあわせてお伝えします。

どんな保育園を「無認可保育園」というのか?認可保育園とのちがいは?

無認可保育園とは「認可外保育園」とも呼ばれており、地方自治体が認可をしていない保育園のことを言います。保育園が認可されるには国が定めた条件を満たす必要がありますが、無認可保育園が「無認可」のまま運営している理由には2つのパターンがあります。1つは「条件をクリアしていない」ということ。そして、もう1つは「条件をクリアしていても認可を望まない」という園の事情によります。

認可保育園とのちがいは?

認可保育園は、国の条件(保育士の人数、園の設備など)を満たし地方自治体に認可された保育園です。認可された保育園では、国や地方自治体によるさまざまな制限があります。無認可の保育園には多くの制限がないので、自由に方針を決めることができるのが大きなちがいです。

認可されていない保育園は「良くない保育園」なのか?

「認可されていない保育園=信頼できない保育園」というわけではありません。無認可だからこそ、保護者のニーズに応えることができるのです。無認可保育園は、「無認可」という言葉が与える印象と、一部の劣悪な保育園による良くないイメージによって、誤解されていることも多いのです。

無認可(認可外)でも人気のある保育園はたくさんあるカモ!

無認可保育園(認可外保育園)にはどんな特徴がある?

無認可保育園はそれぞれの特色をアピールしているので、どの保育園も個性豊かです。共通している「特徴」といえば、保護者のニーズを強く意識している点です。

無認可保育園の特徴「保護者のニーズに合わせた保育時間

無認可保育園には24時間保育の園も多く、認可保育園で対応できない時間帯をカバーしています。「夜勤がある」「夜間の仕事をしている」などの事情がある保護者のニーズに合わせているのが無認可保育園です。

保護者のニーズに合わせたカリキュラム

さまざまな習い事や、英語教育または早期教育を行っている無認可保育園もあります。保護者が「子どもにこんな教育をしたい」と望んでいることを、積極的にとり入れて独自の特色にしているのが無認可保育園です。

入所の申し込みがスムーズ!

認可保育園は各市区町村に入園の申し込みをしますが、無認可保育園は園に直接申し込むので手続きが簡単です。入園の理由についても制限がないので、保護者にとっては気軽に利用できる保育園なのです。

無認可保育園はいつでも子どもを預かることができるので、助かっている保護者は多いカモ!

無認可保育園(認可外保育園)にはどんな保育施設があるのか?

無認可保育園にはたくさんの種類があります。下記に主なものを挙げてみました。

私立保育園

私立保育園は「認可保育園」だけではありません。無認可の私立保育園もあるのです。小規模のものから、一般の認可保育園と変わらない規模のものまでさまざまあります。保育内容については、託児所に近い園もあれば、認可保育園と同じようなカリキュラムの園もあり、個性が保育園によってちがうのが「無認可保育園」の多種多様性です。

企業内保育所

企業が設置した「社員の子ども専用」の保育所を、企業内保育所といいます。保育時間は保護者の勤務時間に合わせているので、子育て中の女性社員などが多く利用しています。

院内保育所

院内保育所とは、病院が設置した「職員のみが利用できる保育所」です。病院は24時間体制なので、院内保育所も「24時間保育」になっています。

ベビーホテル

ベビーホテルとは、いつでも子どもを預けることができる乳幼児の託児施設です。保護者の都合によっては朝まで宿泊する子どももいます。一時預かりも行っているので、子どもの数は常に一定ではありません。基本的には「24時間営業」で、いつでも利用できる手軽さが保護者に喜ばれています。

プリスクール

英語を話す環境で保育をするのが「プリスクール」です。英会話スクールに併設されている園と、プリスクールだけ独立している園があります。保育スタッフは、外国人講師とバイリンガルの日本人講師に、日本人保育士が1名補助として入るというケースが多いようです。数は少ないですが、保育園や幼稚園ではなくプリスクールに子どもを入所させる保護者も増えており、保育士の需要はますます増えています。

無認可保育園(認可外保育園)で働く保育士の現状は?

年々変化していく保育業界において、無認可保育園は特に時代のニーズを意識しています。そんな保育園で働く保育士の現状とはどのようなものでしょうか?

無認可保育園の労働条件

無認可保育園の労働条件は、園によってまったくちがいます。認可保育園でも少しの格差はありますが、無認可保育園では規定がないので「保育士をどんな労働条件で雇うか」は経営者の判断によります。無認可保育園の労働条件については、過去にも「保育士の過酷な労働実態」が問題視された保育園がありましたが、国の監督指導が厳しくなったことにより少しずつ改善されています。

一般の保育園と同じような保育を行っている無認可保育園は、勤務内に仕事が終わらず「サービス残業」を行う園も多いです。また、同じ「無認可」でも、企業内保育所や院内保育所には残業がほとんどありません。保育園の形態によって保育士の負担はそれぞれちがうようです。

無認可保育園の仕事内容

無認可保育園は、形態によって保育士の仕事内容が異なります。安全管理・衛生管理・環境整備などは共通していますが、保育内容にちがいがあります。認可保育園と同じような形態の無認可保育園の場合、保育士はクラスを担任します。保育計画を立てて一斉保育を行い、イベントもこなしていきます。保育士は一般の保育園と同様の仕事をしています。

企業内保育所・院内保育所・ベビーホテルは、託児が中心になるので一斉保育やイベントなどはありません。プリスクールでは講師の補助的な仕事が多くなります。

転職活動をしている保育士は、どんな職場で働きたいのか、自分を見つめ直すことが大切ですね!誰かの価値観につられて安易に選ばないよう、無認可保育園についても自分の目で見極めるといいカモ!

無認可保育園(認可外保育園)のメリットとデメリットを考えてみる

無認可保育園(認可外保育園)のメリット・デメリットについて、保育士の立場から考えてみました。転職活動中の方に役立つ情報をご紹介します!

無認可保育園にはメリットがたくさんある?

無認可保育園ってメリットがなさそう!と思っている保育士にお伝えしたいこと。無認可保育園には「自分の可能性を広げることができる」というメリットがあるのです!

自分の保育観に合った園を選べる

無認可保育園は個性が強いので、中には「自分の保育観にピッタリ合った保育園」もあります。経営者のポリシーに共感できる保育園を見つけたら、思いきってチャレンジしてみるのもいいですね!無認可保育園の経営者には、認可保育園に疑問を感じて保育園を始めた人もいるので、自分に合った職場を探しやすいのがメリットです。

自分の都合に合った勤務時間で働ける

「短時間勤務」または「少ない勤務日数」で働くことができるのが無認可保育園です。託児がメインの保育園も多いので、ブランクのある保育士や40~50代の保育士でも無理なく仕事をすることができるのです。

保育士が起業することもできる

認可保育園で働いている保育士にとっては、自分が保育園を経営するということはなかなか考えられないことですが、無認可保育園は自分で起業することもできるのです。元保育士が自ら保育施設を立ち上げるケースも増えていて、自分の思うような保育とサービスを行っています。無認可保育園は、自分のキャリアを活かして理想の保育ができるのが大きなメリットです。

保育士はさまざまなタイプの無認可保育園を選べるだけでなく、自分で新しい園をつくるこができるカモ!

無認可保育園のデメリットはどんなこと?

多くの保育士が思い描く「無認可保育園のイメージ」は、デメリットの内容とも重なります。次は、無認可保育園のデメリットを挙げてみました。

良くないイメージがまだ残っている

「劣悪な保育環境」「保育士が極端に足りない」などのイメージが根強いので、無認可保育園への転職を躊躇する保育士も少なくありません。国による指導監督も厳しくなり、問題のある保育園もかなり改善されていますが、過去の事件や社会問題の影響もあり「悪いイメージを完全に払拭」とまではいかないようです。

労働条件は園によってかなりちがう

定められた規定がないので、経営者の判断で労働条件が決まります。収入についても、認可保育園と同等またはそれ以上の無認可保育園もあれば、労働に見合っていない低賃金の無認可保育園もあり、園によって大きな格差があるのがデメリットです。

経営が安定しない園もある

園児の数は「保育園の経営」に直結します。無認可保育園の中には、経営の悪化によって閉園することになった園もあります。経営が安定しないということは、雇用が安定しないということでもあります。

待機児童問題の影響で、無認可保育園のニーズも高まっています。無認可保育園の情報を集めたい保育士には「転職エージェント」に相談することをオススメするカモ!

無認可保育園の可能性はどんどん広がっている!
無認可保育園に対する国の監督や指導が厳しくなり、悪い無認可保育園は減少しています。これは保育士にはとても良い傾向で、転職もしやすくなってきました。さまざまな考えの経営者がいて、無認可保育園の多種多様さはますますUPしています。仕事探しの選択肢も多くなり、保育士という資格の活かし方についても、時代とともに可能性はどんどん広がっているのです。