1. ホーム
  2. 基礎知識
  3. ≫転職したい30代保育士は必見!面接で失敗しないための注意点

転職したい30代保育士は必見!面接で失敗しないための注意点


面接で相手に好印象を与える話し方のコツを解説

30代転職

あなたの退職理由はそれで大丈夫?言っちゃいけない最大のタブーとは?

「前職をやめた理由を教えて下さい」あなたはこの質問にどう答えますか?

もし、何らかの不満やストレスが退職をした主な理由であれば、話す内容を充分に吟味する必要があります。前職での不満やストレスは誰にでもある話ですが、だからといってありのままを話してしまうと、前職の保育園を否定していると受け取られる可能性もあるので要注意です。

退職理由を聞かれ、時間通りに帰れないことが多かったと答えました。すると、うちも時間通りに帰れないことがありますよ。ご期待に添えないかもしれませんねと言われてしまい、ハッとしました。

さて、採用担当者側はどんな印象を受けたのでしょうか?

この人は、うちでも同じような不満を持つのではないかという懸念を抱きました。たとえ様々な事情があったとしても、不満だったことを理由にされると前の保育園の悪口を言っているように聞こえます。

それでは、どう話せばいいか考えてみましょう。視点を変えてみると印象が違ってきますよ。たとえば「時間を上手に使うことができなくて、家庭と仕事の両立がうまくいきませんでした。家族のためにも働き方を見直したいと思って退職をしました。」という表現をするのはいかがですか。

あくまでも原因は「自分」にあることが強調されています。元の意味は同じでも、前の保育園のことを否定していません。

前向きな退職理由とは以下のようなものを言います。自分にとって事実であることが前提ですよ。

良い転職理由の例

  • 資格をとることに専念したかった
  • 海外ボランティアをしてみたかった
  • 新しい職場で一から保育を学び直したかった
  • 貴園の○○に興味があり、自分もその中で働きたいと思った

志望動機と重なる部分もありますが、印象がポジティブになり、好感をもたれやすくなります。

前職での不満やストレスは、転職活動と切り離して考えることが大事カモ。

うまく乗り切りたい!30代だからこそ聞かれる結婚や出産のこと

面接では、「結婚したら仕事を続けるのか」「子どもができたら仕事はどうするか」など、将来を想定した質問をされることがよくあります。そんな予定がまだ無い場合はどう答えていけばいいのでしょうか。

結婚後も仕事を続けるかと聞かれ、相手次第なのでまだわかりませんと答えました。そしたら、相手次第ではすぐに辞める可能性もあるということですねと、採用担当者に言われてしまいました。まだ何も決まっていないのに、わからないと答えてはいけなかったのでしょうか。

採用担当者側はどんな意図でこのような質問をしたのでしょうか?

結婚や出産はおめでたいことですが、次々に保育士が辞めていくと園児や父兄にも影響があり、職場全体が安定しません。晩婚化で30代保育士の方が結婚や出産の可能性は高くなっています。もちろん将来のことはわからないけれど、長く勤めたいですと言ってくれる人には優しさや誠意を感じます。

「結婚したら辞めるのか」の答だけを求めているのではなくて、「ずっと働きたいと思っているか」にポイントがあります。こういう質問には「まだ予定はありませんが、仕事はずっと続けていきたいと考えております。」と言ってみてはいかがでしょうか。採用担当者側に安心してもらうための心配りは、経験を重ねた30代保育士だからできることです。

答え方ひとつで、その保育士の人柄がわかるのカモ。

印象最悪の志望動機とは?30代保育士がつい言ってしまうダメな一言

あなたは、応募先のことをどれだけ知っているでしょうか。求人票だけは見ていても、それ以上の情報を調べたり、実際に応募先の住所まで出かけてみたことはありますか。
採用担当者側は、「なぜ、うちを選んだのか」ということに興味があります。応募先のことをどれだけ知っているかはとても大切なことなのです。

志望動機は、今まで培ったことを活かしたいからと言いました。すると、経験を活かすことができればどこでもいいってことですか?と言われたんです。図星だったので言葉につまってしまいました。

それでは、採用担当者側の感想を聞いてみましょう。

うちのどんな所が気に入ったのか聞きたかったのですが、自分の希望ばかりを言っているので残念でした。経験を活かせそうな所ならどこでも応募しているような印象を受けました。うちの特徴をどれだけ理解して応募したのか疑わしいですね。やる気や熱心さが全く感じられませんでした。

情報をより多く集めて、応募先の長所を探しましょう。それを、志望動機に取り入れるのです。
たとえば「貴園のブログをいつも拝見しております。園外保育を毎日のように行い、自然とのふれあいを大切にする保育に大きな魅力を感じました。」という表現はいかがでしょうか。応募先に興味や親しみを持ち、保育内容に感銘を受けたと伝えることで、相手の受ける印象がとても良くなります。

「興味関心をもってくれている」ということがわかれば、それだけで評価が上がるカモ。

久しぶりに面接を受ける人は要注意!20代の頃とはハッキリ違う質問内容

前に面接をした時、どんなことを聞かれたか覚えていますか?20代の保育士と30代の保育士では、質問や見られ方がちがってきます。採用担当者側の評価ポイントを整理してみました。

経験の浅い20代保育士の面接で重要視すること

  1. 服装、身だしなみ、言葉遣い、態度、表情
  2. 性格はどうか
  3. 真面目か、根性はありそうか
  4. 保育で得意なことはあるか(ピアノや絵など)
  5. やる気はあるか

20代の保育士は、主に「どんな人間か」ということに重点を置いて面接をします。常識やマナーはあるか、真面目さや意欲が感じられるかなど、一職員としての適性を見られます。

経験豊富な30代保育士の面接で重要視すること

  1. 退職理由、志望動機
  2. 結婚の予定、夫の職業、子どもについて、出産の予定など
  3. 何歳児を担当してきたか、何歳児を希望するか
  4. 今までどんなことを意識して保育をしてきたか
  5. 自分にとって保育とは?

20代の保育士は、主に「どんな人間か」ということに重点を置いて面接をします。常識やマナーはあるか、真面目さや意欲が感じられるかなど、一職員としての適性を見られます。

もう既に長いキャリアがあるので、真面目に保育士を続けてきた実績が評価されます。特に質問をしなくても、20代の評価ポイントはすんなりとクリアできるでしょう。それが30代保育士の強みです。

4については、子どもたちに対してどんな思いで保育をしていたか、いつも心がけていたことなどを話してみましょう。5については、自分にとって保育という仕事がどんな存在かを伝えましょう。

採用担当者にとっては4と5を聞くことで、あなたがどんな保育士なのかを知ることができます。

20代の時とは「見られるポイント」が全く違っています。30代保育士の面接は、聞かれたことに答えるだけではなく「自分を語ること」が多くなるのです。質問を想定して「どう答えるか」を準備しておくと、本番で慌てずに済みますよ。

くれぐれも語りすぎないように気をつけてほしいカモ。サラリと短めに話すのがコツカモ

面接の注意点はよくわかったけど、なんだか自信がないという30代保育士さんへ
話し方のコツは理解できた。でも、本当にうまくできるのかまだまだ不安。話すことを整理するのも実は苦手だという方には、転職エージェントに相談することをおすすめします。退職理由や志望動機を共に考え面接のサポートをしてくれるので、不安だった気持ちが少しずつ楽になっていきます。

思うようにすらすらと話せなくても、相手がどう受け取るのかを考えて言葉を選ぶことで、あなたの人間性が自然に伝わっていきます。注意点をおさえて心の準備をしておけば、取り返しのつかない失敗をすることはありません。深呼吸をして落ちついて臨んでください。きっとうまくいきますよ。