1. ホーム
  2. 保育士の転職
  3. ≫将来を見据えて『紹介予定派遣』をキャリアアップのチャンスに!

将来を見据えて『紹介予定派遣』をキャリアアップのチャンスに!


正社員として長く活躍できる秘密は『ミスマッチが少ない』から!

紹介予定派遣

「正社員として長く働きたい」「責任感のある仕事でキャリアアップしてみたい」という希望はあっても、うまくチャンスをつかめずに悩んでいませんか?

「保育士派遣」には、一般的に知られる「登録型派遣」にくわえて、「紹介予定派遣」というものもあります。どちらも保育士転職エージェントから派遣先の園を紹介してもらうことは共通しているのですが、その内容は意外と異なる点が少なくありません。

そこで今回は、保育士の「紹介予定派遣」についてご紹介します。「紹介予定派遣」の仕組みや園側が利用したがるワケ、さらにメリットやデメリットも見ていきます。

「登録型派遣」との違いをおさえて、キャリアアップの絶好のチャンスにしてみましょう!

紹介予定派遣って、どのような仕組みなの?

私たちが「保育士派遣」として真っ先にイメージするのは、「登録型派遣」という形です。保育士転職エージェントに登録し、希望する条件に合った園を紹介してもらい、そこで派遣社員として働きます。

現場での指示は園が行いますが、給料は直接の雇用主である保育士転職エージェントから支払われます。また、「登録型派遣」は派遣先の園との勤務期間が短めに決められていることが多いことも特徴のひとつです。

「紹介予定派遣」は、基本的な仕組みにおいては「登録型派遣」との共通点も多くあります。しかし、「紹介予定派遣」の「登録型派遣」とは大きく違う特徴は、派遣会社と園が決めた派遣期間(最長6か月)の終了後に、その園から直接雇用されることを目標としていることです。

派遣された保育士と派遣先の園の双方が合意したときには、雇用主が保育士転職エージェントから園に変わり、そこで正社員となるのです。

どうして園は紹介予定派遣を利用するの?

それぞれの園には、力を入れている保育や特色があり、それに見合ったスキルのある保育士を社員として雇用したいと考えています。園は「紹介予定派遣」を利用することで、これを見極めたうえで雇用できる大きなメリットがあります。

また、保育士の仕事の多くは子どもたちの保育のために充てられ、採用などの業務に力を割り振れない園も少なくありません。しかし、「紹介予定派遣」を利用することで、社員の雇用に関する業務を保育士転職エージェントに代行してもらえるのです。

保育士たちが保育に集中しやすい環境になるだけでなく、雇用に関するコストも抑えられる経営的なメリットも生まれます。

紹介予定派遣は、保育士だけでなく園側にも大きなメリットになるカモ!

紹介予定派遣のメリット1:ミスマッチが少ない!

長く働きたいという希望があっても、書類や面接だけでは長く働きたくなる園なのかどうかを見極めることは意外と難しいものです。しかし、「紹介予定派遣」では、現場に入って保育への取り組み方や考え方、職場環境などを見極めることができるのです。

とくに、残業や持ち帰り仕事のボリューム、職場内の人間関係などは、実際に派遣期間で活きた情報を手に入れましょう。

紹介予定派遣のメリット2:キャリアアップを目指せる!

社員となることを目標とする「紹介予定派遣」は、社員となってからのキャリアップを考えている保育士に向いています。社員として直接契約を結べたということは、園側も保育士としてのあなたを認め、活躍を期待しているともいえます。

将来的に責任感のある主任や園長などを目指していても、今勤めている園では自分のキャリアを活かせないと悩んでいる保育士にもチャンスとなります。

紹介予定派遣のデメリット1:短期間で自己アピールが重要

「登録型派遣」であれば、契約期間を更新することで園に長く勤めることもできます。ただ、「紹介予定派遣」では、最長でも6か月で直接契約となるかどうかが決まります。

派遣期間の多くは2~3か月なので、その園で社員として働きたいのであれば、短期間で園側を納得させたいところです。園側としても、社員として働けるかをチェックしたいため、ある程度の残業や持ち帰り仕事の指示が出されるケースもあるようです。

こちらも、転職先としての目を持ちながら働くことになります。ただ、同時に園側も将来的にずっと一緒に働きたい保育士なのかを見ようとしていることを忘れないようにしましょう。 

紹介予定派遣のデメリット2:短期間での高収入は望めない

「紹介予定派遣」は、「登録型派遣」と比較して時給が低いケースが多いといえます。これは、限られた期間内での即戦力を期待する「登録型派遣」と、長く働ける人材紹介を期待する「紹介予定派遣」の違いによるものです。

ただし、実際に社員として契約するにあたっては、今後の給料について園側と保育士転職エージェントとの間で交渉することになります。

保育士としてのスキルや派遣期間での働きぶりで評価され、今後の基本給を決めるため、大きなミスマッチは起こりにくいといえます。気になるようであれば、あらかじめ保育士転職エージェントに希望する給料の最低額などを伝えておくといいでしょう。

派遣期間での働き方が、キャリアアップのチャンスになるカモ!

「紹介予定派遣」は「登録型派遣」とは違う!自分がどうなりたいのかをよく理解した上で利用してみましょう!

保育士派遣の中でも「紹介予定派遣」は、キャリアをじっくりと積み重ねたい人に向いています。キャリアアップのチャンスにするためには、5年後や10年後に「自分がなりたい保育士像」をハッキリと持つことがポイントです。

このチャンスをつかむためにも、まずは保育士転職エージェントに登録するところから始めてみませんか?信頼できる保育士転職エージェントに相談しながら、希望する働き方やキャリアプランを固めることで、あなたに合った働き方が見つかることでしょう。

未経験やブランクがあっても正社員として活躍してみたい人はもちろん、保育士としてのスキルをさらに活かせる園で責任のある仕事をしてみたい人にも、「紹介予定派遣」は大きなチャンスとなるカモ!