1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫一度の採用で「生涯現役」安定した待遇で人気!公務員保育士とは

一度の採用で「生涯現役」安定した待遇で人気!公務員保育士とは


欠かせない公務員試験対策!さらに求職活動の難しさで「狭き門」

公務員

いつでも子どもたち想いの保育士は、仕事に対する責任感が強く、子どもたちのためにできることはしてあげたいという気持ちで働いています。

その想いが、知らず知らずのうちにサービス残業や持ち帰り仕事となり、長時間働いている割には給料や待遇に結び付かないことも少なくありません。とくに、私立の保育園で働く保育士は、残業や休日出勤などへの手当が出なかったり、少なかったりするケースもあります。

「私はこんなにがんばっているのに…」

子どもたちのために働いたことが、報酬として評価されないことが不満やストレスに感じている保育士は、決して珍しくありません。

しかし、「公務員」であれば、その就業規則に基づいて、残業手当などとしてちゃんと評価されます。実は、保育士も公立の保育園などに勤務することで、「公務員」として働くことができるのです。

今回は、安定した待遇で人気の高い、公務員保育士をご紹介します。

公務員保育士って、どういう保育士?

公務員保育士とは、公的機関が運営している保育園などで働いている保育士です。いわゆる「公立保育園」などで働く保育士は、市役所の職員と同じように「公務員」となります。

公的機関が運営している「子どもを預かる施設」は、保育園だけではありません。公務員保育士は、学童保育や託児所、病院や児童相談所、児童福祉施設などでも活躍しています。

これに対して、私立の保育園などで働く保育士は、学校法人に勤務する会社員ということになります。

必要な資格

公務員保育士になるためには、国家資格である保育士免許が必要になります。

希望している地方自治体によっては、公立の「認定こども園」で勤務することになる可能性があります。保育士免許にくわえて、幼稚園教諭免許を取得しておくといいでしょう。

また、神奈川県のように、保育士免許をもっていなくても、地域限定保育士試験に合格した人は、その地域に限り公務員保育士になることができます。

働ける地域

応募した地方自治体の中にある保育園や各施設で働くことになります。地域限定保育士として公務員保育士になった人は、その試験に合格した地域でのみ、保育士として働くことができます。

保育園などの施設が複数ある地方自治体では、数年ごとに「地方公務員の人事異動」として転勤になる可能性が高いです。その場合、学童保育や児童福祉施設など、保育園以外の施設に配属になるケースも少なくありません。

仕事の内容

公務員保育士は、子どもたちの保育やそれに関する仕事を行います。基本的な仕事の内容としては、公務員保育士も会社員として働く保育士もほぼ同じといえます。

配属になった施設によっては、病児や病後児を保育したり、心身に障がいをもつ子どもを保育したりすることもあります。保育園でだけ働きたい保育士にとっては、保育園以外で働く可能性があるというのが、ひとつのデメリットとなるといえます。

私立の保育園では、保護者のニーズに合わせて延長保育や夜間保育を行っている園もあります。しかし、多くの公立の保育園は、定められたスケジュールに沿って子どもを預かっています。

そのため、私立の保育園で働く保育士と比べて、残業や持ち帰り仕事が少なめになる傾向があります。

ただし、最近では保護者のニーズに寄り添う公立保育園も増えてきました。その点では、公務員保育士の勤務時間に対する負担も増えつつあるといえます。

給与や待遇

公務員保育士は、「地方公務員」としての給与や待遇を受けられるのが最大の特徴です。基本的には正規雇用となるため、私立の保育園でいうところの「正社員」という扱いになります。

勤務した年数によって、昇給制度が設けられているため、給料は毎年上がり続けることになります。残業や休日出勤が発生した場合には、時間外勤務手当や休日出勤手当が支払われます。

そのほかにも地方公務員として受けられる各種手当、共済年金への加入など、私立の保育園と比べて多くのメリットがあります。

公務員保育士は、給与や待遇面に数多くのメリットがあります。安定した条件で長く働きたい保育士に向いているカモ!

公務員保育士を目指す方法

公務員保育士を目指すためには、地方自治体で実施されている公務員試験を受けることになります。

公務員保育士の受験資格は?

受験資格として保育士免許、または地域限定保育士の試験に合格していることが必要になります。ただし、最近では保育園から認定こども園への転換が進められているため、保育士免許にくわえて幼稚園教諭免許も必須という地方自治体が増えてきました。

また、地方自治体によって年齢制限など、受験する資格や要件が異なります。詳しくは、受験を希望する地方自治体のホームページなどで確認しましょう。

試験では何が出題されるの?

多くの地方自治体では、一次試験として教養科目と保育に関する専門科目が、筆記試験の形で出題されます。

教養科目では、地方公務員に求められる一般的な知識、文書理解などが出題されます。保育士の国家試験ではあまり触れない分野でもあるため、受験する前に教養科目への対策をしておくといいでしょう。

一次試験の合格者は、面接試験や保育に関する専門的な実技試験などが行われます。

公務員試験に合格すると必ず公務員保育士になれるの?

公務員試験に合格した保育士は、その地方自治体に「保育士の採用候補者」として登録されます。登録された地方自治体が運営する保育園などから募集があれば、そこではじめて公務員保育士としてデビューすることができます。

ただし、「保育士の採用候補者」として登録されても、保育士の募集がないことがあります。

多くの地方自治体では、この登録期限を1年間と設定しています。そのため、募集がないまま1年を経過すると、「保育士の採用候補者」として登録が終了することになります。

翌年度以降も公務員保育士として働くことを希望する場合、再び公務員試験を受け直して合格する必要があります。

待遇に魅力のある公務員保育士は、辞める人が少なく、空きができにくいことも…。就職後のメリットが大きいだけに、粘り強く求職活動を行うことが大切カモ。

地域限定保育士が、保育士への新たな入口になる!

公立の保育施設などで働く公務員保育士は、私立の保育園で働く一般的な保育士よりも給与や待遇面で優遇されています。
一方で、保育園以外への施設や、地方自治体の中で遠方の施設への転勤もあるため、ひとつの園でじっくりと働きたい人にはデメリットもあります。

魅力的な就職先のひとつなので、せっかく公務員試験を突破しても、公務員保育士として働くチャンスが得られないこともあります。
また、公務員保育士の求人は、数そのものがとても少なく、さらに非公開求人となっているケースが少なくありません。

数少ないチャンスをつかむためには、公務員試験に合格したうえで、地方自治体のホームページから求人情報を細かくチェックしていきましょう。
ただ、チェックしなければならない情報が多く、非公開求人のように自分では見つけられない情報もあり、思うように求職活動が進まないことがあります。

そういうときには、公務員保育士の求人情報に強い保育士転職エージェントに登録することをオススメします。
人気が高く、狭き門ともいえる公務員保育士として、子どもたちの笑顔に囲まれながら、保育士として充実したキャリアをスタートさせてみませんか?