1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫「保育士免許なし」で保育園で働きたいならコレ!保育補助員とは

「保育士免許なし」で保育園で働きたいならコレ!保育補助員とは


保育現場での貴重な実務経験が、保育士への夢をグッと近づける!

子どもたちが元気に活動している保育園では、保育士免許をもっている保育士が多く活躍しています。子どもを保育するうえで必要となる知識や技術を学び、試験に合格することで、国家資格である保育士免許を取得することができます。

保育士を目指す学生にくわえて、一度他の仕事に就きながら、自身の出産や子育てから保育に興味を持ち、保育現場で働きたいという人が増えてきました。ただ保育士免許がないことで、保育の仕事を始める前に保育士への夢を諦めてしまう人が少なくありません。

実は保育士免許がなくても、保育現場で保育に携わる方法があります。子どもたちと一緒に、保育現場で「生の経験」をすることは、保育士になりたい人にとって貴重な財産となるはずです。今回は、保育士免許がなくても保育現場で活躍できる、保育補助員をご紹介します。

保育補助員って、どういう仕事?

保育補助員とは、クラスを担任している保育士の補助を行う仕事です。保育現場に入って仕事をするため、子どもたちと直に接する機会もあります。

必要な資格

保育補助員は、保育士免許がなくても保育現場で働くことができる仕事です。医師や看護師のような仕事は「業務独占」」といい、その資格がない人はその業務を行うことができません。

しかし保育士は「名称独占」といい、保育士資格がなくても子どもを保育する業務を行うことができます。保育補助員はこのケースに当てはまるため、保育士資格の所有は問われません。これによって、保護者などには「保育士」とは名乗らせないように配慮している園が少なくありません。

働ける地域

基本的には、募集のあった園で働くことになります。保育施設を複数展開しているところでは、ごくまれに配属先が変わることがあります。

仕事の内容

保育補助員の主な仕事は、クラスの担任が行っている業務の補助を行うことです。主に子どもたちの活動や食事の準備をしたり、室内外の整理整頓や掃除を行ったりします。子どもたちとかかわる場面では、午睡の補助、衣服の着脱、食事やトイレのサポートなどを行います。遊びや活動に加わることもありますが、保育士と比べてその機会は少ない傾向があります。

ただ人手が不足している園では、積極的に子どもたちとかかわることを求められるケースもあります。なかには、ほとんど担任をしている保育士と変わらない業務を行っている保育補助員もいるようです。

保育補助員と臨時保育士の違いは?

保育補助員のように、クラス担任をしている保育士を補助する仕事に、「臨時保育士」があります。保育補助員と臨時保育士の違いは、「保育士免許」の有無です。臨時保育士は、出産や病気などによる長期休暇、早朝や夜間など手薄な時間帯に、クラス担任に代わって子どもたちの保育を行います。そのため臨時保育士になるためには、保育士免許が必要になります。

一方で保育補助員はあくまでも「保育士の補助」が主な仕事になります。そのため保育士免許がなくても保育現場で働くことができるのです。

給与や待遇

正規雇用の保育士とは異なり、保育補助員はアルバイト契約となるケースがほとんどです。アルバイトとして働く場合、給料は時給で換算されて支払われます。

一般的な時給の相場としては、都市部で時給1,200円前後、地方で時給1,000円前後です。他の業種のアルバイトやパートタイムと比較すると、時給が高めに設定されていますが、専門職という視点でみるとやや物足りない印象もあります。

その代わり残業が発生した場合も時給で換算されるため、残業代は支払われるケースが少なくありません。夜間保育を実施している園の一部では、夜間手当が時給に上乗せされて換算されるところもあります。またアルバイトでは、シフト制で出勤日が決められます。平日すべてをフルタイムで働くこともできますが、園と相談することで出勤日や出勤時間を調整することできます。

そして保育士免許の取得を目指している人であれば、保育補助員ではありますが、正社員として雇用されるケースがあります。

休暇について

夏季休暇や年末年始休暇は、アルバイトでは取れる園と取れない園があるようです。正社員では、クラス担任をしている保育士と同様に取ることができます。有給休暇は、正社員では取得することができます。また、アルバイトでもフルタイムで半年以上働くケースなどで、取得できることがあります。

保育補助員になると保育士資格がなくて、も保育現場で働くことができます。ただ、子どもたちとかかわる場面は少ないカモ…。

保育補助員のメリットを活かす方法

保育士資格がなくても保育現場で働ける保育補助員には、さまざまなメリットがあります。それを活かす方法について、いくつかご紹介します。

保育士試験の受験資格を得られる

保育士試験を受けるためには、受験資格を満たしておく必要があります。たとえば卒業と同時に、保育士免許を取得できるのが保育士養成学校です。保育士養成学校を卒業していなくても、大学・短大・2年制以上の専門学校を卒業していると受験資格を得られます。

しかし中卒や高卒、1年制の専門学校卒業者、大学・短大・専門学校を中退した人は、すぐに保育士試験を得られるわけではありません。保育補助員として、保育現場での実務経験を一定時間以上重ねることで、はじめて受験資格が得られます。

※参照:一般社団法人全国保育士養成協会ホームページ

学生のうちから実務経験を重ねる

保育園や託児施設のなかには、積極的に保育補助員として学生アルバイトを募集しているところがあります。勉強の妨げにならないように、夏季休暇限定アルバイトや、出勤日や出勤時間を短く区切ったアルバイトの募集も少なくありません。また保育補助員のアルバイトとして働くことで、学生のうちから貴重な現場経験を得られます。

保育士試験では、専門的な保育の知識を問われる筆記試験にくわえて、音楽・造形・言語表現から2種類の実技試験があります。実際に子どもたちの前で歌を歌ったり、絵本を読み聞かせたりする経験は、実技試験のときに活かされます。

保育補助員のアルバイトは、一般的なアルバイトと比べて、時給が高めといえます。貴重な実務経験を重ねながら、学業とアルバイトを両立させながら稼ぐことができる収入面も魅力的です。

保育補助員で働いた園に就職する

保育士を目指す人にとって、国家試験と同様に力を入れたいのが「就職活動」です。たとえ保育士資格を取得できたとしても、勤務先がなければ保育士として活躍することができません。

就職活動のひとつとして保育士試験の勉強をしながら、保育補助員として働いた園にそのまま就職する方法があります。あらためて書類審査や面接をしなくても、保育補助員として積極的に保育にかかわろうとする姿勢を園側も評価することでしょう。また新しい環境に飛び込むよりも、働き慣れた環境で働けることは、保育士デビューにかかる負担を減らすことにつながります。

保育補助員として働くことは、これから保育士を目指す人にとって、貴重な現場経験を得られる大きなチャンスにできるカモ!

保育補助員が、保育士としての働き方を変える!

保育補助員は、保育士資格がなくても保育現場に入ることができて、クラス担任の補助をしながら、現場経験を得られる仕事です。これから保育士を目指す人にとって、その実務経験が保育士試験の受験資格や実技試験対策にもなります。

ただクラス担任の補助や雑務が中心となるため、子どもたちとかかわる機会はそれほど多くありません。子どもたちをかかわる機会を増やし、給与や待遇を高めるためにも、保育補助員として働きながら、保育士を目指すのがいいでしょう。

保育補助員として働いてみたい方は、ハローワークなどで募集されていることが多いので、こまめに求人情報を確認するようにします。求人数は決して少なくありませんが、それだけに自分の希望と園の希望が合っているかを必ず確認することが大切です。

求人情報の多さから、思うように希望する条件の募集を見つけられないときには、保育士転職エージェントに登録する方法がオススメです。エージェントに希望する条件を伝えることで、あなたの希望する条件で働ける保育園を紹介してくれることでしょう。