1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫病児や病後児の専門的な保育と心のケアはお任せ!病児保育士とは

病児や病後児の専門的な保育と心のケアはお任せ!病児保育士とは


数少ないチャンスをつかむために、求職活動への「熱意」が大切!

病児保育士

女性の社会進出に伴い、結婚や出産を経ても「ママさんワーカー」として働き続ける女性が増えてきました。女性が活躍する職業のひとつに「保育士」があり、自らの育児経験は保育現場でとても役立ちます。

しかし、子どもの急病は、いつも預けている保育園では対応できないため、仕事を休めないママさんワーカーにとって、大きな悩みのひとつです。そんなときに、子どもに付き添えない保護者の代わりに病児を預かる「病児保育士」が、ママさんワーカーの心強い味方になってくれます。

今回は、苦しい思いをしている病児や病後児を専門的に保育する、病児保育士をご紹介します。

病児保育士って、どういう保育士?

一般的に、風邪など病気になった子どもを「病児」といいます。ひとつの目安として、37.5度以上の発熱がある子どもは、多くの保育園で預からないようにしています。

また、インフルエンザの治りかけのように、病気から快復したように見えても、一定期間は医師から通園許可が下りないことがあります。このような子どもを「病後児」といい、通園許可が出てから通うことになります。

病児保育士とは、病気で苦しい思いをしている子どもや病み上がりで日常生活のペースがつかめていない子どもたちを専門的に預かる保育士です。

病児保育は、病院などの施設内で病児や病後児を預かる「施設型」と、病児や病後児が住んでいる家庭に訪問して預かる「訪問型」の2種類に分けられます。

「施設型」では、病院内に設置された病児専門の保育施設や、小規模の保育室などの形態があります。基本的には、ごく少人数に限られているため、預けにくいデメリットもありますが、身近に医師や看護師がいるのが最大のメリットです。

「訪問型」では、病児や病後児を外出させることなく保育してもらえるメリットがあります。
保育士だけでなくベビーシッターなども病児保育することがあり、子供の体調に応じて病院に連れて行ってもらえることもあるようです。

どちらにも言えることですが、実際には保育士だけでなく、医師や看護師などの医療従事者が病児や病後児を保育しているケースもみられます。

必要な資格

「病児保育士」は、保育士免許のような国家資格ではありません。病児保育を行っている保育士や医療従事者を総称して、「病児保育士」と呼んでいます。

そのため、特別な資格がなくても、病児保育を行うことはできます。ただし、医師や看護師などの医療系国家資格、または保育士資格のどちらかは取得しておきましょう。

また、病児保育にかんして、専門的な知識や技術をもっていることを証明する民間資格があります。ここでは、主な民間資格を2つご紹介します。

「認定病児保育スペシャリスト」は、日本病児保育協会が認定する民間資格です。この資格は、病児保育士としてのスキルアップや、医師や看護師などが病後保育をするために取得しています。

※参照【参考】「一般財団法人日本病児保育協会」ホームページ

「認定病児保育専門士」は、全国病児保育協議会が認定する民間資格です。
受験資格として、この協議会に加盟する施設に数年間常勤した経験、さらに施設長の推薦が必要になるのが特徴です。

※参照【参考】「一般社団法人全国病児保育協議会」ホームページ

保育士免許にくわえて、これらの民間資格を取得しておくと、病児や病後児を預ける保護者から信頼を得やすくなります。

働ける地域

病児保育士は、基本的に地域を問わず働くことができます。

「施設型」で働く場合には、病児保育施設を設置している医療法人や学校法人に保育士として入るのが一般的です。

「訪問型」で働く場合には、病児保育も取り扱うベビーシッター派遣会社に登録して、訪問先を紹介してもらう方法があります。
さらに、あまり多くありませんが、フリーランスとして訪問型の病児保育を行っている病児保育士もいます。

仕事の内容

病児や病後児の体調に気を付けながら、その保育を行います。一般的な保育士と比べて、病気にかんする知識やその対処法についての医療知識が求められます。

「施設型」では、医師や看護師など医療従事者と連携することが求められます。「訪問型」では、子どもの体調変化に配慮し、場合によってはかかりつけの病院に連れていきます。

症状の重い病児は、身体を動かしたくても動かせないものです。
そのため、トイレや衣服の着脱、食事など生活に関するサポートが中心となります。

病状に軽い病児や病後児は、身体を動かす遊びでは負担が大きくなります。
絵本の読み聞かせや折り紙遊びなど、子どもが座ったり横になったりしながら、室内で行える活動が中心となります。

また、病児病後児を預ける保護者は、保育中の子どもの様子をとても気にしています。
体調の変化や活動内容などを細かく記録したり、様子を話したりしながら、保護者の心配や不安へのケアも大切な仕事のひとつです。

院内保育士とは何が違うの?

病院に設置されている小規模の保育ルームや託児所で働く保育士を、「院内保育士」といいます。
たしかに、施設型の病児保育士と院内保育士は、「病院内で子どもを預かる」点では共通しているといえます。

しかし、院内保育士は「病院に勤務する医師や看護師などの子どもを預かる」ことを専門的に行います。
そのため、病児保育士のように「病院に入院・通院している病児を預かる」ことはありません。

給与や待遇

病児保育士は、保育にかんする知識にくわえて、医療的な知識も求められるため、一般的な保育士よりは少しだけ収入が多くなります。
給与はベースとなる固定給に、保育士や看護師などの資格手当が上乗せされるケースが多いようです。

とくに、「施設型」の病児保育士であれば、勤務している病院の勤務規定にそって、待遇面は充実しているケースが少なくないようです。

病気で苦しい思いをしている子どもや、心配する保護者への心のケアも大切カモ!

病児保育士を目指す方法

病児保育士を目指すには、「施設型」と「訪問型」でそれぞれアプローチの方法が異なります。

「施設型」の病児保育士になるためには?

施設型の病児保育士は、非常に募集人数が少ないことが特徴です。
そのため、求人のほとんどが非公開求人となっており、就職するどころか応募する時点でチャンスが限定的だと言わざるを得ません。

応募するチャンスをつかむためには、病児保育を行っている病院などを把握するところから始めましょう。
さらに、募集を待っているだけでは「非公開求人」を見逃す可能性もあるため、その病院に募集の有無を問い合わせましょう。

こちらから積極的に動くことで、病院の担当者に病児保育士を希望していることを伝え、熱意をアピールすることが大切です。
この点では、他の保育にかんする仕事のなかでも、求職活動が難しい部類に入ります。

「訪問型」の派遣会社に登録する

「訪問型」は、「施設型」と比べて病児保育士になれるチャンスが広がります。
普段は保育園などに通園させていて、急病などで預けられないときに家で預かってほしいというケースが、主な「訪問型」の需要です。

まずは、病児保育を取り扱う保育士派遣会社やベビーシッター派遣会社に登録しておきましょう。

公的機関が病児保育士の募集をすることもある

一部の地域では、市区町村が病児保育士を募集していることがあります。

多くは、公務員の臨時職員として、「訪問型」の病児保育士を募集しています。
しかし、なかには公的機関が運営している保育施設で、「施設型」の病児保育士を募集しているケースもあるようです。

保護者からの高いニーズの一方で、働き口としては『狭き門』なのが病児保育士の特徴です。積極性を出していかないと、数少ないチャンスをつかめないカモ。

熱意のある病児保育士が、病児たちを笑顔にする!

病児や病後児を専門的に保育する病児保育士は、保育関係者や医療関係者からの注目が高まっています。
とくに保育士からは、自身のスキルアップとして、病児保育を学びたいという人が増えてきました。

共働き世帯の増加に伴い、急な病気で保育園に通わせられない子どもを預かってほしいなど、保護者からも病児保育士に期待する声があります。
一方で、働き口という点では「訪問型」の広がりにより、少しずつ増えつつありますが、それでも多いとは言えないのが現状です。

とくに「施設型」の募集は、非公開求人となるケースが多く、こちらから積極的に求職活動を行う必要があります。
自分の力だけでは難しいと感じたら、迷わず保育士転職エージェントに登録することをオススメします。

病児保育士になりたいとエージェントに伝え、数少ない募集を拾えるチャンスをつくることが大切です。
病理保育士になるためには人一倍の熱意が重要ですが、その気持ちを前面に出して、病気で苦しい思いをしている子どもたちを笑顔にしてみませんか?